スポンサーリンク

 

57番札所「栄福寺」を出発してすぐの大きなため池「犬塚池」は札所間の案内をしていた犬の供養池でもあるそうです。
作礼山頂上の58番札所「仙遊寺」への急坂登山は難所ですが、見事な眺望を楽しむことができました。

「栄福寺」からすぐの「犬塚池」は遍路案内犬の供養池

57番札所「栄福寺」を出発して、58番札所「仙遊寺」がある「作礼山(されいざん)」方向に進んでいくとすぐに大きなため池が見えてきます。
この池は文化4年(1807年)に完成した歴史ある池なのですが、名前を「犬塚池」といい、その昔、「栄福寺」と「仙遊寺」の札所間の案内をする犬がいたそうで、この犬を供養する意味で名付けられたとのことです。

ため池から周辺の田んぼに水を配るための樋(とい)がありました。勢いよく水が流れ、水しぶきがあがる様子が美しかったです。

ため池から周辺の田んぼに水を配るための樋(とい)がありました。勢いよく水が流れ、水しぶきがあがる様子が美しかったです。

池のほとりの未舗装路を進んでいきます。木に囲まれた池の水面に心が落ち着きます。

池のほとりの未舗装路を進んでいきます。木に囲まれた池の水面に心が落ち着きます。

遍路道中で、池のほとりを歩く道は、わたし的にはとても印象に残っています。
木と水が共存する景色や空気が爽やかで、肌に合うというか、落ち着くというか、苦しい遍路歩きの中で、一時の癒しになっていたような気がします。

ここまでの道中では、愛媛県宇和島市三間町の「中山池」もとてもよい雰囲気でした。
※「中山池」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

お大師さまが牛の背に乗って進んだ先には唐から投げた宝珠【42番札所「仏木寺(ぶつもくじ)」】

 

標高280mの「作礼山」への急坂登山途中の絶景

「犬塚池」のほとりを歩いていくと、池に流れ込む小川があり、このあたりから少しずつ登り坂の気配を感じるようになります。
次の58番札所「仙遊寺」は標高280mの「作礼山」の頂上にあり、約1kmの距離で標高差200m以上を一気に登る急坂登山の難所なのです。

池のほとりから小川にかけては、よく整備された気持ちの良い未舗装路なのですが、このあとには急坂登山が待っています。

池のほとりから小川にかけては、よく整備された気持ちの良い未舗装路なのですが、このあとには急坂登山が待っています。

しばらく進むと、「仙遊寺」に登っていく舗装路に出て本格的な登り坂スタートですが、これがなかなかの傾斜角度で、足が前に出てくれません。
先ほど「栄福寺」で遭遇した車遍路さん数組が、既に「仙遊寺」の参拝を終え、車で下りてくるのとすれ違うのは、精神的にもこたえました。

「仙遊寺」への道は、車道としてきれいに整備されていて、車だと一瞬で登りきるのだと思いますが、歩きにはかなりつらい傾斜角度です。遍路登山では、舗装路の方が角度がきつくて、歩き遍路には難所になっていることはよくあることです。

「仙遊寺」への道は、車道としてきれいに整備されていて、車だと一瞬で登りきるのだと思いますが、歩きにはかなりつらい傾斜角度です。遍路登山では、舗装路の方が角度がきつくて、歩き遍路には難所になっていることはよくあることです。

ただし、「仙遊寺」への登り坂はつらいだけではありません。
坂の途中で後ろを振り返ると、「今治市街」と「瀬戸内海」の絶景が広がっています。

「瀬戸内海」に浮かぶ島を橋桁に大きな橋がかかっているのが「しまなみ海道」で、対岸の本州も目の前です。

「瀬戸内海」に浮かぶ島を橋桁に大きな橋がかかっているのが「しまなみ海道」で、対岸の本州も目の前です。

四国愛媛県今治市と本州広島県尾道市を結ぶ橋「しまなみ海道」は、瀬戸内海に浮かぶ島々を橋桁にして、11本の橋をつくってつないでいて、自動車専用道路だけではなく自転車歩行者専用道路も設置されていることが特徴です。
1999年に全線開通し、瀬戸内海の美しい景色を眺めることができる観光地にもなっており、近年ではサイクリングロードとして国際的な認知も高まっています。
「しまなみ海道(橋)」を眺めるという意味では、ここ「作礼山」は有数のビューポイントなのではないでしょうか。

また、上の写真の右側の方に今治市街に建つ一際高い建物があります。
これは「今治国際ホテル」で、高さ101.7m(地上23階)で愛媛県で1番高い建造物(四国では第4位)で、今治市のランドマークにもなっています。
今治市街滞在時も、街のどこからも目立っていました。
山登りをしているので当たり前なのですが、高い建物を上から見下ろすのは壮観です。

そして、進まない足に鞭打って舗装路を登り続けると、以下写真の山門(仁王門)にたどり着きます。

やっとお寺に着いたと思うなかれ。ここからが本番ですよ。

やっとお寺に着いたと思うなかれ。ここからが本番ですよ。

車遍路さんは、山門前の舗装路をそのまま通り過ぎて、「仙遊寺」境内すぐの駐車場まで上がっていくと思いますので、「山門」からの参道を通るのは歩き遍路の特権です。
ここから、境内までにもお楽しみが待っていますので、車遍路さんと同じく舗装路を進むことなきよう、「山門」をくぐってお寺を目指してください。

ここからの道のりの様子は、以下リンクの「仙遊寺」の記事に続きますので、ぜひごちらもあわせてご覧ください。

仙人が忽然と姿を消した伝説のお寺にはお大師さまの「御加持水」と天然温泉付き「宿坊」あり【58番札所「仙遊寺(せんゆうじ)」】

 

57番札所「栄福寺」から58番「仙遊寺」への遍路道は、距離は3kmほどで短いのですが、たくさんの見どころ・イベントがある道のりです。
急坂登山は苦しいですが、楽しみながら歩いていきたいものです。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。