スポンサーリンク

 

68番札所「神恵院」は、江戸時代までは「琴弾八幡宮」として札所でしたが、明治時代の神仏分離により、69番札所「観音寺」の境内地に移され、1境内2札所の珍しいお寺です。
2002年新築の「本堂」は最新式の施設でした。

「銭形展望台」の山の上から「神恵院」に入る

67番札所「大興寺」からため池がたくさんある田園住宅地帯を歩くこと約8km、観音寺市街に入ってほどなくして、観光名所の「琴弾公園」の入口に到着します。
私は68番札所「神恵院」参拝前に、「琴弾公園」方面に進み、「きたのうどん」で食事をし、「銭形砂絵」を眺めることにしました。
※「きたのうどん」「銭形砂絵」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

観音寺市といえば「銭形砂絵(寛永通宝)」と「銭形くん」【琴弾(ことひき)公園】

透き通っただしと細ツル麺に小エビ天ぷらの花開く【きたのうどん[観音寺市]】

「銭形砂絵」を眺めるために、小高い山の上の「銭形展望台」に登りましたが、この山の上から「神恵院」の境内に入ることができる道があったので、本来の参拝ルートではありませんが、この道からお寺に進むことにしました。
ただし、このルートは「神恵院」と関連が深い「琴弾八幡宮」を参拝したあとに通るルートとしても便利なので、ここを通るお遍路さんも多いようです。

「銭形展望台」から北方向に山を下る道を少し進むと、山の上から「神恵院」に入ることができます。

「銭形展望台」から北方向に山を下る道を少し進むと、山の上から「神恵院」に入ることができます。

山の上から階段を下りて、お寺の中心部に進んでいきます。

山の上から階段を下りて、お寺の中心部に進んでいきます。

 

元は「琴弾八幡宮」の「神宮寺」

68番札所「神恵院」の縁起によると、大宝3年(703年)に法相宗の日証上人がこの地で修行をしていたところ、海上に琴を弾く老人が乗る舟を見つけ、この老人が八幡大明神であることを知った上人は、その琴と舟を山に引き上げ祀り「琴弾八幡宮」と名付け、このときに建てられた「神宮寺(仏教の僧侶が神祇に奉仕するために,神社の境内などに建立された寺院)」が起源といわれています。
その後、大同2年(807年)に空海が阿弥陀如来を描き本尊として安置し、「神恵院」として札所に定めたそうです。

江戸時代までは「琴弾八幡宮」が札所とされていましたが、明治時代の神仏分離により「琴弾神社(昭和初期に「琴弾八幡宮」に復称)」と「神恵院」に分離されることになり、山のふもとにあった69番札所「観音寺」の境内地に「神恵院」が移され、1境内2札所の珍しい形態となったとのこと。

ということで、境内にたくさんのお堂がある中で、「神恵院」と「観音寺」の「本堂」「大師堂」がすぐ近くにある、少々ややこしい配置になっています。

「納経所」は両札所共通で、客殿近くに境内案内板がありました。これをよく見ないと間違って参拝してしまいそうです。

「納経所」は両札所共通で、客殿近くに境内案内板がありました。これをよく見ないと間違って参拝してしまいそうです。

境内入口の「山門(仁王門)」も共通です。私は山の上から境内に入ったので、参拝後に通りました。

境内入口の「山門(仁王門)」も共通です。私は山の上から境内に入ったので、参拝後に通りました。

 

コンクリート打ちっぱなしの最新式「本堂(西金堂)」

境内案内図をよく見ながら、まずは68番札所「神恵院」の「本堂」を参拝すべく境内を進んでいくと、そこには見慣れない建物の姿がありました。

コンクリート打ちっぱなしの真四角の建物に「本堂」との表示があります。驚きのあまり、指が写りこんでしまうという失態です。

コンクリート打ちっぱなしの真四角の建物に「本堂」との表示があります。驚きのあまり、指が写りこんでしまうという失態です。

境内を見渡す限り、歴史のありそうな建物がたくさん並んでいるのですが、その分この「本堂」の異質な雰囲気が際立っています。
61番札所「香園寺」の「大聖堂」を見たときにも、同じような気持ちになったのを思い出しました。
※「香園寺」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

お寺のイメージをくつがえされる「子安の大師さん」【61番札所「香園寺(こうおんじ)」】

おそるおそる建物の中に進んでいくと、以下写真のような様子でした。

中に入ってもお堂とは思えない造りで、階段を上がっていくと…

中に入ってもお堂とは思えない造りで、階段を上がっていくと…

煌びやかな装飾があるお堂前のスペースにたどり着きました。御本尊が安置されている建物もコンクリート製ですが、こちらは和な雰囲気があって、ほっとしました。

煌びやかな装飾があるお堂前のスペースにたどり着きました。御本尊が安置されている建物もコンクリート製ですが、こちらは和な雰囲気があって、ほっとしました。

この「本堂(西金堂)」は、2002年に新築されたものだそうで、それ以前は現在の「薬師堂」が「本堂」として使われていたそうです。

山の上から境内に入って、一番初めに見たこの建物が元「本堂」とのこと。そうとは知らず、山の上からの道のりを記録するために写真を撮っていました。

山の上から境内に入って、一番初めに見たこの建物が元「本堂」とのこと。そうとは知らず、山の上からの道のりを記録するために写真を撮っていました。

 

68番札所「神恵院」は「琴弾八幡宮」の関連を意識して参拝するとよいと思います。
お寺の境内での様子は、69番札所「観音寺」の記事に続きます。
※「観音寺」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

重要文化財の「本堂(金堂)」と回遊式日本庭園「巍巍園」が見どころ【69番札所「観音寺(かんおんじ)」】

 

【68番札所】  七宝山 神恵院(しっぽうざん じんねいん)
宗派: 真言宗大覚寺派
本尊: 阿弥陀如来
真言: おん あみりた ていぜい からうん
開基: 日証上人
住所: 香川県観音寺市八幡町1-2-7
電話: 0875-25-3871

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。