スポンサーリンク

 

最初にして最大の難所である「焼山寺への遍路ころがし」を制覇したあとは、疲れどっぷり&汗だくだく。
それを癒してくれるのは「神山温泉」しかありません。

13番札所「大日寺」には複数ルート

最初にして最大の難所である「焼山寺への遍路ころがし」を制覇し、12番札所「焼山寺」での納経を無事済ませたあとは、山を下っていきます。
「焼山寺」を出発して2km弱で、衛門三郎ゆかりの「杖杉庵」に寄り道し、以下写真のようなくねくね舗装道路をしばらく歩くと、鍋岩の集落に出てきます。

くねくね道路を歩き遍路さんはショートカットする道がいくつかあります。

くねくね道路を歩き遍路さんはショートカットする道がいくつかあります。

宿に泊まる場合は、鍋岩の集落にある「すだち館」「なべいわ荘」を選ぶ方が多いようですが、オススメというかわたし的には一択だと思うのが「神山温泉」までがんばって下って疲れを癒す選択です。
※「すだち館」に宿泊すると、ご主人が車で「神山温泉」入浴まで送迎してくれるらしいので、それも良いかもしれません。

鍋岩の集落から13番札所「大日寺」に向かうルートは2ルート(神山温泉を超えてから更に選択肢があるので3ルートになりますが)あり、玉ケ峠を超えるルートと県道43号を神山温泉に向かうルートです。
実は私は当初予定だと玉ケ峠の頂上にある宿泊可能なお堂に泊まろうと思っていて、峠の登り道にチャレンジしたのですが、かなりの悪路登りで、遍路ころがし後にはきつすぎて、途中で断念し、前日に「鴨島温泉 鴨の湯 いやしの舎」で同泊だった大学生と電話で連絡を取り合って、「神山温泉」に向かうことにしました。

もし、鍋岩で宿泊される方は、翌日朝から玉ケ峠にチャレンジされるのは良いと思いますが、遍路ころがし後にそのまま玉ケ峠に入っていくのはよっぽど体力に自信がある方じゃないとオススメしません。

 

とろっとろの良泉質「神山温泉」

ということで、鍋岩の集落から更に6kmほど進むことになりますが、歩きやすい舗装路下りなので、なんとかがんばった先には、遍路ころがしの疲れを癒すのに最適な「神山温泉」が待ってくれています。

「神山温泉」の集落には、ホテルや民宿、キャンプ場などいくつかの宿泊施設がありますが、立ち寄り湯も提供してくれている「神山温泉 ホテル四季の里&いやしの湯」で温泉入浴をしました。

周辺はいわゆる田舎の風景ですが、いきなり立派な建物が現れます。日没してからたどり着くと建物を見つけづらいぐらい、まわりは暗くなります。

周辺はいわゆる田舎の風景ですが、いきなり立派な建物が現れます。日没してからたどり着くと建物を見つけづらいぐらい、まわりは暗くなります。

私が訪問したのは1月下旬のオフシーズンでしたが、地元民らしき方々の日帰り入浴やレストラン利用、宿泊客もかなりの人数がいらっしゃって、にぎわっていました。

肝心の温泉は、重曹を含んでいるとのことで、一言で表わすと「とろっとろ」
ぬめりがあり、肌にまとわりつくので、体がとても温まり、入浴後は肌もつるっつる。
浴場も広大で、石や木の自然素材を使った浴槽なので、ゆったりした気分になりました。

この入浴がなかったら、次の日もがんばって歩くことができたかわからなかったほど、身も心も癒してくれた温泉でした。

詳しい施設情報は以下リンクからどうぞ。

 

宿泊は川の対岸の公園で

※公園の東屋は2017年9月現在、野宿禁止になっていますのでご注意ください。

「神山温泉 ホテル四季の里&いやしの湯」は、もちろん宿泊もできるのですが、野宿もしながら節約をするお遍路さんにはちょいと高級なので、そんなときは施設の脇を流れる川の対岸の公園で野宿可能です。

水が流れる音が夜は気になるかもしれませんが、とても環境の良い公園です。

水が流れる音が夜は気になるかもしれませんが、とても環境の良い公園です。

橋を渡って、公園入口の目印はかの有名な女子ねずみさんです。

橋を渡って、公園入口の目印はかの有名な女子ねずみさんです。

公園内に以下写真のような東屋があり、雨風をしのげて、長いベンチも設置されているので、その上で寝袋で寝ることができます。
この日はテントを持っている大学生と一緒だったので、テントに入れてもらい、1月下旬の寒風をしのぐのにたいへんありがたかったです。

屋根や囲いだけでもあると、野宿にはたいへんありがたいものです。

屋根や囲いだけでもあると、野宿にはたいへんありがたいものです。

ちなみに、温泉に日帰り入浴すると、施設内の休憩スペースも使わせていただけるので、日帰り入浴営業中はくつろがせていただくのも良いと思います。

入浴後、畳の上で横になって湯冷め防止です。

入浴後、畳の上で横になって湯冷め防止です。

宿泊はしなかったのですが、夕食でレストランを利用させていただきましたので、内容は以下記事もごらんください。

徳島といえば「すだち」でしょ!「すだちブリ」って??【神山温泉 ホテル四季の里&いやしの湯】

「神山温泉」で遍路ころがしの疲れを癒してから、翌日の13番札所「大日寺」への長距離歩行に備えましょう。

 

 

施設名:  神山温泉 ホテル四季の里&いやしの湯 ※以下情報は日帰り入浴
営業時間: 10:00~20:00(10月~3月)
10:00~21:00(4月~9月)
定休日: 毎月第4火曜日(祝日は営業)
入場料: 大人600円 小人300円(3歳~小学6年生まで)
住所: 徳島県名西郡神山町神領本上角80-2
電話: 088-676-1117
施設HP: http://kamiyama-spa.com/

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。