四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路×サイクリング

広大な寺域の痕跡が残るお寺でミニ八十八ヶ所巡礼【80番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

スポンサーリンク   国分寺は80番目のお寺。とても印象的なミニ巡礼が用意されている広々とした境内には歴史を感じさせてくれる礎石。そして少しホッとした気分がする反面、終わりが見えてきて寂しい気持ちにも。
Continue Reading
遍路×サイクリング

果てしなく続く登り坂のあとに癒しの境内が待つ【65番札所「三角寺(さんかくじ)」】

65番札所三角寺へのどこまでも続く登り坂は、強いフラストレーションを感じたが、その先で得たものはそれを上回る幸せな気分だった。   あなたにおすすめ    四国遍路情報サイト「四国遍路」TOPページに
Continue Reading
遍路×サイクリング

自然の力を強く感じた参拝【44番札所「大寶寺(たいほうじ)」】

ミニベロでの四国八十八ヶ所霊場巡りがちょうど半分が終わった44番札所大寶寺にて、深いご縁と自然の不思議な力を感じることになった。
Continue Reading
遍路×レイライン

レイライン的な観点から見た札所の構造【香川県さぬき市エリア[86番札所「志度寺」]】

86番札所志度寺は、最初に「死渡道場」と命名され、寺の背景を成す海が浄土への入り口であるという思想を表していました。その思想は、現在の境内の建造物や配置にも色濃く残っています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「Life is HENRO(人生は遍路なり)」に込められた思い【80番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

80番札所讃岐國分寺では「Life is HENRO」というプライベートブランドを立ち上げ、バッグやTシャツなどをシリーズで販売しています。住職にブランドコンセプトについてお聞きしました。
Continue Reading
遍路×レイライン

白峯寺(第81番札所)と天皇寺(第79番札所)を結ぶ崇徳上皇の御霊鎮魂のレイライン【「ゆかりの地とレイライン」編】

崇徳上皇をどのように祀り、敬って、その霊を慰めたのか、レイライン的な観点から見ると、古の讃岐の人たちの優しい思いが浮き彫りになってきます。 それは四国のお遍路の伝統にも繋がる死者に寄り添う宗教文化に根ざしたものでしょう。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

香川県内最古といわれる古鐘に伝わる伝説【80番札所「国分寺(こくぶんじ)」】

創建は古く万葉の時代、聖武天皇の詔により全国各地に造営された国分寺。 讃岐國のそれは四国霊場第80番札所。 建造物は当時のものではないものの、後年の改修でも創建当時の伽藍の状態は古き良き佇まいを今に伝えています。
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまが悪龍を封じた「穴禅定」のお寺【別格3番札所「慈眼寺(じげんじ)」】

別格3番札所「慈眼寺」には、お大師さまが悪龍を封じ込めたと伝わる鍾乳洞があります。とても狭い穴を通り抜ける「穴禅定」は困難な修行ですが、様々なご利益をいただけると崇信者が多いです。
Continue Reading
四国別格二十霊場

宇和島城と対峙する伊達家ゆかりの40番奥の院【別格6番札所「龍光院(りゅうこういん)」】

別格6番札所「龍光院」は、愛媛県西南部の宇和島市にあり、お大師さまが四国霊場開創を発願した地であると伝わっています。宇和島藩初代藩主の伊達家ゆかりのお寺でもあり、のちの他寺の合併により40番奥の院にもなっています。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

重要文化財の宝庫のお寺の起源には「海女の玉取り伝説」あり【86番札所「志度寺(しどじ)」】

86番札所「志度寺」は、推古33年(626年)に創建されたと伝わる古刹で、広大な境内を有し、多くの重要文化財があるお寺です。 このお寺の起源に関わる「海女の玉取り伝説」が語り継がれ、海女の墓とされる史跡が現在も残っていま
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top