スポンサーリンク

 

讃岐國最初の66番札所「雲辺寺」は、四国霊場最高峰にして関所寺でもあります。
雲辺寺山の山頂には、「五百羅漢」「おたのみなす」「大師乳銀杏」「スノーパーク」といろいろな見どころがありました。

四国霊場最高峰の標高911mへの「遍路ころがし」

讃岐國最初の66番札所「雲辺寺」は、四国霊場最高峰の標高911mの雲辺寺山の頂上にあり、お寺への登山道は歩き遍路を苦しめる「遍路ころがし」のひとつになっています。
複数の登山ルートがある中から、私は「佐野道」を選択し、急坂を90分ほどで登りきりました。
※「雲辺寺」への「遍路ころがし」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

四国霊場最高峰の標高911mへの急坂を登る【66番札所「雲辺寺」への「遍路ころがし」】

※他地域の「遍路ころがし」に関しては、以下タグリンクの記事もぜひご覧ください。

四国遍路「遍路ころがし」タグリンク

噂にたがわぬ急坂で、大きな倒木もあったりして、なかなかワイルドな遍路道でした。

噂にたがわぬ急坂で、大きな倒木もあったりして、なかなかワイルドな遍路道でした。

 

讃岐國最初にして最大の難所の「関所寺」

「雲辺寺」は、各県に一カ所ずつある「お大師さまの審判を受け、邪悪なものは先に進めない」とされる「関所寺」でもあります。
讃岐國に入るためにお大師さまの審判を受けなければいけないとはシビアではありますが、考え方を変えると、「雲辺寺」さえ無事通過できれば、あとの讃岐路は平穏に歩ききることができるともとることができます。
讃岐國は「涅槃の道場」と呼ばれており、その名のごとく心安らかに歩んでいきたいものです。
※他地域の「関所寺」に関しては、以下タグリンクの記事もぜひご覧ください。

四国遍路「関所寺」タグリンク

ところで、この記事のこれまでに「讃岐國」と何回もお伝えしましたが、「雲辺寺」の住所は「徳島県三好市池田町白地ノロウチ763-2」なのは皆さんご存知でしょうか?
当然のごとく「徳島県阿波國じゃ~ん」とツッコミを入れてしまいますが、愛媛県から境目峠で一度徳島県に入り、雲辺寺までの「遍路ころがし」は徳島県の遍路道で、実は雲辺寺山の山頂に徳島県と香川県の県境があるのです。
お寺自体が県境になっているとは、まさしく「関所寺」という言葉がぴったりです。
※お寺の住所は徳島県ですが、遍路道のルート設定の関係で便宜上讃岐の札所とされています。

お寺の敷地内にこの写真の県境があります。どこにあるか探してみてくださいね。この写真の私は「香川県」にいます。

お寺の敷地内にこの写真の県境があります。どこにあるか探してみてくださいね。この写真の私は「香川県」にいます。

 

空海が「善通寺」建立のための建材を求めて出会った霊所

「雲辺寺」の縁起によると、延暦8年(789年)にさかのぼり、16歳の佐伯真魚(のちの空海・弘法大師)が「善通寺」(現在の75番札所。空海生誕の地)を建立するための建材を求めて山に登り、この地を訪れ、深遠な霊山に心うたれて堂宇を建立したのが起源とされています。
その後も、大同2年(807年)、空海が34歳のときに唐から請来した宝物で秘密灌頂の修法をされ、さらに弘仁9年(818年)、空海45歳のときには、嵯峨天皇の勅願で本尊を彫造して、仏舎利と毘廬遮那法印(仏法石)を山中に納めて七仏供養をし、霊場と定められたそうです。

2009年落成の真新しい「本堂」には御本尊「千手観世音菩薩」の石像前仏が安置されており、御本尊は別の収蔵庫におさめられているそうです。

2009年落成の真新しい「本堂」には御本尊「千手観世音菩薩」の石像前仏が安置されており、御本尊は別の収蔵庫におさめられているそうです。

 

表情が豊かすぎる「五百羅漢」

「雲辺寺」の見どころとしてオススメなのはなんといっても「五百羅漢(ごひゃくらかん)」です。

「五百羅漢」とは、釈迦入滅後の第1回の経典結集、および第4回結集のときに集まったという500人の聖者のことで、「雲辺寺」では「五百羅漢」の像が無数に立ち並んでいるのです。

中心となる台座にはお釈迦様がいらっしゃいます。写真左上の方に見える毘沙門天立像も見逃せません。

中心となる台座にはお釈迦様がいらっしゃいます。写真左上の方に見える毘沙門天立像も見逃せません。

すぐ近くには大きな亀さんがいたりするのですが…

すぐ近くには大きな亀さんがいたりするのですが…

そのまわりにはものすごい数の五百羅漢像が立ち並んでいます。

そのまわりにはものすごい数の五百羅漢像が立ち並んでいます。

顔や仕草が1体1体異なっていて、表情が豊かすぎて生きているかのようでした。自分に似ている像が1体はあるそうなので、探してみてください。

顔や仕草が1体1体異なっていて、表情が豊かすぎて生きているかのようでした。自分に似ている像が1体はあるそうなので、探してみてください。

なぜか動物に乗っかっている聖人もいらっしゃいましたが、動物はコミカルな感じでした。

なぜか動物に乗っかっている聖人もいらっしゃいましたが、動物はコミカルな感じでした。

 

「おたのみなす」「大師乳銀杏」「スノーパーク」と見どころ満載

「雲辺寺」は他にも見どころ満載で、写真でご紹介していきます。

まずは、本堂横にある「おたのみなす」です。
なすの花はひとつも無駄なく実になることと、「成す」との語呂合わせで、努力が報われ願いがかなう縁起物の野菜なのだそうです。

なすをリアルにかたどった石に腰掛けて願うとご利益があるそうです。なすの形の絵馬もありました。

なすをリアルにかたどった石に腰掛けて願うとご利益があるそうです。なすの形の絵馬もありました。

つぎに「大師乳銀杏(だいしちちいちょう)」と呼ばれている古木です。
お大師さまが、母乳が出なくて困っていた女性のために、銀杏の苗を植え、母乳が出るように祈り、その女性が木の幹を削って煎じて飲むと母乳が出たという伝説が残っています。

冬で葉が散ってしまっているので少々さみしく感じましたが、歴史を感じる古木です。

冬で葉が散ってしまっているので少々さみしく感じましたが、歴史を感じる古木です。

そして、お寺とは直接関係ないのですが、雲辺寺山の山頂には「スノーパーク雲辺寺」があり、12月~3月はゲレンデとして営業しています。
夏はゲレンデが「ユリ園」になっているらしく、そちらの方が興味をひかれました。

もちろん滑りませんでしたが、ゲレンデの入口までは入ることができたので、写真だけ撮ってきました。

もちろん滑りませんでしたが、ゲレンデの入口までは入ることができたので、写真だけ撮ってきました。

スノボを抱える若者がたくさんいましたが、お寺には興味はなさそうでした。

スノボを抱える若者がたくさんいましたが、お寺には興味はなさそうでした。

ということで、見どころ満載の「雲辺寺」ですが、私はこの日お寺の「通夜堂」に泊めていただいたので、滞在時間が12時間ほどあり、お寺を満喫することができましたが、短時間滞在で次の札所を目指すと、見きれないほどの大きいお寺です。
「通夜堂」宿泊の様子は、以下リンクの記事で、他の見どころもあわせてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

山の上の大広間「通夜堂」で一夜を明かす際にはロープウェイ乗り場を要チェック【66番札所「雲辺寺」】

 

四国霊場最高峰の66番札所「雲辺寺」への「遍路ころがし」を制覇し、無事に「関所寺」を通過できれば、讃岐國「涅槃の道場」の始まりです。

【66番札所】  巨鼇山 千手院 雲辺寺(きょごうざん せんじゅいん うんぺんじ)
宗派: 真言宗御室派
本尊: 千手観世音菩薩
真言: おん ばざらたらま きりく
開基: 弘法大師
住所: 徳島県三好市池田町白地ノロウチ763-2
電話: 0883-74-0066

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。