18番札所「恩山寺」は、弘法大師の母「玉依御前」ゆかりのお寺です。
立派な修行大師像にお母さん想いのエピソードを学びますが、実はこのお大師さまに後ろからご挨拶してお寺に入っていくのです。

女人禁制のお寺に母を迎える

18番札所「恩山寺」は、奈良時代に聖武天皇の勅願で、行基菩薩が薬師如来像を安置し、災厄悪疫を救う女人禁制の道場として創建されたとのことです。

延暦年間(782〜806年)に、空海がこの寺で修行をしていた際に、母「玉依御前」がこの地に訪ねてきたが、女人禁制のためお寺に入ることができなかったが、空海が17日間滝に打たれる修行により秘法を修め、女人解禁の祈願を成就したことにより、母を迎え入れることができたといいます。
母は剃髪をして、その髪を奉納されたことから、空海が山号寺名を「母養山恩山寺」と改めたそうです。
お母さん想いのお大師さまのエピソードに、ほっこりした気分になります。

お寺の入口にはしっかりと「弘法大師御母公 玉依御前 ゆかりのお寺」と表示。写真奥のお堂が剃髪所跡とのことです。

お寺の入口にはしっかりと「弘法大師御母公 玉依御前 ゆかりのお寺」と表示。写真奥のお堂が剃髪所跡とのことです。

 

お大師さまに後ろから「こんにちは」

お寺の入口には、立派な修行大師像が建っており、お母さんとのエピソードと合わせて、お大師さまに想いを馳せるのですが、歩き遍路さんはこのお大師さまに後ろからご挨拶することになるのです。

いろいろなお寺の修行大師像の中でも、指折りの堂々とした佇まいに感じました。

いろいろなお寺の修行大師像の中でも、指折りの堂々とした佇まいに感じました。

恩山寺手前にある道案内版が以下の写真ですが、歩きは舗装路に沿った山斜面の未舗装路を進みますが、お寺入口で舗装路と未舗装路が相対して合流する形になっており、お大師さまの後ろ姿をみつめながらお寺に入るのです。

お寺までそれほど距離はありませんが、油断するとけっこうハードな登り坂。私は汗が吹き出しました。

お寺までそれほど距離はありませんが、油断するとけっこうハードな登り坂。私は汗が吹き出しました。

お大師さまの後ろから「こんにちは」

お大師さまの後ろから「こんにちは」

あとの時代からできたものは、歩き遍路さんメインにはなっていませんね。
でも、後ろ姿を眺められるのもなかなかよいものではあるのです。
歩き遍路の特別感を味わうことができます。

 

牛舎?私有地?

さらに先ほどの案内板で注目すべきところがもうひとつあるので、もう一回写真を見てください。

「恩山寺」から「立江寺」に向かう方向の黄色のエリアです。

「恩山寺」から「立江寺」に向かう方向の黄色のエリアです。

なんと、「牛舎」「私有地」の表示があり、「歩き遍路道の黄色の区間は地元樋冨様の私有地です。牛の伝染病対策として牛舎に近づかないよう通過下さい」とのこと。
歩き遍路ならではの希少体験に、お寺のあとの道が気になって、参拝がおろそかになりそうでした。

参拝後、お寺からすぐの実際の牛舎は以下の写真です。

当たり前ですが、牛さんは静かに迎えていただきました。私有地を歩き遍路さんに開放してくれているのもありがたい。

当たり前ですが、牛さんは静かに迎えていただきました。私有地を歩き遍路さんに開放してくれているのもありがたい。

牛舎通過後の竹林やみかん畑の畦道など、とても風情があってよい遍路道なので、写真でご紹介。

静かな竹林の中は、気持ちが落ち着きます。整備がいきとどいていて、足元はふかふか。

静かな竹林の中は、気持ちが落ち着きます。整備がいきとどいていて、足元はふかふか。

完全に畑の中の道。これも公道ではないですよね。

完全に畑の中の道。これも公道ではないですよね。

この道は、歩き遍路を気軽に体験するのにちょうどよいなと思っていたら、ウォーキング大会らしき隊列とすれ違い、皆さんとご挨拶。
みかん畑の先の畦道沿いの家からはあめちゃんのお接待。
お遍路文化が定着していて、歩き遍路をしていることを実感できるとてもありがたい道のりです。

「ご苦労さまです」と声をかけていただき、このあたりではお遍路さんが当たり前の文化として根付いていることをさらに印象付けられます。

「ご苦労さまです」と声をかけていただき、このあたりではお遍路さんが当たり前の文化として根付いていることをさらに印象付けられます。

 

18番札所「恩山寺」では、お大師さまの母とのエピソードを学びながら、お寺前後の歩き遍路道を存分に堪能してください。

 

 

【18番札所】  母養山 宝樹院 恩山寺(ぼようざん ほうじゅいん おんざんじ)
宗派: 高野山真言宗
本尊: 薬師如来
真言: おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
開基: 行基菩薩
住所: 徳島県小松島市田野町字恩山寺谷40
電話: 0885-33-1218

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。