50番札所「繁多寺」は、伊予國出身の「時宗」の開祖「一遍上人」が逗留し「浄土三部経」を奉納したお寺です。
江戸時代には徳川家の帰依を受け、四代将軍「家綱」の念持仏であったといわれる「歓喜天」がまつられています。

墓地の中を通って「淡路ヶ峠」の中腹へ

49番札所「浄土寺」を出発し、県道40号を少し進むと、進行方向右側の山方向に導く古い遍路石があり、そのすぐ先には「墓地」が広がり、通り抜けるのをためらいながら進みました。

遍路道であることをこれだけはっきりと書いてくれていなかったら、道間違いだと思って引き返してしまうと思います。

遍路道であることをこれだけはっきりと書いてくれていなかったら、道間違いだと思って引き返してしまうと思います。

住宅街をぬけ、短距離ながらも急な坂をのぼると、山の中腹の池のほとりののどかな風景の中に溶け込むように50番札所「繁多寺」があります。
お寺の後ろにそびえる「淡路ヶ峠」という山で、「あわじがとう」と読み、峠ではなく山名なのです。
江戸時代の武将「林淡路守道起」の砦がこの山にあったことが山名の由来になっているそうです。

池と山に抱かれるように「繁多寺」が建っています。

池と山に抱かれるように「繁多寺」が建っています。

お寺は標高80mほどのそれほど高い場所にあるわけではないのですが、松山市街やその先の瀬戸内海まで一望できる景色を楽しむのに絶好のロケーションで、山の豊かな自然に抱かれた境内は「景観樹林保護地区」にも指定されているほどです。

苦労して登っても下界の景色を見ることができない山寺札所が多い中で、「繁多寺」はほとんど苦労することなく、景色を楽しむことができます。

苦労して登っても下界の景色を見ることができない山寺札所が多い中で、「繁多寺」はほとんど苦労することなく、景色を楽しむことができます。

このあたりの現在の地名は「畑寺(はたでら)」といいますが、「繁多寺」と豊かな土地で畑が多かったことがかけあわされているという説があるそうです。
ちなみに「繁多寺」という珍しい寺名は、開創時に天皇から数流の旛を賜ったので「旛多寺」となり、それが変化して「繁多寺」になったといわれています。

 

伊予國出身の「時宗」の開祖「一遍上人」ゆかりのお寺

「繁多寺」は、伊予國出身の「時宗」の開祖「一遍上人(いっぺんしょうにん)」ゆかりのお寺としても知られています。
「一遍上人」は、鎌倉時代に伊予國の豪族「別府通広」の第2子として「道後温泉」の近くで生まれ、浄土教の布教活動を行い、「時宗」を開祖したことで有名です。
修行や布教で全国をまわっていましたが、地元の伊予國に戻った際に「繁多寺」にも逗留し、「浄土三部経」を奉納したそうです。

「遊行上人」「捨聖」とも呼ばれた「一遍上人」ゆかりの由緒正しきお寺です。

「遊行上人」「捨聖」とも呼ばれた「一遍上人」ゆかりの由緒正しきお寺です。

元禄9年(1696年)に建立された鐘楼には、「御伽草子」の挿絵24枚が天井画になっています。

元禄9年(1696年)に建立された鐘楼には、「御伽草子」の挿絵24枚が天井画になっています。

山門前の寺名石は、千回お接待をした記念に寄贈したものだそうです。

山門前の寺名石は、千回お接待をした方が記念に寄贈したものだそうです。

 

四代将軍「家綱」の念持仏であったといわれる「歓喜天」

江戸時代には徳川家の帰依を受け、四代将軍「家綱」が念持仏としていた3体のうちの「歓喜天」が、「本堂」横の「聖天堂」にまつられており、「厄除け」「夫婦和合」「商売繁盛」などにご利益があるといわれ、多くの祈願者が訪れます。

徳川家の帰依をうけたことにより、隆盛を極めたようですが、現在はとても静かでのどかな雰囲気のお寺です。

徳川家の帰依をうけたことにより、隆盛を極めたようですが、現在はとても静かでのどかな雰囲気のお寺です。

 

「淡路ヶ峠」からの景色や、のどかな境内に癒され、鎌倉時代から江戸時代にかけてのお寺の隆盛を思い浮かべながら、いよいよ松山市の中心部へと歩を進めていきます。

 

【50番札所】  東山 瑠璃光院 繁多寺(ひがしやま るりこういん はんたじ)
宗派: 真言宗豊山派
本尊: 薬師如来
真言: おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
開基: 行基菩薩
住所: 愛媛県松山市畑寺町32
電話: 089-975-0910

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。