スポンサーリンク

 

15番札所「国分寺」を出発すると、すぐに大きな国道192号に出て、いよいよ徳島市の街中に入ってきた実感が湧いてきます。
16番札所「観音寺」では、「夜泣き地蔵」に遍路中にぐっすり眠れるように祈願していきましょう。

久々の市街地歩行

15番札所「国分寺」から16番札所「観音寺」までは、市街地を約2kmで、札所ラッシュが続いていきます。
大きな国道192号を通り、車の列、コンビニやスーパーマーケットも目に入り、これまでの山の中、川沿い、田園地帯とはまったく違った風景に、市街地に入ってきたなという実感が湧いてきます。
普段の生活の中では、このような市街地に暮らし、24時間どこでもなんでも便利にできるのが当たり前になっているのに対して、遍路での違った景色や不便さを経験すると、どちらの方が自分にとって自然なのか、迷いも生じたように思います。

そんな市街地から一本脇に入った旧街道を進むと、これまた突然立派な山門が出現し、「観音寺」に到着です。
今までが田舎道ばかりだった分、市街地にいきなり山門は違和感を感じます。
でも、このあたりも昔はこんな環境ではなかったんだろうと想像しました。

和様重曹の歴史を感じる鐘楼門です。少し遠くから眺めたいのですが、細い道で建物が密集して真下から撮影。

和様重曹の歴史を感じる鐘楼門です。少し遠くから眺めたいのですが、細い道で建物が密集して真下から撮影。

 

「夜泣き地蔵」に遍路中のぐっすり睡眠を祈願

「観音寺」の見どころは、ずばり「夜泣き地蔵」です。
鐘楼門をくぐって右側、大師堂との間にいらっしゃって、歴史を感じる石の祠に囲まれています。

このお地蔵さま、その名のとおり、子どもの夜泣きを止めてくれて、健康や成長、病気が治ることを祈願するとよいとのこと。
ご利益をあずかった方が、子どものよだれかけを奉納するそうです。

この日もかわいらしいよだれかけがかかっていました。

この日もかわいらしいよだれかけがかかっていました。

子どもだけではなく、ぐっすり眠れることを祈願すると、ご利益があるそうです。
歩き遍路だと毎日極度の疲労で嫌でも眠ってしまうという方も多いとは思いますが、野宿なんかをすると環境によっては眠れないこともしばしば。
睡眠が十分でないと、疲労が回復しないのをこれからの道のりで体験することもあるはずです。
この「夜泣き地蔵」に遍路中のぐっすり睡眠を祈願されることをオススメします。

本堂横のかわいらしいお大師さまに見送られながら、さらに徳島市街中心部に歩を進めていきます。

札所でお大師さまを巡り合うことが増えてきますが、いろいろなお大師さまがいらっしゃいます。

札所でお大師さまを巡り合うことが増えてきますが、いろいろなお大師さまがいらっしゃいます。

 

 

【16番札所】  光耀山 千手院 観音寺(こうようざん せんじゅいん かんおんじ)
宗派: 高野山真言宗
本尊: 千手観世音菩薩
真言: おん ばざらたらま きりく そわか
開基: 弘法大師
住所: 徳島県徳島市国府町観音寺49-2
電話: 088-642-2375

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。