65番三角寺から古の遍路道を越えてたどり着いた奥の院「仙龍寺」
四国別格20霊場の13番札所でもあります。

前回の記事で65番三角寺から奥の院「仙龍寺」への道のりをご紹介しました。
※「仙龍寺」への遍路道の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

奥の院と呼ばれる古刹へ 【別格13番札所「仙龍寺(せんりゅうじ)」への遍路道】

そして、たどり着いた「仙龍寺」の本堂はこのような様子でした。

仙龍寺本堂

仙龍寺本堂

どこか古旅館のような佇まい。
険しい山越えを経て迎えるお堂は、感慨深いものがあります。

仙龍寺扁額

仙龍寺扁額

仙龍寺入口

仙龍寺入口

中に入らせてもらい、お参りさせてもらいます。
本堂は2F、レッドカーペットをたどっていった先。

2F廊下

2F廊下

真ん中を右に行ったところが納経所→本堂。
かつては毎夜「参籠(さんろう)」が行われていた場所。
最盛期には数百人が泊まる夜もあったという。
大勢で上げる読経は、さぞ迫力のあるものだったことでしょう。

1F廊下

1F廊下

お参りを終えて1Fへ下りてきました。
古い旅館の渡り廊下のような、昔昔の古い校舎のような。

厠の清め

厠の清め

トイレ自体は水洗ですが、手洗いは山の水が引かれていて それを柄杓で汲んで、持ち替えて反対の手を清める。
この水は上流で清滝として流れ落ちるもの。

巨大な土台の上に立つ

巨大な土台の上に立つ

立地上、宿泊できることが求められたため、建物が巨大化していった。
コンクリート土台の竣工は昭和9年、日本では満州国が建国された年。
世界が大きな戦争へ向かう中で、この山中で大きな工事が行われ、静かに信仰が守られてきました。

現在は基本的に宿泊を受けつけておらず、お寺の雰囲気を感じることができるのは日中だけです。

下から見上げたところ

下から見上げたところ

古いお寺よりもっと古い杉たちに見守られ、時を刻んできました。

今は静かなこの場所に来ると、ずっと居たくなるような落ち着きを得ることができて、かつての巡礼の文化や歴史を感じることができます。

麓のバス停

麓のバス停

「仙龍寺」に来るには自家用車で訪れるのが一般的。
徒歩の順路とは異なり、麓に車を停めて寺を見上げながら坂・階段を上がってきます。

徒歩で訪れる場合、同じく歩いて戻る場合は出発前から時間に余裕をもって出るようにしてください。
65番三角寺に車を停めて、片道徒歩・片道タクシーという方法もあります。
寺にタクシーが待機しているわけでなく、呼んでもすぐには来れないので、寺に近づいてある程度時間が読めたところで電話するのがコツです。

写真にあるバスについては、あまりお勧めできません。
コミュニティバスなので便が少ないのと、曜日によって運休があります。
インターネットでバスのダイヤを調べようにも、すんなり出てこない印象です。

このように、訪れるには不便な65番三角寺奥の院「仙龍寺」ではありますが、古の遍路道を通り、かつてのお遍路さんの巡礼文化を色濃く残す古刹であり、ぜひ訪れてみていただきたいお寺のひとつです。

 

【別格13番札所】  金光山 遍照院 仙龍寺(きんこうざん へんじょういん せんりゅうじ)
宗派: 真言宗大覚寺派
本尊: 弘法大師
真言: 南無大師遍照金剛
開基: 法道仙人
住所: 愛媛県四国中央市新宮町馬立1200
電話: 0896-72-2033

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。