スポンサーリンク

 

「金剛峰寺」の主殿は、たくさんの広間があり、見事な襖絵の数々を見学することができます。
わたし的なオススメスポットは、主殿から眺める日本最大級の石庭「蟠龍庭」と、立派な建物の中にいきなり生活感を感じる「台所」です。

元々は高野山全体が「金剛峰寺」

高野山内に入ると、たくさんの寺院や門、塔などを目にすることができますが、元々は高野山全体を「金剛峰寺(こんごうぶじ)」と称し、山全体がひとつのお寺という考え方だったそうです。
信仰の中心として多くの人が参拝するのが「壇上伽藍(だんじょうがらん)」と「奥の院(おくのいん)」で、現在「金剛峰寺」と呼ばれているのは、明治時代に豊臣秀吉ゆかりの寺院である「青巖寺」と「興山寺」を合併し「金剛峯寺」と改称したお寺で、青巖寺(剃髪寺)は秀吉が亡母の菩提のために建立したもので、豊臣秀次が自刃した場所としても知られています。

この記事では「金剛峰寺」の見どころをご紹介します。

高野山のまちなかの中心に位置し、参拝というより観光目的の方が多く訪問されています。

高野山のまちなかの中心に位置し、参拝というより観光目的の方が多く訪問されています。

上の写真が正門なのですが、昔はこの門をくぐってお寺に入ることができるのは、天皇・皇族・高野山の重職だけだったそうです。
一般の僧は、門に設けられている小さな通用口を使っていたとのこと。
現在は参拝客も含め、正門を通ってお寺に入っていきます。

 

「主殿」の屋根の上に注目

山門をくぐると正面に堂々とした「主殿」があります。

開創1200年記念で、弘法大師持仏御開帳中により、五色の「御手綱 ( みてづな )」でご縁を結ぶことができます。

開創1200年記念で、弘法大師持仏御開帳中により、五色の「御手綱」でご縁を結ぶことができます。

この主殿正面の柵がある入口は「大玄関」で、ここも「正門」同様、天皇・皇族・高野山の重職だけが通ることができる玄関とのことで、右手にまわって参拝客入口から「主殿」に上がっていきます。

「主殿」の写真をもう一度よく見ていただくと、屋根の上に「桶」が置かれています。
これは「天水桶(てんすいおけ)」というそうで、普段から雨水をためておいて、火災が発生したときに屋根に水をまいて湿らせ、少しでも類焼を食い止めるためのものとのことです。
よく見ておかないと見逃しますので、要チェックでお願いします。

主殿内には拝観料500円を払って入場します。
高野山内には拝観料がかかる場所がいくつかあり、開創1200年記念大法会中(2015年4月2日~5月21日)は、拝観フリーパス(期間中何度でも拝観可能)と記念品がセットになった「大法会参拝志納・記念品」が献香料3,000円とのことなので、記念品に興味のある方や、期間中何度も拝観する方は、こちらの選択がよいかもしれません。
※興味のある方は以下リンクにてご確認ください。

高野山 開創1200年 | 高野山真言宗 総本山金剛峯寺: http://www.koyasan.or.jp/k1200/

開創1200年記念期間以外も、複数施設を拝観できる共通内拝券があるようなので、参考にその情報もご案内しておきます。

諸堂共通内拝券 | 一般社団法人高野山宿坊協会: http://www.shukubo.net/contents/exeperiences/topics.html

 

襖絵の一大美術館の先には日本最大級の石庭

「主殿」に入っていくと、すぐの「持仏間(じぶつま)」には御本尊の「弘法大師」が奉安されており、開創1200年大法会中は特別御開帳で拝観と「御手綱(みてづな)」でご縁を結ぶこともできます。
そのあとは、たくさんの広間が続き、各部屋のふすまには見事な襖絵がほどこされており、さながら絵画美術館のようでした。
すべて撮影禁止なので、写真でご紹介できないのは残念ですが、見ごたえのあるお部屋ばかりです。

順路にそって進んでいくと、お茶のお接待を受けることができる「新別殿(しんべつでん)」や、金箔がきらびやかな昔の天皇の応接間「書院上段の間」、天皇随行者が不寝番をした「武者隠し」など、立ち寄るべきスポットがたくさんありますが、わたし的なオススメスポットは「蟠龍庭(ばんりゅうてい)」です。
ここは写真撮影可能でしたので、まずは写真をご覧ください。

私の写真では、この庭園の魅力を伝えきれません。たくさんの観光客の中、撮影するのも困難。

私の写真では、この庭園の魅力を伝えきれません。たくさんの観光客の中、撮影するのも困難。

この「蟠龍庭」は、弘法大師御入定1150年・御遠忌大法会の際に造園され、2,340平方メートルの石庭は、国内で最大級とのことで、雲海の中で向かって左に雄、向かって右に雌の一対の龍が向かい合い、奥殿を守っているように表現されているそうです。
龍を表す石は、お大師さまご誕生の地である四国の花崗岩が使われており、四国遍路とのご縁も感じることができます。
壮大にして繊細な石庭に圧倒されるばかりでした。

 

一転して生活感のある「台所」

そして、華やかなお寺内が続く中で、わたし的にとても楽しめたのが「台所」がある「いろりの間」です。

現在は日常では使っていないそうですが、江戸時代まではここで大勢の僧侶の食事をつくっていたそうです。
お寺の、しかも「金剛峰寺」のような名刹で、日常を垣間見るような空間が公開されていることに驚き、襖絵以上に見入ってしまいました。
多くの参拝者はスルーしていたようですが、もったいない気がします。

家具や柱、壁にすすが残っていて、現役バリバリだった頃の雰囲気がそのまま残っています。

家具や柱、壁にすすが残っていて、現役バリバリだった頃の雰囲気がそのまま残っています。

今でも行事の時に使われることがあるそうで、この釜は一つで約七斗(98キログラム)の米を炊くことができ、三つ使うと一度に二石(約2,000人分)可能とのこと。それだけ僧侶の数が多い大寺院ということですね。

今でも行事の時に使われることがあるそうで、この釜は一つで約七斗(98キログラム)の米を炊くことができ、三つ使うと一度に二石(約2,000人分)可能とのこと。それだけ僧侶の数が多い大寺院ということですね。

 

遍路後のお礼参りは「奥の院」ですが、「金剛峰寺」は高野山真言宗の総本山であり、史跡としても名所なので、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

【寺名】  高野山真言宗 総本山 金剛峰寺(こうやさんしんごんしゅう そうほんざん こんごうぶじ)
宗派: 高野山真言宗
開基: 弘法大師
住所: 和歌山県伊都郡高野町高野山132
電話: 0736-56-2011

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。