【5番札所地蔵寺】昔懐かしい手作り飴屋さんとイチョウの巨木

スポンサーリンク

5番札所地蔵寺の境内で一際目を引いたイチョウの巨木。その実の香りは季節の訪れを知らせていた。門前ではノスタルジックな手作り飴との出会いがあった。

 

ちょっと急な坂道制覇後の手作り飴屋さん

坂の上にある4番札所大日寺でのお参りを済ませたら、登ってきた坂道を一気に下る。広い道で車もほぼ見当たらないタイミングだったためとても気持ちよかったが、登りの後のリバウンド(?)か、ずいぶん爽快に下り坂を駆け下りすぎ、勢い余って下り坂終盤あたりに位置する5番札所地蔵寺を一瞬通り過ぎてしまった。Uターンをして改めて地蔵寺境内入り口あたりに自転車を停める。
門前では、ご主人自らが製造しているという昔懐かしい手作り飴のお店が出店していて、様々な種類の飴が目を引く。4番札所大日寺に登る坂道でやや体力を消耗したこともあり、なんだか甘いものが食べたくなってきた。生姜飴、はたまた見たことのないような手作りの飴のラインナップ。気の良さそうなご主人と他愛もない話をしながらしばらく選んだのち、みかんの飴を購入。いわゆるクオリティーの高い果汁たっぷりの飴、というようなものとはかけ離れた朴訥な風味、だけどどこか記憶の片隅に残っている、昔子どもの時にどこかで食べたことのあるような味。近頃はもう、ほとんど出会うことのできなくなったノスタルジックな味だった。匂いや味覚というのは不思議なもので、まるでタイムスリップしたかのような、そんな一種懐かしい感覚を覚えた。

ミニベロ遍路 地蔵寺飴屋

昔ながらの飴屋さん

 

銀杏の巨木

5番札所地蔵寺の境内へ入ると、目に真っ先に飛び込んでくるのが大きなイチョウの大木だ。何よりこのイチョウの木がとても印象的だった。お堂など、寺院における構成物の配置バランスも実に整った境内だが、ある意味そのバランスに一矢報いるような強烈な印象を与えるサイズ。たまたま9月末という季節柄、すでにいくか落ちてきた実が、あの独特の香りを放ち、秋の訪れを感じさせてくれるとともに記憶に強く刻まれた。もしも、季節的なタイミングがもう少し後であれば、鮮やかな黄色に色づいたこの木がまた別の地蔵寺の印象を作り、残してくれるのだと思う。いつかまた、その時期に再度訪れてみたいと感じながら、地蔵寺の山門を後にした。

ミニベロ遍路 地蔵寺大銀杏

地蔵寺の大銀杏

 

【5番札所】 無尽山 荘厳院 地蔵寺(むじんざん しょうごんいん じそうじ)
宗派:真言宗御室派
本尊:延命地蔵菩薩(勝軍地蔵菩薩)
真言:おん かかかび さんまえい そわか
開基:弘法大師
住所:徳島県板野郡板野町羅漢字林東5
電話:088-672-4111

この記事を書いた人

田村啓
訪日外国人観光客向けにユニークな日本文化体験を提供する株式会社TABIKYO JAPAN(https://www.tabikyo-japan.com/)のCEO。世界70ヶ国以上を旅し、貿易業務で南米に7年間滞在した経験を活かし、グローバル視点で日本の精神文化を世界に広める活動を推進している。