スポンサーリンク

 

坂出市の綾川沿いにある「山下うどん店」は、巨大な薪釜でゆでる太めでこしの強いうどんが特徴です。
強力なうどんに負けない自己主張の強いいりこだしにこれまた豪快な芝エビ天をのせれば、これこそさぬきうどんの王道たる一杯でした。

のどかな川沿いに「ポン菓子」専門店?

79番札所「天皇寺」を出発し、JR予讃線の線路と並行している旧街道をしばらく歩き、「JR鴨川駅」までたどり着くと橋を渡って川沿いののどかな道を歩きます。

「綾川」沿いの土手の道は、時間がとまったようなのどかな景色を楽しむことができます。

「綾川」沿いの土手の道は、時間がとまったようなのどかな景色を楽しむことができます。

ここで珍しいお店を発見しました。

「ポン菓子」ののぼりが立っています。

「ポン菓子」ののぼりが立っています。

「ポン菓子」といえば、高知県の32番札所「禅師峰寺」で発見して、アツくご紹介したあれです。
※「ポン菓子」に関しては、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

海上安全祈願の「みねんじ」で本堂・大師堂御開帳に遭遇の幸運【32番札所「禅師峰寺(ぜんじぶじ)」】

やはり四国には「ポン菓子」の文化が根付いているのでしょうか。
私は入店しなかったのですが、お店の前はお遍路さんにはありがたい休憩スポットにもなっているので、立ち寄ってみるのもよいと思います。
知り合いのお遍路さんは、オススメのお店だと言っていました。

お店を通り過ぎてほどなくのこれまた川沿いに私が目指していたお店があるのです。
この記事の初めの川沿いの写真に看板が写りこんでいますが、目的のお店「山下うどん店」です。

一見お店には見えず、入口も道路からは見えませんが、迷わず敷地内に突入していきます。

一見お店には見えず、入口も道路からは見えませんが、迷わず敷地内に突入していきます。

 

巨大な薪釜でゆでる豪快強力うどん

川沿いから見る建物は、一般家庭の倉庫のようないでたちで、家の敷地の中に入っていくようにして進むと、確かにお店の入口がありました。

「郵便局集配職員休息所」という表示がとても気になってしまいました。さぬきうどん屋はこのようにいろいろなロケーションを探検するように巡るのも楽しみのひとつですね。

「郵便局集配職員休息所」という表示がとても気になってしまいました。さぬきうどん屋はこのようにいろいろなロケーションを探検するように巡るのも楽しみのひとつですね。

ちなみに「山下うどん」という名前のうどん屋が香川県内に数軒あり、その中に名店といわれるお店が複数ありますが、それぞれ経営はまったく別だそうで、今回ご紹介する「山下うどん」は「坂出市」の「山下うどん店」です。

このお店のうどんの特徴は、なんといっても巨大な薪釜でゆでる麺です。
入店すると、目の前の厨房スペースに湯気があがっている巨大な薪釜があり、ゆでたて(できたち)のうどんをいただくことができます。
私は、水で締めたうどんをあたためてもらい、あたたかいだしをかけた「かけうどん」を注文しました。
セルフ方式で、並んでいるトッピングの中から「芝エビ天」をチョイスして、できあがったうどんがこんな感じ。

太めの麺にほどよく色がついただし、豪快な「芝エビ天」をのせた「かけうどん」です。

太めの麺にほどよく色がついただし、豪快な「芝エビ天」をのせた「かけうどん」です。

そして、お会計はというと、善通寺の「宮川製麺所」に引き続き、後払い自己申告制なのです。
食べ終わったあとに、食べたメニューを自らお店の人に告げて会計をするので、注文したものをちゃんと覚えておいてください。
私は「宮川製麺所」で一度経験していたのでなんとか対応できましたが、讃岐ならではのこのシステムは何度経験しても驚きです。
※「宮川製麺所」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

さぬき式セルフに圧倒されながらも優しいおねえさんに教えを請う【宮川製麺所[善通寺市]】

肝心のうどんはというと、太めのうどんがもちもちと弾力がり、これこそさぬきうどんの「こし」かと体感できる麺で、この強力な麺に負けないいりこと薄口醤油の香りが自己主張するだしが、けんかすることなく調和しています。
そこに名物のこれまた豪快な「芝エビ天」をのせたのですが、上のうどんの写真で見ていただいても一見「豪快=粗雑」となってしまうと思いきや、食べ進めていくと繊細ともいえるほど一体感があって、初めてなのになんとなく懐かしさすら感じで、自然に胃の中におさまっていきました。
お店のロケーションも含め、これこそさぬきうどんの王道といえるのではないかと思う一杯を堪能させていただきました。

さらにおまけで、さぬきうどんトッピングの定番である「げそ天」は、だしのきいた「だし醤油」をかけていただくと、いか、えび、いりこと海の香りも満喫できるフルコースになりました。

さぬきうどん店を満喫するには天ぷらのチョイスも重要です。そして、自分なりのいろいろな食べ方でアレンジ可能です。

さぬきうどんを満喫するには天ぷらのチョイスも重要です。そして、自分なりのいろいろな食べ方でアレンジ可能です。

 

79番札所「天皇寺」がある「坂出市」では、「綾川」沿いの気持ちの良い遍路道を楽しみ、「山下うどん店」の絶好のロケーションで「さぬきうどん」をいただくのが王道コースです。

 

店名:  山下うどん店(坂出)
営業時間: 8:00~15:30 ※麺終了次第閉店
定休日: 月曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休
住所: 香川県坂出市加茂町147-1
電話: 0877-48-1304

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。