スポンサーリンク

 

8カ所の札所がある愛媛県最大都市「松山市」の打ち始めのお寺が46番札所「浄瑠璃寺」です。
境内には数々の奇石があり、それぞれに触れてご利益を祈願し、仏さまを身近に感じることができるお寺です。

「三坂峠」を下り「松山市」打ち始めのお寺

44番札所「大寳寺」45番札所「岩屋寺」がある久万高原から「三坂峠」を一気に下って、愛媛県最大都市「松山市」に入り、お大師さまが運んだといわれる「網掛石」を拝み、久谷町(くたにまち)の田園地帯を3kmほど進むと、8カ所の札所がある「松山市」打ち始めの46番札所「浄瑠璃寺」に到着します。
※「三坂峠」と「網掛石」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

「三坂峠」を一気に下り、お大師さまが運んだ巨石「網掛石」を見学【久万高原町→松山市】

「浄瑠璃寺」がある地域は、四国遍路の元祖といわれる「衛門三郎」の出身地とのことで、松山市出身の偉人「正岡子規」が詠んだ「永き日や衛門三郎浄るり寺」の句碑が、境内入口でお出迎えしてくれます。
※「衛門三郎」に関しては、徳島県の12番札所「焼山寺」近くの衛門三郎終焉の地「杖杉庵」の以下リンクの記事もぜひご覧ください。

「焼山寺」からの下りでは、四国遍路の元祖「衛門三郎」を偲ぶ【杖杉庵(じょうしんあん)】

石段左が「正岡子規」の句碑で、右の寺名石も含め、お寺の歴史の深さを感じる佇まいです。

石段左が「正岡子規」の句碑で、右の寺名石も含め、お寺の歴史の深さを感じる佇まいです。

 

「瑠璃光浄土」と樹齢1000年を越えるイブキビャクシン

「浄瑠璃寺」の起源は奈良時代以前にさかのぼり、和銅元年(807年)に行基菩薩が布教のためにこの地を訪れ、仏法を修行する適地として、白檀の木で薬師如来像を彫って本尊とし、脇侍に日光・月光菩薩、また十二神将を彫造して安置し、開創されたそうです。
「薬師如来」がおられる「瑠璃光浄土」から寺名を「浄瑠璃寺」、「薬師如来」の別名「医王如来」から山号を「医王山」をされたとのこと。

境内に入ると、参道に沿って古木が立ち並び、年季の入った幹に常緑樹の鮮やな緑色が迎えてくれます。
古木の中でも、イブキビャクシンの大木は樹齢1000年を超えるともいわれており、松山市の天然記念物にも指定されています。

古木の立ち並ぶ参道の奥に、ひっそりと隠れるように「本堂」が建っています。

古木の立ち並ぶ参道の奥に、ひっそりと隠れるように「本堂」が建っています。

常緑樹に囲まれた「本堂」は異国のような雰囲気を感じました。「本堂」の「内陣」に、創建当時の御本尊・脇侍が今も安置されているとのこと。

常緑樹に囲まれた「本堂」は異国のような雰囲気を感じました。「本堂」の「内陣」に、創建当時の御本尊・脇侍が今も安置されているとのこと。

 

奇石の数々に触れご利益祈願

「浄瑠璃寺」の見どころは、境内の数々の奇石で、それらに触れることにより、いろいろなご利益祈願ができます。

まず、お出迎えは手水鉢の「親子亀」と「カエル」です。亀さんとカエルさんのご利益は不明…

まず、お出迎えは手水鉢の「親子亀」と「カエル」です。亀さんとカエルさんのご利益は不明…

「浄瑠璃寺」手前で拝んできた、お大師さまが運んだといわれる「網掛石」がありましたが、ふたつあった石のひとつは「浄瑠璃寺」にありました。

お寺手前で拝んだ巨石「網掛石」に比べると、こちらの石は小さいです。

お寺手前で拝んだ巨石「網掛石」に比べると、こちらの石は小さいです。

そして、お釈迦さまが説法・修行されたインドの「霊鷲山」の石が埋め込まれている「説法石」もありました。

「おかけください」と書かれていたのですが、雨が降って濡れていたので遠慮させていただきました。

「おかけください」と書かれていたのですが、雨が降って濡れていたので遠慮させていただきました。

そして、ぜひともご利益祈願していきたいのが「仏手石」と「仏足石」です。

仏の両手に自分の手を重ねて祈る「仏手石」は、智恵や技能にご利益があるといわれています。

仏の両手に自分の手を重ねて祈る「仏手石」は、智恵や技能にご利益があるといわれています。

仏の両足を自分の足をハダシで合わせて祈る「仏足石」は、交通安全や健脚にご利益があるそうで、歩き遍路さんはぜひ祈願していきたいですね。

仏の両足を自分の足をハダシで合わせて祈る「仏足石」は、交通安全や健脚にご利益があるそうで、歩き遍路さんはぜひ祈願していきたいですね。

それほど大きくなくコンパクトな境内に、奇石がたくさんあり、それらに見て触れてご利益祈願ができる、体感型ともいえるお寺で、とても身近な印象を受けました。
写真でご紹介した以外にも、仏の指紋をなぞることで文筆達成・心身堅固を祈る「仏手華判」、人間に降りかかる九つの不慮の災難(死)を遠ざけるための加持を施した巨石「九横封じの石」、音楽・智恵・美貌・財宝・福徳に霊験があるとされひとつだけ願いをかなえてくれると伝えられる「一願弁天」など、たくさんの祈願所があることから「御利益のよろず屋」ともよばれているそうです。

 

南予のたくさんの峠を越えて「松山市」に入り、「浄瑠璃寺」でたくさんのご利益祈願をして、しばらくは市内歩行の平穏無事が続くことを期待しながら、すぐ近くの47番札所「八坂寺」に歩を進めます。

 

【46番札所】  医王山 養珠院 浄瑠璃寺(いおうざん ようじゅいん じょうるりじ)
宗派: 真言宗豊山派
本尊: 薬師如来
真言: おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
開基: 行基菩薩
住所: 愛媛県松山市浄瑠璃町282
電話: 089-963-0279

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。