7番札所「十楽寺」では、「不動明王」と「愛染明王」の明王二仏の迫力が見ものです。
お遍路まわりで、なぜか不動明王様に常に引きつけられ続けました。

慰霊と平和を願う「不動明王」

6番札所「安楽寺」を出発すると1km少しの短い距離で7番札所「十楽寺」に到着します。

札所巡りで、なぜか「不動明王」に興味を持ち、いろいろな札所で写真を撮ったりしたのですが、「十楽寺」の「不動明王」もそのひとつです。
あとから思い起こせば、3番札所「金泉寺」の「倶利伽羅龍王」がきっかけだったような気もしています。

「十楽寺」の「不動明王」は以下写真のようなかなりいかつい様相。

にらみ見下ろされているようで、かなりの迫力です。

にらみ見下ろされているようで、かなりの迫力です。

 

この「不動明王」は、脇の石碑にもあるように、太平洋戦争の特攻飛行で亡くなった予備学生の慰霊と、平和や交通安全を願うために安置されたそうです。

境内からは少し外れた場所にいらっしゃるのですが、不動明王様にはなぜか引きつけられるようで、見逃しませんでした。
「十楽寺」を訪れる際は、ぜひ「不動明王」の前で、平和を祈願して、次の札所に向かってほしいものです。

 

縁結び・家庭円満の「愛染明王」

「十楽寺」には、もう一仏の明王が安置されており、それが「愛染明王」です。

山門をくぐった先の中門・遍照殿の中に入ることができるようになっており、そこに安置されており、間近で参拝できます。

山門をくぐった先の中門・遍照殿の中に入ることができるようになっており、そこに安置されており、間近で参拝できます。

 

「愛染明王」もなかなか厳しい表情をされていて、炎と太陽を想起させる赤い体で煩悩を焼き尽くし、3つの目で過去・現在・未来の全ての世界を見通し、6本の腕で悪者を払うといわれています。

煩悩のひとつである「愛欲」を悟りに変える力を持つそうで、縁結び・家庭円満のご利益があるそうです。

二人の明王が厳しい表情やいかつい様相をされているのは、悪や煩悩を払うためなのです。
けして怒られているわけではないようで安心しました。

 

近代的な建物の宿坊も有名な「十楽寺」

6番札所「安楽寺」から引き続き、立派な宿坊でも有名です。
建物が近代的で、ほぼビジネスホテルのような設備とのこと。
打ち始めてから初日宿泊として、6~7番札所あたりが時間や距離がちょうど良いので、重宝されているようですね。

お寺の宿坊のイメージとはちょっと違うかも…の近代的な建物。

お寺の宿坊のイメージとはちょっと違うかも…の近代的な建物。

宿坊と本堂が渡り廊下でつながっており、お勤めへの配慮もされているようです。

本堂はこんな感じ。宿坊と本堂が渡り廊下でつながっており、お勤めへの配慮もされているようです。

 

明王二仏に、悪や煩悩を払っていただき、以後の遍路旅の安全を願い、次の札所にゆっくり進んでください。

 

【7番札所】  光明山 蓮華院 十楽寺(こうみょうざん れんげいん じゅうらくじ)
宗派: 高野山真言宗
本尊: 阿弥陀如来
真言: おん あみりた ていせいから うん
開基: 弘法大師
住所: 徳島県阿波市土成町高尾字法教田58
電話: 088-695-2150

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。