四国遍路情報サイト「四国遍路」
四国別格二十霊場

お大師さまが幼少期に学んだ学業成就のお寺【別格2番札所「童学寺(どうがくじ)」】

スポンサーリンク   別格2番札所「童学寺」は、お大師さまが幼少期に書道や密教を学んだと伝わり、学業成就のご利益で知られるお寺です。「いろは歌」の創作や硯の水を求めた御加持水など、お大師さまゆかりのものがたくさ
Continue Reading
遍路道

遍路の父「真念」のお墓がある源平合戦ゆかりの番外霊場【洲崎寺(すさきじ)】

84番札所「屋島寺」から85番札所「八栗寺」に向かう途中の「洲崎寺」には、「遍路の父」と呼ばれる「真念」のお墓があります。 平安時代の源平合戦とのゆかりも深いお寺で、ぜひ立ち寄っていただきたい番外霊場のひとつです。 &n
Continue Reading
遍路×サイクリング

海に近い志度寺周辺をサイクリング!【香川県さぬき市大串半島】

今回は86番札所「志度寺」周辺のサイクリングコースをご案内致します。 海に近く、歴史ある建物が残る志度の街を走り抜けて大串半島までのコースです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

重要文化財の宝庫のお寺の起源には「海女の玉取り伝説」あり【86番札所「志度寺(しどじ)」】

86番札所「志度寺」は、推古33年(626年)に創建されたと伝わる古刹で、広大な境内を有し、多くの重要文化財があるお寺です。 このお寺の起源に関わる「海女の玉取り伝説」が語り継がれ、海女の墓とされる史跡が現在も残っていま
Continue Reading
遍路B級グルメ

登録有形文化財のお屋敷でいただく登録商標「ざるぶっかけ」は一流の品格【うどん本陣 山田家】

85番札所「八栗寺」へ向かう途中の遍路道には、一際目を引く立派なお屋敷があります。 ここは実はうどん屋の「うどん本陣 山田家」で、登録有形文化財のお屋敷で食べる登録商標「ざるぶっかけ」は一流の品格がただよっていました。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

重要文化財の「本堂(金堂)」と回遊式日本庭園「巍巍園」が見どころ【69番札所「観音寺(かんのんじ)」】

68番札所「神恵院」と境内を同じくする69番札所「観音寺」の本堂(金堂)は、室町時代の部材を用いて江戸時代に建立された重要文化財です。 室町時代作庭の回遊式日本庭園「巍巍園」もお見逃しなく。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

小川を渡って山門をくぐれば見事な庭園が広がる静謐なお寺【48番札所「西林寺(さいりんじ)」】

48番札所「西林寺」は、お寺の前に小川が流れ、小さな橋を渡って、山門をくぐれば、見事な庭園が広がり、静謐な空気が流れるお寺です。 お大師さまゆかりの清水の伝説が残る「杖ノ淵」が奥の院です。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

赤亀さんが竜宮城から梵鐘を背負って帰ってきた土佐の國最後の札所【39番札所「延光寺(えんこうじ)」】

土佐の國最後の39番札所「延光寺」は、赤亀さんが竜宮城から梵鐘を背負って帰ってきた伝説が残るお寺です。お寺にたくさんいる亀さんをしっかり拝んで、「修行の道場」を締めくくります。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

12万平米の大境内に広がる見事な石庭は補陀落への入口【38番札所「金剛福寺(こんごうふくじ)」】

足摺岬にある38番札所「金剛福寺」は、境内が12万平米もある大道場で、四国霊場屈指の石庭が広がっています。そして、はるか南方にあるとされる観音浄土「補陀落」に渡海する入口でもあったのです。
Continue Reading
四国八十八ヶ所霊場

「よさこい節」の舞台で文殊の知恵は授かれたのだろうか【31番札所「竹林寺(ちくりんじ)」】

高知県の有名な民謡「よさこい節」の舞台は31番札所「竹林寺」なのです。四国霊場で御本尊が唯一「文殊菩薩」のお寺で、遍路路に必要な知恵を授かりたいものです。
Continue Reading
12

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top