四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国八十八ヶ所霊場

1番札所奥の駐車場で見つけた絶景【1番札所「霊山寺(りょうぜんじ)」】

スポンサーリンク   徳島県にある霊山寺は四国八十八ヶ所霊場巡礼の1番札所として有名で、ここから四国遍路を始める人は多いと思います。参拝者の多い霊山寺にあって、人に知られていない隠れた絶景(?)を発見しました。
Continue Reading
遍路道

宍喰住民による涙の別れと徳島県最南所に位置する霊場【古目大師(こめだいし)】

徳島県最南の街・宍喰(ししくい)。ひと山越えると高知県という県境の街でもありますが、古の四国遍路を回想しながら県境を越える古道の峠を目指したいと思います。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイ
Continue Reading
遍路道

標石が建てられた時代、首都は広島に置かれていた【72番札所「曼荼羅寺」→73番札所「出釈迦寺」】

背後に我拝師山(がはいしざん)を臨む坂道、第72・73番を行き来する道の途中に、中務茂兵衛標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

情報量に保存状態、いずれも全標石中随一を誇る標石【40番札所「観自在寺」→41番札所「龍光寺」】

四国遍路三大遍路ころがしの一つ・柏坂への登り口。集落の中心に残されている中務茂兵衛標石は良質の石材に独自情報に添句ありと、全標石の中でも特別高規格なものとなっています。
Continue Reading
遍路道

さとうきび畑が広がる街に残された中務茂兵衛標石【5番札所「地蔵寺」→6番札所「安楽寺」】

徳島県における和三盆糖の産地・上板町。さとうきび畑や製糖工場を見ることができる同町の遍路道沿いに、中務茂兵衛の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

四万十川最後の渡しは今も細々続いているようです【37番札所「岩本寺」→38番札所「金剛福寺」】

人は川や海の上を歩くことはできません。昔の四国遍路は、四国各所の水辺で渡し舟を利用していました。四国第二の大河・四万十川(渡川)を渡る際も同様。四万十川で最後まで残った河口の渡し舟は、かつてお遍路さんも利用していました。
Continue Reading
遍路道

四万十川渡し場分岐に残された中務茂兵衛標石【37番札所「岩本寺」→38番札所「金剛福寺」】

高知県の第37番岩本寺から第38番金剛福寺への約90kmの道のりは、その札所間距離自体が難所といえるほど離れています。四万十川河口に近いこの地点は、かつて難所であったであろう「川渡し」を超えた先にある三叉路。中務茂兵衛標
Continue Reading
遍路道

吉野川土手で見ることができる復旧された標石【10番札所「切幡寺」→11番札所「藤井寺」】

第10番切幡寺から第11番藤井寺への遍路道では、途中で四国一の大河・吉野川を渡ります。その北岸土手に上がる地点に、中務茂兵衛標石が残されていますが、他の場所の標石とは少し様子が異なります。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top