仁淀川を渡って土佐市に入ると、次の札所は標高130mの「清瀧寺」への山登りです。
山へは行き帰り同じ道の打ち戻りになりますので、遍路道途中の土佐市観光笹岡ハイヤーさんに大きな荷物を預けてから挑みましょう。

仁淀川は水質・水辺利用率全国1位

「通夜堂」に宿泊させていただいた34番札所「種間寺」を朝出発し、田園地帯を4kmほど歩けば、大河「仁淀川(によどがわ)」に差しかかり、「仁淀川大橋」で川を渡れば、高知市から土佐市に入っていきます。
余談ですが、この日「種間寺」を出発した直後に、山火事が起きていたようで、防災放送と消防車のサイレンが田舎道に鳴り響いていて異常な光景でした。

山からもくもくと煙が噴き出しています。私は何もお手伝いしようがないので、次の札所へと進ませていただきました。

山からもくもくと煙が噴き出しています。私は何もお手伝いしようがないので、次の札所へと進ませていただきました。

穏やかで雄大な姿をみせる「仁淀川」です。

「仁淀川」は、山火事の慌ただしさは関係なく、穏やかで雄大な姿です。

この「仁淀川」ですが、あとから調べてみて、いろいろな特徴があることを知りましたので、ここでご紹介しようと思います。

写真を見ていただいてわかるようになかなか大きな川なのですが、実は愛媛県の石鎚山系を水源としていて、ここ高知県土佐市で太平洋に流れる一級河川で、流域面積が四国では「吉野川「四万十川」に次ぐ第3位なのです。
しかも「水質」「水辺利用率」は日本一なのだそうです。

「水質」に関してはわかりやすくて汚染物質が少ないきれいな水が流れているのですが、これを聞くと同じ高知県の「四万十川」が「日本最後の清流」なんて呼ばれることを思い出すかもしれません。
ここで出てくる言葉「清流」というのは明確な定義はないようで、「四万十川」の「水質」はそれほどよいデータではないそうです。
「清流」と呼ばれるのは、流域の生態系が豊かであったり、自然に近い状態の里山が多く残っていることが理由とのこと。
「水質」を基準にすると、「仁淀川」が実は日本一の「清流」ともとれてしまうかもしれません。

もうひとつの「水辺利用率」というのは聞きなれない言葉ですよね。
これは国土交通省が「河川空間利用実態調査」ということを行っており、河川流域で散策・水遊び・スポーツ・釣りなどで人間に利用されているエリアがどのぐらいあるかを調査しているとのことで、「仁淀川」は日本で1番利用されているんだそうです。

水がきれいで、川で遊び放題なんて、四国の自然の奥深さ・底力を感じます。
川ひとつとってみても、まだまだ知らないことはたくさんあるなと実感しました。

 

土佐市街では鷺や猫が道案内

「仁淀川」を渡った先は土佐市中心市街地になりますので、コンビニ・スーパー・飲食店などが多くあるエリアです。
備蓄物で足りなくなっているものがあれば調達しておくとよいと思います。

市街地に入ったと思いきや、1kmも歩くと、再び田園風景と目の前に山が広がる田舎道です。
けっこうな街中のはずなのに、鷺を見かけたり、たくさんの野良猫が分岐点で道案内をしてくれたり、どれだけ自然豊かでのどかなんだと感じ入ってしまいました。

普通の民家に大きな鷺が訪問していることに目を奪われてしまい、遠めからズームで激写。

普通の民家に大きな鷺が訪問していることに目を奪われてしまい、遠めからズームで激写。

分かれ道の道標があるところで道案内してくれる猫さん達。遍路道中、犬さんには吠えられてばかりだったのですが、猫さんとは仲良くなれました。

分かれ道の道標があるところで道案内してくれる猫さん達。遍路道中、犬さんには吠えられてばかりだったのですが、猫さんとは仲良くなれました。

 

「土佐市観光笹岡ハイヤー」さんで荷物預かりのお接待あり

市街地を抜けて、田んぼが広がり、目の前に高速道路「高知自動車道」と「清瀧寺」がある山が見えたあたりの遍路道沿いに「土佐市観光笹岡ハイヤー」というタクシー会社があり、「お遍路さん休憩所 お荷物無料預かります お気軽に」という大きい看板がかかっています。
この地点から35番札所「清瀧寺」までは距離で約1.5km、標高130m地点までの山登りがあり、参拝後は同じ道を打ち戻ってきますので、大きい荷物を預かってもらって、身軽に進むとよいと思います。
登りの打ち戻りで荷物を預かってもらえるお接待といえば、10番札所「切幡寺」参道の「須見光栄堂」さんを思い出しますが、このようなサービスはたいへん助かります。

「土佐市観光笹岡ハイヤー」さんのあるあたりから、山の中腹の「清瀧寺」がばっちり見えます。見た目は近そうに感じますが、距離も登りもけっこうきついです。

「土佐市観光笹岡ハイヤー」さんのあるあたりから、山の中腹の「清瀧寺」がばっちり見えます。見た目は近そうに感じますが、距離も登りもけっこうきついです。

ちなみに「清瀧寺」への車道はとても狭くて急カーブが続くため、車遍路さんや観光バス遍路さんが、この「土佐市観光笹岡ハイヤー」さんで地元の運転に慣れたドライバーさんのタクシーに乗り換えてお寺に向かうこともあるそうです。

会社の写真を撮るのを忘れたので、連絡先と地図のみ掲載しておきますので、参考にしてください。

【会社名】  土佐市観光有限会社 笹岡ハイヤー
住所: 高知県土佐市高岡町乙2670-1
電話: 088-852-1237
会社HP: http://tosashi-kankou.com/

 

雄大に「仁淀川」に見守られながら、大きな荷物を預けて身軽になり、山の中腹の「清瀧寺」にチャレンジしてください。

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。