【75番札所善通寺・西院】総本山善通寺の御影堂のお話

スポンサーリンク

広大な境内を有する第75番善通寺では、東院の金堂をお参りした後、西院へ移ります。 ここでは大師堂と言わず、別の名称で呼ばれます。

 

善通寺西院の御影堂

善通寺 御影堂(大師堂)

御影堂(大師堂)

四国八十八ヶ所第75番・善通寺の御影堂(みえどう)。 大きく二区画分かれている善通寺境内のうち、東院の金堂に対して 西院の御影堂、すなわち大師堂にあたる建物です。

弘法大師御誕生所の扁額

「弘法大師御誕生之場」の扁額

774年(宝亀5年)、讃岐國多度郡屏風ヶ浦(さぬきのくにたどのこおりびょうぶがうら)に生まれた真魚(まお)。 後の弘法大師・空海はこの場所で誕生したと伝えられる。

善通寺 御影堂

御影堂

善通寺では大師堂の事を御影堂(みえどう) と呼ぶが、それには理由がある。

 

木に登り、池に姿を映し…

善通寺 御影の池

御影の池

御影堂の向かい、お大師さまたちが祀られている池の背後、松が並んでいる場所があります。 こちらの松並木は後年の植栽で、大師当時のものはこちら↓

善通寺 御影の松

御影の松

後年枯れてしまい、今は幹が保存されている。

善通寺 御影の松 説明

御影の松 説明

804年(延暦23年)、遣唐使として唐に渡ることを両親に告げたところ、危険な旅路であることとその身を案じ大変悲しまれた。

そこで自身にもしものことがあってはいけないと、ある日の夕刻、池のほとりにあった松の木に登り、夕陽を受けて池に顔を映し自画像を描き形見とした。

その自画像は後年、土御門天皇(つちみかどてんのう / 1196-1231年)の時代に「瞬目大師(めひきだいし)」 の尊号を賜り、丁重に祀られた。 御影(おすがた)が祀られたことから、ここでは大師堂を御影堂と呼ぶようになった。

善通寺 御影の池

御影の池

左 : 佐伯田公(さえきのたぎみ) 後の善通(よしみち)。善通寺は父の名を取って名付けられた。

中 : 弥勒菩薩(みろくぼさつ)

右 : 玉依御前(たまよりごぜん) 阿刀(あと)氏一族の出身。空海18歳の上京(京都)は阿刀氏の援助によるところが大きい

 

広大な寺域を有する善通寺では、このような大師若かりし頃のエピソードが数多く伝わっています。

※善通寺の東院をご紹介している以下リンクの記事も合わせてぜひご覧ください。

【75番札所善通寺・東院】総本山善通寺は大門から入ることがおすすめ

 

四国遍路情報サイト「四国遍路」を運営する株式会社四国遍路では、総本山善通寺と共同で、善通寺をより詳しくご紹介し、楽しんでいただくことができるツアープランをご提供しています。 ツアーの様子を撮影した以下動画をぜひご覧ください。 ツアーの詳細情報は、以下リンクのページに掲載しています。

善通寺つくり旅 ~総本山善通寺編~

 

【75番札所】 五岳山 誕生院 善通寺(ごがくざん たんじょういん ぜんつうじ)
宗派:真言宗善通寺派
本尊:薬師如来
真言:おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
開基:弘法大師
住所:香川県善通寺市善通寺町3-3-1
電話:0877-62-0111

この記事を書いた人

野瀬 照山
四国遍路案内人・先達。四国八十八ヶ所結願50回、うち歩き遍路15回。四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「だんらん旅人宿そらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。