スポンサーリンク

 

札所では本堂・大師堂は参拝でしっかり見るものですが、それ以外の見どころは見落としがち。
ということで、3番札所「金泉寺」でぜひ見ておいていただきたい「倶利伽羅龍王(くりからりゅうおう)」をご紹介します。

一般的な「金泉寺」の見どころ

一般的に「金泉寺」の見どころとされているのは、お寺の名前の由来にもなっている「黄金の井戸」です。
弘仁年間(810年 – 824年)に空海がお寺を訪れた際、日照りによる水不足に苦しむ住民のために井戸を掘り、ここから「黄金井の霊水」が湧出したとされることから「金泉寺」に寺号があらためられたといわれています。
「長寿をもたらす黄金の井戸」 とされていて、覗いて顔がきれいにうつれば長寿、うつらなかったり、ボヤけていると病気や事故に注意する必要があるそうです。

また、源平合戦とも関連があり、寿永4年(1185年)の2月に屋島(香川県。屋島の合戦。)に向かう途中の源義経が必勝祈願の為に立ち寄ったといわれ、戦勝祈願をしたとされる観音堂は「勝運観音」と呼ばれていたり、武蔵坊弁慶に力試しのために持ち上げさせたといわれる「弁慶の力石」も残っています。

 

倶利伽羅龍王(くりからりゅうおう)の迫力

一般的な見どころにはなっていないようですが、私が注目したのは倶利伽羅龍王です。
まずは写真でご覧ください。

剣に龍が巻き付く様子に異様さと迫力を感じました。

剣に龍が巻き付く様子に異様さと迫力を感じました。

 

倶利伽羅龍王というのは、不動明王が右手に持つ剣に龍が燃え盛る炎となって巻き付いていて、仏教の根本的な3つの煩悩「貪・瞋・癡(とん・じん・ち)」を打ち破る象徴とされているそうです。

本堂・大師堂の間に鎮座されていますので、ぜひお見逃しのなきよう。
お遍路で煩悩を打ち払えるかはわかりませんが、その象徴とされる倶利伽羅龍王の迫力に思いをはせるのは貴重な経験になると思います。

 

朱塗りの「仁王門」「多宝塔」は見ごたえ十分

その他にも見ごたえ十分の「金泉寺」。

たどり着いて、まず圧倒されるのは「極楽寺」に引き続きの見事な朱塗りの「仁王門」です。

朱塗りの見事な仁王門の中には、威圧感のある阿吽の金剛力士像。

朱塗りの見事な仁王門の中には、威圧感のある阿吽の金剛力士像。

 

本堂奥の同じく朱塗りの橋を渡った先の「多宝塔」も立派な佇まい。

金泉寺多宝塔

朱塗りの石段橋のアプローチと多宝塔のバランスに絶妙に感じました。

 

序盤の札所は、参拝で精一杯になりがちですが、札所内の見どころや歴史に触れながら、お遍路を楽しんでいただければと思います。

 

【3番札所】  亀光山 釈迦院 金泉寺(きこうざん しゃかいん こんせんじ)
宗派: 高野山真言宗
本尊: 釈迦如来
真言: のうまく さんまんだ ぼだなん ばく
開基: 行基菩薩
住所: 徳島県板野郡板野町大寺字亀山下66
電話: 088-672-1087

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。