「道の駅 源平の里むれ」の物販コーナーは地元産品のバリエーションが充実しています。
そこで、香川の郷土料理「あん餅雑煮」をアレンジしたパンと緑色の「ヨーカンパン」という不思議な食べ物に出会いました。

「八栗寺」登山の後の休憩スポット「道の駅 源平の里むれ」

85番札所「八栗寺」がある五剣山から山を下ってきたところに、便利な休憩スポット「道の駅 源平の里むれ」があります。
広々した公園スペースを散策するのもあり、地の食材を使ったランチを楽しむのもありの道の駅ですので、86番札所「志度寺」に向かう前にぜひ立ち寄ってみてください。

僕が食べたランチ「はまちのづけ丼」に関しては、別の記事でご紹介しているので、以下リンクの記事もぜひチェックしてみてください。

香川県のブランド魚「オリーブはまち」をボリューム満点のづけ丼でいただく【海鮮食堂じゃこや(道の駅 源平の里むれ)】

香川県のブランド魚「オリーブはまち」を使ったづけ丼は、ボリュームたっぷり、はまちの脂と食感がたまりません。

香川県のブランド魚「オリーブはまち」を使ったづけ丼は、ボリュームたっぷり、はまちの脂と食感がたまりません。

 

香川の郷土料理「あん餅雑煮」をアレンジした不思議なパン

「道の駅 源平の里むれ」は、物販コーナーがとても充実しており、香川県の地場産品が所狭しと並んでいます。
地元の生産者さんが持ち込む新鮮な農産物や、地元の飲食店や製造会社の加工品などは、近所の人にも人気で、いつも多くのお客さんで賑わいます。

そんなたくさんの商品の中で、僕の目をひきつけて離さなかったのが2種類のパンです。

まずひとつめがこれ。

「讃岐のあん餅雑煮風パン」は香川県外の人には意味不明かと思います。

「讃岐のあん餅雑煮風パン」は香川県外の人には意味不明かと思います。

香川県の伝統的なお雑煮のスタイルとして、白味噌だしにあんこが入った餅を煮込んでいれている「白味噌あん餅雑煮」があり、これをパンにアレンジしたようです。
とても珍しいお雑煮ということで最近は知名度があがってきましたが、まさかこれをパンにアレンジするとは、香川県人の僕も初めて目にしたので、興味本位で買ってみたのです。
※「白味噌あん餅雑煮」に関しては、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

香川県讃岐國伝統「白味噌あん餅雑煮」とは?【「本場かなくま餅 福田」「エビスヤ本店」】

袋から出してみるとこんな感じ。

白いパンの上に青のりがトッピングされています。たしかに白味噌あん餅雑煮には青のりの香りがアクセントになります。

白いパンの上に青のりがトッピングされています。たしかに白味噌あん餅雑煮には青のりの香りがアクセントになります。

で、かじってみるとこんな感じ。

当然のあんこに、求肥がもち風の食感を出しています。

当然のあんこに、求肥がもち風の食感を出しています。

このパンがあん餅雑煮を想起させるかというと僕はハテナでしたが、もっちりした白パン生地に、求肥の食感に、あんこと白味噌と青のりの香り・風味のバランスが絶妙でした。
あとから調べてわかったのが、パンは米粉を使っているとのことで、独特のもっちり感は特徴的でした。
何よりあん餅雑煮をパンにアレンジしようとおもったチャレンジ精神を評価すべき商品だと思います。

 

緑色のヨーカンパン

もう1種類の不思議なパンがこれ。

「ヨーカンパン」という名前がついた緑色の不思議な物体です。

「ヨーカンパン」という名前がついた緑色の不思議な物体です。

ヨーカンパンというもの自体がなじみがないものかと思いますが、ごんのすけさんの記事によると、高知県西部や愛媛県南部では昔から食べられている、あんパンの上にヨーカンをぬったこれでもかと甘さを訴求してくるパンのようです。
※「ヨーカンパン」に関しては、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

「あんこonあんこ」の魅惑の甘味「羊羹パン」ほかおもしろパンの数々【道の駅「みしょうMIC」】

この記事で紹介されているヨーカンパンは普通の黒あん・黒羊羹ですが、ここで見つけたヨーカンパンはなぜか緑色。

袋から出してみるとこんな感じ。けっこう分厚く緑色の羊羹がぬられています。

袋から出してみるとこんな感じ。けっこう分厚く緑色の羊羹がぬられています。

かじってみると、なんと白あんが詰まっていました。

かじってみると、なんと白あんが詰まっていました。

甘いもの好きの僕にはたまらない組み合わせでしたが、なぜ緑色の羊羹に白あんだったのかはわからずじまい。
ヨーカンパンを知らない多くの人から見れば、ヨーカンパン自体が意味不明だとは思いますが、四国の甘いもの文化は底知れません。

「讃岐のあん餅雑煮風パン」と「ヨーカンパン」を並べて記念撮影。

「讃岐のあん餅雑煮風パン」と「ヨーカンパン」を並べて記念撮影。

 

「道の駅 源平の里むれ」には、このほかにも地元の産品がたくさん並んでいます。
お遍路の休憩がてら、地域ならではの珍しいものを物色してみるのもよいのではないでしょうか。

参考にこのパンを製造している会社のHPリンクも掲載しておきます。

有限会社木村屋製パン工場 HP: http://user.j-connect.net/kimuraya/

 

店名:  道の駅 源平の里むれ 物産品コーナー
営業時間: 3月〜11月:9:00〜18:00
12月〜2月:9:00〜17:00
定休日: 無休 ※臨時休業あり
住所: 香川県高松市牟礼町原631-7
電話: 087-845-6080
店HP: http://www.genpei-mure.com/

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

佐藤 崇裕

四国遍路情報サイト「四国遍路」を運営する株式会社四国遍路(http://shikokuhenro.co.jp/)の代表取締役。四国遍路の文化をより良い形で引き継いでいくために、四国遍路に新しい付加価値を生み出すべく日々奮闘中。