【西教寺】弘法大師空海とのつながりが色濃く遺る四国八十八番前霊場

香川県さぬき市にある西教寺は、奈良時代に行基菩薩が開創、弘法大師が堂宇を建てた伝承のある番外霊場です。お寺の縁起や境内の建造物からは弘法大師空海とのつながりを強く感じることができます。

 

四国八十八番前霊場とされる番外札所「西教寺」

香川県さぬき市富田にある西教寺は、奈良時代の僧侶「行基菩薩」の開創、弘法大師空海が堂宇を建立したと伝わるお寺で、お寺の背後にある標高 245mの「火山(ひやま)」の中腹には、弘法大師が一夜で刻んだ伝承の残る磨崖仏があり、西教寺奥の院とされています。

西教寺外観

火山(ひやま)を背負って建つ西教寺。

この磨崖仏の伝承は下記のように伝えられています。

"磨涯佛は弘法大師が修行の途中、当山奥ノ院に立ち寄られ、一夜建立の祈願をかけ、薬師如来像を彫っていたそうだ。ところが、天の邪鬼が悪戯をし、夜が明けていないのにも関わらず鶏の鳴き声をまねて、鶏鳴を発してしまった。そこで、一夜建立の祈願がむなしく破れたと勘違いした弘法大師は、薬師如来を途中彫り差しのまま大窪寺へ向かわれたという。"(新四国曼荼羅霊場会HPより)

このことから西教寺では、自寺を88番札所大窪寺の「前霊場」としているそうです。

西教寺石碑

西教寺門前の石碑には「四国八十八番前霊場」と刻まれています。

 

西教寺本堂

門前の大きな木を抜け山門をくぐり、境内に入ると、立派なお堂が正面に見えてきます。

西教寺本堂正面

阿弥陀如来を祀る西教寺本堂。

境内はコンパクトながら、本堂は大きく風格が感じられます。印象的だったのは、少しユニークでひねりの効いた瓦や彫刻。こうしたディティールには、お堂を建てた職人の腕や住職の感性が表れるので、お寺や地域の個性を知るいい手掛かりになります。

西教寺_麒麟と鬼の彫刻

本堂正面上部、鰐口の奥には見事な雲と瑞獣「麒麟」の彫刻、その上には山門方向に睨みを効かせる除災の鬼。

西教寺_瓦文字

屋根の最上部(大棟)には、古代中国らしき書体で「西教寺」と書かれていました。

 

西教寺大師堂ほか

本堂の右横には大師堂があります。

西教寺大師堂

西教寺大師堂。

お寺は少し高台にあるので、境内からは爽やかな空の広がりを感じることができました。

スポンサーリンク

西教寺大師像

大師堂の脇にある大師像の背後に広がる空が気持ちよい。

西教寺菩薩像たち

境内には石塔と仏像が並ぶ。

西教寺内側から見た山門

山門から外には田園風景が広がっていました。

 

弘法大師を輩出した佐伯家ゆかりの「三羽雀紋」を発見

個人的に嬉しかったのが、弘法大師空海の父方の豪族「佐伯家」が使っていた「三羽雀紋」を見つけられたことです。

西教寺_三羽雀紋

スズメらしい愛らしさを残す三羽の雀たち。

三羽雀紋は弘法大師に縁深い紋であることから、香川県には三羽雀紋を使う寺が多いとのことで、以前に調査したことがあります。

関連記事:

【讃岐23ヶ寺豆知識】空海を生んだ佐伯家に由縁をもつ寺紋「三羽雀紋」の探求

【75番札所善通寺】「三羽雀」から「菊に善」への寺紋の変遷に秘められた「真言宗善通寺派」の歴史

3種の三羽雀紋

これまでに発見した三羽雀紋コレクション、左から73番札所出釈迦寺、86番札所長尾寺、68番札所神恵院/69番札所観音寺と並びます。

弘法大師空海御生誕の地で佐伯家の敷地に建てられた75番札所善通寺の現在の寺紋は「菊に善」ですが、以前は三羽雀紋を使っていたことがわかっています。こちらの西教寺も善通寺派の寺院であるので、善通寺との縁が寺紋にあらわれているのかもしれません。

西教寺三羽雀_瓦

瓦にも三羽雀がいました。

 

西教寺での参拝を済ませ、続いて背後の火山(ひやま)にある奥の院へと向かいます。
※奥の院のご紹介は、以下リンクの記事に続きます。

【西教寺奥の院】火山中腹に鎮座する弘法大師が刻んだ磨崖仏と穴薬師

 

コンパクトながら空に抜ける景色が心地よい西教寺では、個性的な彫刻や三羽雀紋に出会うことができました。新四国曼荼羅霊場の8番札所でもあるため、納経所で御朱印もいただけます。奥の院とともに霊場巡りをお楽しみいただけると思います。

 

【「西教寺」 地図】

この記事を書いた人

廣瀬美音子
札幌で生まれ育ち、東京にて都市計画コンサルタントに従事。結婚を機に香川に移住し、地方自治体勤務などを経て、2019年から株式会社四国遍路(https://shikokuhenro.co.jp/)に入社。お遍路文化を通じた新しい四国の楽しみ方を模索しています。日本酒とワインが好き。