81番札所「白峯寺」は、讃岐に配流になった「崇徳上皇」の陵墓が築かれた地にあるお寺です。
上皇の慰霊のためのものが多く残っており、「勅額」と「石造十三重塔」は国の重要文化財に指定されています。

最後の「遍路ころがし」を登った先では珍しい山門がお出迎え

80番札所「国分寺」を出発したあとには、遍路道中で最後の「遍路ころがし」である急坂を登り、五色台山中の遍路道をしばらく歩くと、81番札所「白峯寺」に到着です。
※「白峯寺」への「遍路ころがし」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

最後の「遍路ころがし」はあっという間で景色を楽しむ余裕あり【81番札所「白峯寺」への「遍路ころがし」】

「白峯寺」では珍しい形の山門がお出迎えしてくれます。

高麗形式の門の左右に2棟の塀を連ねた珍しい堀重門です。境内には巨大な杉の木が何本もそびえているのが見えます。

高麗形式の門の左右に2棟の塀を連ねた珍しい堀重門です。境内には巨大な杉の木が何本もそびえているのが見えます。

山門をくぐって正面にあるお堂が「護摩堂」で、納経所になっているのと、「本堂」「大師堂」が急な石段をのぼった先なので、そこまでたどりつけない人がお参りできるように大師像がまつられています。

歩き遍路さんは問題なく「本堂」「大師堂」までのぼれますのでご安心を。

歩き遍路さんは問題なく「本堂」「大師堂」までのぼれますのでご安心を。

 

「弘法大師」「智証大師」創建のお寺と「崇徳上皇」

「白峯寺」の縁起によると、弘仁6年(815年)に空海がこの地を訪れ、白峯山の山頂に如意宝珠を埋め井戸を掘り、衆生済度を祈願に堂宇を建立し、その後貞観2年(860年)に円珍(智証大師)が白峯大権現の神託を受けて千手観世音菩薩を霊木に刻み安置したのが起源といわれています。

急な石段をのぼった先に御本尊「千手観世音菩薩」をまつる「本堂」があります。江戸時代以前の慶長4年 (1599年) 再建の歴史あるお堂。

急な石段をのぼった先に御本尊「千手観世音菩薩」をまつる「本堂」があります。江戸時代以前の慶長4年 (1599年) 再建の歴史あるお堂。

「白峯寺」の歴史の中で必ず知っておかなければいけないのが「崇徳上皇」の存在です。
79番札所「天皇寺」の記事でもご紹介しましたが、「崇徳上皇」は平安時代末期に都で皇位継承問題に端を発した内乱「保元の乱」が起こり、それに敗れ流罪になり送られたのが讃岐國で、天皇・上皇が配流になるのはたいへん珍しく、皇位を剥奪され、都に戻ることも許されずに、ほどなくして非業の死を遂げることになります。

現在の「白峯寺」がある場所には崇徳上皇の陵墓が造られまつられていますので、お寺参拝の際にはぜひ陵墓にもお参りをしてください。
ちなみに四国内で天皇家のお墓があるのはここ1カ所で、とても珍しく、天皇家で都以外で亡くなることがそれだけ稀なことであることがわかる史跡でもあります。

境内の「護摩堂」から左に進んだ先にわかれ道があり、それを左に進むと…

境内の「護摩堂」から左に進んだ先にわかれ道があり、それを左に進むと…

巨大な杉が並ぶ道があり、ここを100mほど進むと…

巨大な杉が並ぶ道があり、ここを100mほど進むと…

「崇徳上皇」の陵墓があります。

「崇徳上皇」の陵墓があります。

 

崇徳上皇怨霊伝説と慰霊の史跡

崇徳上皇の死後、都の天皇家では災いが相次いだことから、崇徳上皇が怨霊となって祟っているのではないかという噂が広がり、死地である讃岐國でも慰霊のための取り組みがなされ、陵墓の近くには「頓証寺(とんしょうじ)」が建立され、供養を行ったそうです。

現在の「白峯寺」境内の「本堂」にのぼる石段前に「頓証寺」があります。

現在の「白峯寺」境内の「本堂」にのぼる石段前に「頓証寺」があります。

のちの応永21年(1414年)には、後小松天皇が崇徳上皇の成仏を願い自筆の額(勅額)を頓証寺に奉納したり、江戸時代の延宝8年(1680年)には、高松藩主の松平頼重・頼常公が大願主となり「頓証寺殿」「勅額門」の再建を行うなど、長く供養が続けられてる歴史があります。

現在の「勅額門」にある「勅額」はレプリカだそうですが、後小松天皇自筆の「勅額」が残っており、国の重要文化財に指定されています。

現在の「勅額門」にある「勅額」はレプリカだそうですが、後小松天皇自筆の「勅額」が残っており、国の重要文化財に指定されています。

また、鎌倉時代には源頼朝が崇徳上皇供養のために石塔を建立しており、これも現在まで残っており、国の重要文化財に指定されています。
歩き遍路だと通らない道沿いにありますので、少しまわり道をしてぜひ立ち寄ってみてください。

山門前の駐車場のトイレがある方向の道を100mほど進むと…

山門前の駐車場のトイレがある方向の道を100mほど進むと…

「石造十三重塔」が2塔あります。材質と工法が各々異なっており、鎌倉中期と後期の別の時期に建てられたようです。

「石造十三重塔」が2塔あります。材質と工法が各々異なっており、鎌倉中期と後期の別の時期に建てられたようです。

 

81番札所「白峯寺」参拝の際には、「崇徳上皇」の歴史に触れることは外せません。
「頓証寺」「崇徳天皇陵墓」「石造十三重塔」にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

【81番札所】  綾松山 洞林院 白峯寺(りょうしょうざん どうりんいん しろみねじ)
宗派: 真言宗御室派
本尊: 千手観世音菩薩
真言: おん ばさら たらま きりく
開基: 弘法大師 智証大師
住所: 香川県坂出市青海町2635
電話: 0877-47-0305

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。