二番目の「遍路ころがし」を登りきり、標高500mの山頂にたどりつくと、そこが20番札所「鶴林寺」です。
雌雄2羽の鶴が黄金のお地蔵さんを守っていたという伝説が残り、お寺内のあらゆる「鶴」をお見逃しなく。

二番目の「遍路ころがし」を制覇

20番札所「鶴林寺」は、標高500mの山頂にあり、距離にして約3kmの道のりで一気に山を登りきる急坂で有名な難所のひとつです。
阿波の3大難所を「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」と表現されることもあります。
※それぞれの遍路道の様子は、以下3記事もぜひご覧ください。

お大師さまのお出迎えが感動的な「浄蓮庵」からの下り登りが勝負【「焼山寺」への遍路ころがし】

二番目の「遍路ころがし」裏道編【「鶴林寺」への遍路ころがし】

 三番目の「遍路ころがし」は川の風景が美しい良道…が…お寺直前で試練【21番札所「太龍寺」への遍路ころがし】

山は自然が昔のまま残っている環境で、天正年間(1573~1593年)に多くの寺が兵火に遭遇した「天正の兵火」からも、山頂の難所であったから逃れており、歴史ある姿を留めているとのことです。

「遍路ころがし」を登りきると、自然道から突然堂々とした山門に迎えられます。

「遍路ころがし」を登りきると、自然道から突然堂々とした山門に迎えられます。

 

雌雄2羽の鶴が黄金のお地蔵さんを守っていたという伝説

寺名が「鶴林寺」となった由来は、弘法大師がこの山で修行していたとき、雌雄2羽の白鶴がかわるがわる翼をひろげて老杉のこずえに舞い降り、小さな黄金のお地蔵さんを守護しており、この情景を見た弘法大師が、近くにあった霊木で高さ90センチほどの地蔵菩薩像を彫造し、その胎内に5.5センチぐらいの黄金の地蔵さんを納めて本尊としたこととされています。

境内には、わかりやすく「鶴」がいらっしゃいますので、とても印象に残ると思います。

「三重塔」をしたがえる「本堂」に、雌雄2羽の「鶴」がいらっしゃいます。

「三重塔」をしたがえる「本堂」に、雌雄2羽の「鶴」がいらっしゃいます。

「本堂」に向かって右側の口を開けているのが「雄」ですね。

「本堂」に向かって右側の口を開けているのが「雄」ですね。

本堂にかかる幕にも「鶴の紋」があり、御朱印も開創1200年記念印もばっちり「鶴」なので、これでもかというぐらい「鶴」を満喫できます。

本堂の幕も美しい。ここまでしっかりアピールしてくれると印象に残ります。

本堂の幕も美しい。ここまでしっかりアピールしてくれると印象に残ります。

とはいいながら、見逃しがちだと思うのが、「山門の中」の「鶴」です。
遍路ころがしを登ってきて、汗だくで息をきらしていると思うので、山門をしっかりみておかないと見逃します。
山門に堂々と動物がいらっしゃるのは、札所の中でもこのお寺ぐらいではないでしょうか。

この立派な山門の中に「鶴」がいらっしゃいます。

この立派な山門の中に「鶴」がいらっしゃいます。

金網がかかっていて、檻に捕まっているみたいで、ちょっとかわいそうです。

金網がかかっていて、檻に捕まっているみたいで、ちょっとかわいそうです。

二番目の「遍路ころがし」を制覇できた余韻に浸りつつ、「鶴」が印象的な山頂の古刹をぜひ楽しんでみてください。
くれぐれもいろいろな「鶴」をお見逃しなきよう。

 

 

【20番札所】  霊鷲山 宝珠院 鶴林寺(りょうじゅざん ほうじゅいん かくりんじ)
宗派: 高野山真言宗
本尊: 地蔵菩薩
真言: おん かかかび さんまえい そわか
開基: 弘法大師
住所: 徳島県勝浦郡勝浦町生名鷲ヶ尾14
電話: 0885-42-3020

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。