スポンサーリンク

 

83番札所「一宮寺」から御坊川沿いを進むルートの途中に、2013年11月に運営を開始した遍路休憩所・善根宿があります。
空き家を改築した施設ではありがたいお接待が用意されており、運営者さんのあたたかい心遣いを感じます。

高度経済成長期の歴史を感じる「御坊川」

83番札所「一宮寺」を出発し、私は北上ルートを選択し、しばらく歩いた先で讃岐の文化のひとつともいえる「朝うどん」を「中西うどん」でいただきました。
※「中西うどん」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

「てぼ」「蛇口」セルフの王道かけうどんの「朝食」を【中西うどん[高松市]】

「中西うどん」から遍路道を北上していくと、小さな橋があり、ここで「御坊川(ごぼがわ)」に合流します。

「かみまち中央橋」で「御坊川」に合流し、遍路道は川の北側を川に沿って進んでいきます。

「かみまち中央橋」で「御坊川」に合流し、遍路道は川の北側を川に沿って進んでいきます。

この「御坊川」ですが、江戸時代に堤防が築かれ周辺に田畑が開かれたところから開発が始まり、昭和初期には上流の豊富な伏流水を活用して流域にたくさんの製紙工場が建てられ、高度経済成長期に工場がさらに増えたほか住宅地としても開発されたことで、汚染が一気に進み問題になっていたそうです。
現在は常に流れる水量が少なく、きれいな川とはいえない状態ではありますが、市街地を流れる川沿いを進む遍路道としては、他の地域では見かけなかった景色を楽しむことができました。

市街地の小さな川沿いを進む遍路道は、他の地域ではあまり見ることがなかった珍しいものでした。

市街地の小さな川沿いを進む遍路道は、他の地域ではあまり見ることがなかった珍しいものでした。

 

マンションの裏側に遍路休憩所・善根宿

前出の「かみまち中央橋」を渡って、右折し、川の北側を進んだすぐ先に、とても目立つ看板を発見しました。

「かみまち中央橋」の北側には「屋島寺」への道標を設置してくださっています。これがなかったら、川沿いの細道を見逃しそうです。

「かみまち中央橋」の北側には「屋島寺」への道標を設置してくださっています。これがなかったら、川沿いの細道を見逃しそうです。

上の写真にも写っている茶色のマンションの手前に「りつりん南 休憩所」のかわいいイラストが描かれた手づくり感あふれる目立つ看板がありました。

上の写真にも写っている茶色のマンションの手前に「りつりん南 休憩所」のかわいいイラストが描かれた手づくり感あふれる目立つ看板がありました。

マンションを通り過ぎた先に石柱道標とさらに目立つ看板があり、これに導かれてマンションの裏側に行きました。

ふたつめの看板がある土地が広場・通路のようになっていて、マンションの裏側に進むことができます。

ふたつめの看板がある土地が広場・通路のようになっていて、マンションの裏側に進むことができます。

そして出会ったのが、下の写真の建物です。

一軒家形態の立派な休憩所で、軒先に長椅子がありますが、建物内も開放してくださっていて、トイレもお借りできます。

一軒家形態の立派な休憩所で、軒先に長椅子がありますが、建物内も開放してくださっていて、トイレもお借りできます。

この休憩所は、この建物の隣にお住まいのお遍路経験者でもあるご夫婦が、空き家を改造して2013年11月に運営を開始されたそうで、宿泊も可能な「善根宿」としても利用させていただけます。

建物内も快適な環境を用意してくださっていて、足を伸ばして疲れをいやすことができます。

建物内も快適な環境を用意してくださっていて、足を伸ばして疲れをいやすことができます。

飲み物のお接待まで。

飲み物のお接待まで。

こんな新聞記事も掲示されており、新しくお遍路休憩所を開設したことが、地域では話題になっているようです。

こんな新聞記事も掲示されており、新しくお遍路休憩所を開設したことが、地域では話題になっているようです。

お遍路さん(特に歩き遍路さん)にとって、このような休憩所や善根宿、お接待は遍路旅を続ける大きなサポートになりますし、思い出深い特別な体験にもなりますが、近年では一部のマナーが悪いお遍路さんのトラブルや運営維持・継続を担う人手が足りない、経済的に難しいなど様々な理由で休憩所・善根宿が閉鎖されることも増えているようなことも耳にします。
そのような中で、新しく開設してくださったこのような施設をマナーよく使わせていただくことはもちろんのこと、継続的に何か協力もしていきたいものです。

【「りつりん南 休憩所」 地図】

 

御坊川沿いをひたすら進み「屋島」を目指す

「りつりん南 休憩所」でありがたく休憩させていただいたあとは、ひたすら御坊川沿いを進んでいきますが、おもしろい道・ポイントがいくつかありました。

休憩所から少し進んだ先では、大きな幹線道路の下をくぐり抜ける歩行者道路がありました。

休憩所から少し進んだ先では、大きな幹線道路の下をくぐり抜ける歩行者道路がありました。

ここは「ことでん三条駅」の川沿いが自転車置き場になっている脇をすり抜ける遍路道。

ここは「ことでん三条駅」の川沿いが自転車置き場になっている脇をすり抜ける遍路道。

さらに進んでいくと、次には川沿いに大きなスーパーやお店がたくさん見えてきます。

地元スーパー「マルナカ」がある幹線道路交差ポイントはそのまま直進です。

地元スーパー「マルナカ」がある幹線道路交差ポイントはそのまま直進です。

さらに地元スーパー「マルヨシセンター」を発見。

さらに地元スーパー「マルヨシセンター」を発見。

「マルヨシセンター」を少し過ぎた先で、次の目的地「屋島」の姿が見えました。

台形の特徴的な形をした山が「屋島」です。その名の通り、元々は陸とつながっていない独立した「島」だったそうです。

台形の特徴的な形をした山が「屋島」です。その名の通り、元々は陸とつながっていない独立した「島」だったそうです。

さらに進んでいって、特徴的なお店や史跡を発見。

「観光通り」近辺には「うなぎ屋」が数軒ありました。「御坊川」で昔はうなぎが獲れていたんでしょうか。今の川の様子は、とても天然うなぎが生息しているようには見えません。

「観光通り」近辺には「うなぎ屋」が数軒ありました。「御坊川」で昔はうなぎが獲れていたんでしょうか。今の川の様子は、とても天然うなぎが生息しているようには見えません。

「千代橋」は、古くは高松中心部と郊外の境目の橋として重要な役割を担っていたそうです。

「千代橋」は、古くは高松中心部と郊外の境目の橋として重要な役割を担っていたそうです。

00円ショップがあるところまでたどりつけば、そこが国道11号で、「御坊川」に別れを告げます。

100円ショップがあるところまでたどりつけば、そこが国道11号で、「御坊川」に別れを告げます。

ここからしばらく国道歩行が続きます。

 

83番札所「一宮寺」から84番札所「屋島寺」に向かう北進ルートは、市街地でありながら「御坊川」沿いの風情があって変化に富んだ遍路道でした。
途中の「りつりん南 休憩所」は、充実した設備であたたかい心遣いが感じられる休憩所・善根宿ですので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。