四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

國境の古道で峠を越えて土佐へ入る【阿佐國境「古目峠(こめとうげ)」】

スポンサーリンク   かつて土佐へ入國する際に厳しい取り調べが行われていた古目番所を過ぎて、旧土佐浜街道であり阿波・土佐國境の峠である古目峠(こめとうげ)を目指します。
Continue Reading
遍路道

宍喰住民による涙の別れと徳島県最南所に位置する霊場【古目大師(こめだいし)】

徳島県最南の街・宍喰(ししくい)。ひと山越えると高知県という県境の街でもありますが、古の四国遍路を回想しながら県境を越える古道の峠を目指したいと思います。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイ
Continue Reading
遍路道

四国最小の鉄道事業者に間もなく登場する世界初の乗物【阿佐海岸鉄道「DMV(Dual Mode Vehicle)」】

四国八十八ヶ所を順打ちで進んだ場合、徳島県の次は高知県に入ります。その県境の街にある僅かの小さな鉄道をご存知でしょうか。国鉄の置き土産ともいえる小さな鉄道事業者は今、変革期を迎えています。
Continue Reading
遍路道

山寺である箸蔵寺へ向かう交通機関の変遷【別格15番札所「箸蔵寺」への箸蔵山ロープウェイ】

標高633mに位置する別格15番箸蔵寺への参拝の足は、現在ロープウェイが担っています。しかしながら戦前・戦後の一時期は今と少々事情が異なっていたようです。その遺構をいくつかの場所でみることができます。
Continue Reading
遍路道

かつての箸蔵街道沿いに残されている中務茂兵衛標石【別格15番札所「箸蔵寺」参道】

八十八ヶ所参りとしては少々不便な場所ですが、昔から多くのお遍路さんが訪れていた番外霊場・箸蔵寺。巡礼者はいくつかのルートを選択して寺を訪れていました。寺院がある山へ続く道沿いに標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

標石の番外編。愛媛/徳島県界近くに立つ標石【65番札所「三角寺」→66番札所「雲辺寺」】

愛媛/徳島県境「境目峠」への古道登山口。その入口に標石が立っていますが、内容から茂兵衛さんのものではないようです。けれど施主名から、他方では中務茂兵衛標石を寄進している人物であることがわかります。
Continue Reading
遍路道

札所密集地の五差路の脇に立つ中務茂兵衛標石【72番札所「曼荼羅寺」と73番札所「出釈迦寺」の分岐点】

山号に同じ「我拝師山(がはいしざん)」を冠する第72・73番札所。その分かれ道の脇、びわ畑が広がる前に中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

善通寺市街への入口に立つ中務茂兵衛標石【71番札所「弥谷寺」→72番札所「曼荼羅寺」】

お大師さまの故郷である善通寺の街への入口に中務茂兵衛標石が残されています。場所柄か、かつて四国に上陸する人々で賑わった周辺の港町の情報が記載されています。
Continue Reading
遍路道

前山ダムのほとりの明治最後の年に建てられた中務茂兵衛標石【87番札所「長尾寺」→88番札所「大窪寺」】

第88番大窪寺前後に残されている中務茂兵衛標石はキャリア後期のものを多く見ることができますが、こちらに残されている石も242度。巡拝回数から明治の終わりに建てられた標石であることがわかります。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top