スポンサーリンク

 

未舗装の旧遍路道を抜け、民家もまばらな山方向に進むことに不安になりながら、4番札所「大日寺」に到着。
「大日寺」では珍しい造りの「鐘楼門」に注目です。

初めて山方向に入っていく不安

3番札所までは、民家が多く、国道や鉄道も見える市街地を進んでいきますが、4番札所「大日寺」へは未舗装の旧遍路道を山方向に入っていきます。
未舗装路のこれぞ遍路道!に興奮しながらも、道なき道を進む感じで、不安になってきます。

こんなときに頼りになるのが、「へんろみち保存協力会」が設置してくださっている「道標」。
このあとの道中でもたいへんお世話になります。 

この道標なくしては歩き遍路は成り立ちません。本当にありがとうございます!

この道標なくしては歩き遍路は成り立ちません。本当にありがとうございます!

 「道標」にしたがって、安心して道中を進んでください。

 

4番札所「大日寺」は「黒谷寺」とも呼ばれていた

「大日寺」は地元では「黒谷寺」と呼ばれていたこともあるそうです。
その由来は、境内の三方を山に囲まれていて、人里離れたお寺の地域を「黒谷」と称されていたそうで、山号の「黒厳山」もこれが由来とのこと。

山の中に入っていくことに少し不安になると思いますが、山に囲まれたお寺の景色を歴史とともに楽しめればいいですね。
ちなみに、私は初日の目的地だった6番札所「安楽寺」まで夕方の時間が迫っており、景色を楽しむこともできず、写真を撮るのも忘れ、一心不乱に歩いて、「大日寺」はかなりの勢いで通過してしまいました…
こういう進み方はよくないです。。。

 

注目の「鐘楼門」

「大日寺」でぜひ注目していただきたのが、入口の「鐘楼門」。
お寺初心者の私には、山門に鐘がぶら下がっていること自体がけっこう驚きで、変わった造りの山門だなと写真におさめたのですが、あとから調べてみると、この「鐘楼門」はなかなか珍しい形のものとのこと。

この写真でどこが珍しい形かわかりますか?

この写真でどこが珍しい形かわかりますか?

 

1階部分の柱は「角柱」で、2階部分の柱は「丸柱」になっているのです。
なぜこのような造りになっているのか、WEBでいろいろ探ってみたのですが、明確な理由はわかりませんでした…
所以をお知りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。
私も、また「大日寺」を訪れる機会ができたら、お寺の方に聞いてみたいと思っています。

 

大師堂は修理中

私が参拝した2015年1月20日時点では、大師堂が大修理中で、足場が組まれシートに覆われていたので、建物を見ることができなかったのですが、本堂と大師堂が通路でつながっており、そこに西国三十三観音霊場の33体の木造の観音様が安置されているのも見どころのひとつ。

コンパクトな境内ですが、山に囲まれた景色とともに、「鐘楼門」や「観音様」を楽しんでみてください。

 

【4番札所】  黒厳山 遍照院 大日寺(こくがんざん へんじょういん だいにちじ)
宗派: 東寺真言宗
本尊: 大日如来
真言: おん あびらうんけん はざらだどばん
開基: 弘法大師
住所: 徳島県板野郡板野町黒谷字居内5
電話: 088-672-1225

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。