68番札所「神恵院」と境内を同じくする69番札所「観音寺」の「本堂(金堂)」は、室町時代の部材を用いて江戸時代に建立された重要文化財です。
室町時代作庭の回遊式日本庭園「巍巍園」もお見逃しなく。

68番札所「神恵院」と共通の境内

69番札所「観音寺」は、観音寺市街の海沿い「琴弾山」の中腹に位置し、68番札所「神恵院」と境内が共通の珍しい形態のお寺です。
「琴弾山」の山頂にある「琴弾八幡宮」創建の歴史と関わりが深く、これに関する情報は「神恵院」の記事で詳しくご紹介しています。
※「神恵院」と隣接の「琴弾公園」の様子は以下リンクの記事をぜひご覧ください。

元は「琴弾八幡宮」のお寺の「本堂(西金堂)」は最新式【68番札所「神恵院(じんねいん)」】

観音寺市といえば「銭形砂絵(寛永通宝)」と「銭形くん」【琴弾(ことひき)公園】

「神恵院」は元は「琴弾八幡宮」併設のお寺だったので、元々「観音寺」の境内であった場所に「神恵院」が明治時代以降合流した形になります。
「観音寺」は、大同2年(807年)に空海が第7世住職として入山し、奈良の興福寺を模して、聖観世音菩薩像を刻み本尊とし、札所に定めたという歴史をもつそうです。

境内には「神恵院」の「本堂」「大師堂」もありますので、お間違いのなきよう。

境内には「神恵院」の「本堂」「大師堂」もありますので、お間違いのなきよう。

「山門」は「神恵院」と共通で、参道を進むとクスの大木の向かって右が「観音寺」の「本堂」、左が「大師堂」です。

「山門」は「神恵院」と共通で、参道を進むとクスの大木の向かって右が「観音寺」の「本堂」、左が「大師堂」です。

 

室町時代の部材を使い江戸時代に建立の「本堂」は重要文化財

「観音寺」の「本堂(金堂)」は、室町時代に建てられたものの部材をそのまま用いて、江戸時代の延宝5年(1677年)に建立された歴史をもつお堂で、国の重要文化財に指定されています。

朱塗りの建材・装飾が目を引く、寄木造りの「本堂(金堂)」です。

朱塗りの建材・装飾が目を引く、寄木造りの「本堂(金堂)」です。

「神恵院」の「本堂(西金堂)」が2002年新築のコンクリート打ちっぱなしの建物なので、同じ境内でこれほどまでに様子が違う「本堂」の姿は、とても印象に残ります。

「大師堂」も同じく朱塗りのお堂なので、ちゃんとペアになっている感じが私は気に入りました。

1境内2札所でありながら、「観音寺」として「本堂」「大師堂」の一体感がありました。

1境内2札所でありながら、「観音寺」として「本堂」「大師堂」の一体感がありました。

 

室町時代作庭の回遊式日本庭園「巍巍園」

「観音寺」の見どころとして外せないのが、室町時代に作庭されたという回遊式日本庭園「巍巍園(ぎぎえん)」です。

「神恵院」の「本堂」の建物の中に入り、階段をあがってから左方向に進んで建物を出ると、「巍巍園」を一望することができます。

木が丸くきれいに剪定されていて、池と石垣とのバランスが計算されているのだと思います。

木が丸くきれいに剪定されていて、池と石垣とのバランスが計算されているのだと思います。

私が訪れたのは冬の時期なので、なんとなく寂しい風景にも見えますが、あたたかい季節になってくると色鮮やかな花も咲くそうで、また違った表情の庭園になるのだと思います。

お寺の中の奥まったところにありますので、お見逃しのないように。

 

69番札所「観音寺」では、朱塗りの「本堂」「大師堂」と、回遊式日本庭園「巍巍園」がとても印象に残りました。
1境内で2札所の納経を立て続けに行い、「琴弾公園」観光も含めた観音寺市周遊をコンパクトに一気に終わらせ、次の70番札所「本山寺」がある三豊市方面に歩を進めていきます。

 

【69番札所】  七宝山 観音寺(しっぽうざん かんおんじ)
宗派: 真言宗大覚寺派
本尊: 聖観音世音菩薩
真言: おん あろりきゃ そわか
開基: 日証上人
住所: 香川県観音寺市八幡町1-2-7
電話: 0875-25-3871

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。