四国遍路情報サイト「四国遍路」
遍路道

四国八十八ヶ所奥の院と称される大寺院【與田寺(よだじ)】

香川県東部の東かがわ市に「四国八十八ヶ所奥の院」 と称される寺院「與田寺」があります。 中務茂兵衛の標石では「弘法大師御再来遺跡」と紹介されている名刹です。
Continue Reading
遍路道

中務茂兵衛、生きて四国遍路を回った証、最後の標石【「三宝寺」門前編】

第88番大窪寺を出て、香川・徳島の県境をかすめ、しばらく進んだ先、香川県東かがわ市の三宝寺の門前。 中務茂兵衛最晩年の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

標石から読み取れる四国と九州の繋がり【別格6番札所「龍光院」参道】

四国八十八ヶ所の番外霊場にして、第40番奥の院、別格二十霊場第6番札所など。 宇和島市街地中心に位置し日々多くの参拝者で賑わう「龍光院」ですが、参道傍に中務茂兵衛の標石が残されています。
Continue Reading
遍路道

夢枕に現れる不動明王のおはなし【70番札所奥の院「妙音寺(みょうおんじ)」】

香川県西部・西讃(せいさん)と呼ばれる地域。 70番本山寺と71番弥谷寺の遍路道中に讃岐國最古と伝わる寺院があり、お願いごとをすると夢の中に現れてお告げを与えてくれる仏さまが祀られています。
Continue Reading
遍路×レイライン

倭迹迹日百襲姫の源流を示す讃岐のレイライン【「大窪寺」編】

八十八番結願札所大窪寺。 深山に抱かれたこの山寺から海へと続く巡礼路は、日本神話の大物主との神婚譚で名高い倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)と讃岐との関係の深さを示すレイラインが潜んでいます。
Continue Reading
遍路×レイライン

八栗寺のレイラインと庵治半島の聖地【85番札所「八栗寺」周辺】

香川県高松市周辺のほとんどの場所から拝め、その特徴的な山容が印象に残る五剣山。この五剣山は第八十五番札所・八栗寺をその中腹に擁し、さらに様々な聖地がランドマークとしています。
Continue Reading
四国別格二十霊場

お大師さまが悪龍を封じた「穴禅定」のお寺【別格3番札所「慈眼寺(じげんじ)」】

別格3番札所「慈眼寺」には、お大師さまが悪龍を封じ込めたと伝わる鍾乳洞があります。 とても狭い穴を通り抜ける「穴禅定」は困難な修行ですが、様々なご利益をいただけると崇信者が多いです。
Continue Reading
四国別格二十霊場

宇和島城と対峙する伊達家ゆかりの40番奥の院【別格6番札所「龍光院(りゅうこういん)」】

別格6番札所「龍光院」は、愛媛県西南部の宇和島市にあり、お大師さまが四国霊場開創を発願した地であると伝わっています。 宇和島藩初代藩主の伊達家ゆかりのお寺でもあり、のちの他寺の合併により40番奥の院にもなっています。
Continue Reading
四国別格二十霊場

山奥深く清滝をいだく仙人の住処は奥の院にふさわしいたたずまい【別格13番札所「仙龍寺(せんりゅうじ)」】

別格13番札所「仙龍寺」は山深くにたたずみ、境内に清滝をいだく、荘厳な雰囲気の山岳霊場です。 65番札所「三角寺」の奥の院、また四国八十八ヶ所総奥之院も称されるお大師さまとの由縁も深いお寺です。
Continue Reading
四国別格二十霊場

神仏習合の影響を色濃く残す金毘羅大権現のこんぴら奥の院【別格15番札所「箸蔵寺(はしくらじ)」】

別格15番札所「箸蔵寺」は、香川県琴平町の有名な神社「こんぴらさん」と所縁の深いお寺で、「こんぴら奥の院」として知られています。 山の山頂付近にある山岳霊場は神仏習合の影響を色濃く残しています。
Continue Reading

Copyright © 株式会社四国遍路 All Rights Reserved.

Top