スポンサーリンク

 

42番札所「仏木寺」から43番札所「明石寺」へは標高480mの「歯長峠」を越えますが、旧道は通行止めだったため「歯長トンネル」で迂回しました。
峠越えの後の休憩スポットは「道の駅どんぶり館」です。

宇和島市と西予市の市境「歯長峠」の名前の由来は「歯長又太郎」

42番札所「仏木寺」を出発し、次の43番札所「明石寺」へは、三間(みま)の盆地から一山越えて、西予市宇和町に進んでいく必要があります。
ということで、南予では恒例になった峠越えが待っています。

ここの峠の名前は「歯長峠(はながとうげ)」ですが、平安時代後期に平家の武将として活躍した「足利又太郎忠綱」にちなんで名付けられたそうです。
この武将は源氏に追われてこの地に滞在したといわれ、力は百人力、声は十里四方にも及び、その歯の長さは実に一寸余の大男だったそうで、「歯長又太郎」が別名だったことからきているようです。

「仏木寺」から1km弱で、峠道のスタートです。約500mの距離で標高100mを一気に登ります。

「仏木寺」から1km弱で、峠道のスタートです。約500mの距離で標高100mを一気に登ります。

 

「歯長峠」頂上は2014年8月の台風の影響で通行止め

最初の旧道登り坂をクリアすると、県道31号に合流し、しばらく進んだ先で再度旧道に上がる分岐があり、峠頂上に向かう前に休憩所があります。

この道標に従って階段を上った先が休憩所です。「この先土砂崩壊のため危険箇所あり」の表示に不安がつのります。

この道標に従って階段を上った先が休憩所です。「この先土砂崩壊のため危険箇所あり」の表示に不安がつのります。

階段すぐ上の休憩所から進む方向の道を見ると、まさかの表示が。

かなりごつい「通行止」の表示看板がありました。※私がここに来たのは2015年2月13日でその時点での情報です。

かなりごつい「通行止」の表示看板がありました。※私がここに来たのは2015年2月13日でその時点での情報です。

【歯長峠頂上前休憩所 地図】

2014年8月の台風の影響で土砂崩れを起こしたあと、復旧されていないようです。
高知県の須崎市から中土佐町の「焼坂峠(やけざかとうげ)」も同じ台風の影響で通行止めになっていましたので、この台風の威力はすさまじかったのだと思います。
※「焼坂峠」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

通行止めの焼坂峠を横目にドアがたくさんある小屋に宿泊【中土佐町土佐久礼手前 遍路小屋】

ちゃんと指示に従って迂回することにして、その前に休憩所でひと休みでは、愛南町の「道の駅 みしょうMIC」で調達していた「ようかんパン」で糖分補給をしました。
※「ようかんパン」に関しては、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

「あんこonあんこ」の魅惑の甘味「羊羹パン」ほかおもしろパンの数々【道の駅「みしょうMIC」】

「通行止」でほっとしたやら残念だったやら、気持ちが途切れそうになったので、こういうときは糖分補給に限ります。

「通行止」でほっとしたやら残念だったやら、気持ちが途切れそうになったので、こういうときは糖分補給に限ります。

そして、高台の休憩所から県道31号におりて、舗装路を少し進むと、「歯長峠」の下側を貫いている「歯長トンネル」があります。
このトンネルは、幅が狭く、歩道が独立していないので、車が通行しているときは細心の注意が必要です。

峠道を通れば「歯長トンネル」を通ることはありませんでした。ここまでの道のりで、もっとも危険を感じたトンネルでした。

峠道を通れば「歯長トンネル」を通ることはありませんでした。ここまでの道のりで、もっとも危険を感じたトンネルでした。

「歯長トンネル」を抜けた先に、未舗装路入口があり、県道31号を進むよりも大幅にショートカットできますので、その道を1km強一気に下ると「歯長峠」を制覇です。
通行止めがあり、なんとも中途半端な心残りな制覇になってしまいましたが、安全第一です。

 

「道の駅 どんぶり館」でひと休み

峠を下りきると、西予市宇和町(せいよしうわちょう)に入り、この地域も三間と同じく盆地地形で、山に囲まれた平地の舗装路を歩いていきます。
峠で少々ダメージを蓄積しているので、ぼちぼち休みながら進みたいと思っているところで、休憩スポットはやっぱり「道の駅」でしょ、ということで、「皆田(かいだ)」地区にある「道の駅」は以下写真のような感じ。

私が求めてる「道の駅」とは様子が違うようですが…峠越え後の貴重な休憩所です。

私が求めてる「道の駅」とは様子が違うようですが…峠越え後の貴重な休憩所です。

皆田の「道の駅」を過ぎて、1kmほど進んだ県道29号沿いに、こちらは正真正銘の「道の駅」、「道の駅 どんぶり館」があります。

こちらは、いつも私が立ち寄る「道の駅」の様子です。「どんぶり館」という名前だけに「丼」メニューが豊富なレストランをイメージし、食いしん坊の私の食欲が刺激されます。

こちらは、いつも私が立ち寄る「道の駅」の様子です。「どんぶり館」という名前だけに「丼」メニューが豊富なレストランをイメージし、食いしん坊の私の食欲が刺激されます。

「どんぶり館」という不思議な名前の由来は、「一つの器(どんぶり)の中に、それぞれの町の良い物、いい味を盛り合わせることにより、それぞれがお互いに引き立て合い、そして豊かな味わいを作り出す空間」で、私が思っていた「丼」とは直接関係はなさそうです。
西予市が、平成の大合併で旧東宇和郡の4町(明浜町・宇和町・野村町・城川町)と三瓶町の合わせて5町が合併してできた市なので、それぞれの町の融和を強く意識する事情もあるようです。
これだけの合併があったので、市の面積が大きく(愛媛県では久万高原町に次いで2番目の大きさ)、海も山もあるので、宇和海の新鮮な魚介類、宇和盆地でとれる米、大野ヶ原高原の大根や果物など四季を通じ多種多様な農作物や果物が実っていることが自慢で、ここ「道の駅 どんぶり館」にも確かに多種多様な生産物が、生産者さん直売で、新鮮な状態で並んでいました。

私が期待していた「丼」に関しては、ピンとくるものがなかったので、地元の方手作りの「チキン南蛮弁当」と「中華甘酢肉団子」を昼食にいただきました。

地元の方手づくりの弁当・お総菜・パンが豊富に揃っていたので、昼食にオススメです。

地元の方手づくりの弁当・お総菜・パンが豊富に揃っていたので、昼食にオススメです。

 

施設名:  道の駅 どんぶり館
営業時間: 8:00~18:00
定休日: 年始
住所:  愛媛県西予市宇和町稲生118番地
電話: 0894-62-5778
施設HP: http://donburikan.jp/

 

「道の駅 どんぶり館」までたどり着くと、43番札所「明石寺」までは2km弱で目と鼻の先です。
「歯長峠」の旧道が復旧され、次回は峠越えを完遂できることを願いつつ、西予市宇和町の遍路道を進んでいきます。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。