スポンサーリンク

 

遍路道の難所を指す時、お遍路さんがころげるようなきつい坂 という例えで 「遍路ころがし」と呼びます。
四国方々にそのような場所が存在するが、とりわけ11番藤井寺から12番焼山寺は、四国遍路最大の遍路ころがしと名高い。

難所である要素…

1番霊山寺からお四国参りを始めた場合、この時点で札所はまだ11番。
身体が不慣れなうちに挑むこと。

11番藤井寺から距離が12.5km。
山を3つ越えなければならず、12番焼山寺まで普通に歩くと6時間を要する。

道中やお寺付近に宿泊施設が無いので、焼山寺から約1時間下山したところにある集落 “鍋岩” へ必ず進まなければならない。

 

まず言えることは、11番藤井寺は朝一出発。
早ければ早いほど時間の貯金となる。

食糧・水分は必須。
道中に補給できるところは無いと考えた方が良い。

 

そんな厳しい道中だからこそ 雑音の多い俗世と離れ自分と向き合うことができるし、歩き切って焼山寺に着いた時の感動は他のどの手段よりも感動が大きい。

それでいて道中を歩かなければ見ること・会うことができないお大師さまがいらっしゃいます。

 

浄蓮庵、通称「一本杉大師」

一本杉の前に立つお大師さま

一本杉の前に立つお大師さま

“じょうれんあん” と読みます。
標高745mは焼山道最高地点。

地域の天然記念物に指定されている老杉

地域の天然記念物に指定されている老杉

左右内は “そうち” と読みます。
昭和29年に県指定の天然記念物になっています。

微笑み大師 とも呼ばれます

微笑み大師 とも称されます

高さは3メートルほどでしょうか。
大正15年に京都の河地幾太郎氏によって参道の石段と共に奉納されたもの。
自身手植えと伝わる老杉の前で、ここを通るお遍路さんを見守ります。

 

この道を歩かないと会うことができないお大師さま。
焼山寺道最高地点という地点であり、受けるインパクトが大きい場面でもあり…

歩き遍路をする上で最大の魅力 “道中” を何より感じることができる場所となっています。

 

こちらの場所の前後は どちらもきつい坂。
順で来ると手前の柳水庵からは登り続けると到着する場所となり、浄連庵(一本杉大師)からは左右内までどこまで下るのかというほどの下り坂。
左右内集落へ下り切ったところから12番焼山寺へは、緩むことのない登り坂。
四国最大の遍路ころがし・焼山寺道は、ここから先が佳境となります。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。