スポンサーリンク

 

今治市の「来島海峡」は潮の流れが急で船の航行では難所ですが、身の締まった魚が獲れる良好な漁場でもあります。
新鮮な「朝獲れアジ」を使った名物「海峡めし」を「道の駅 今治湯ノ浦温泉」でいただきました。

名前に「温泉」とついていながら入浴施設はない「道の駅 今治湯ノ浦温泉」

59番札所「国分寺」で、今治市の6ヵ寺を打ち終え、次の60番札所「横峯寺」がある西条市方面に進んでいきます。
県道156号から国道196号に出て、「国分寺」から4km強の距離で、遍路道中のいろいろな地域でお世話になり、私が大好きな「道の駅」を発見しました。

その名も「道の駅 今治湯ノ浦温泉」です。私、「温泉」も大好きです。

その名も「道の駅 今治湯ノ浦温泉」です。私、「温泉」も大好きです。

こんな名前の「道の駅」なので、当然のごとく立ち寄り温泉入浴を期待したのですが、施設の入口にまさかの看板が。

「当駅には入浴施設はありません」とはまあまあ衝撃。これだけでかでかと「温泉」と掲げると、入浴を期待する人が多いことのあらわれだと思います。

「当駅には入浴施設はありません」とはまあまあ衝撃。これだけでかでかと「温泉」と掲げると、入浴を期待する人が多いことのあらわれだと思います。

この地域に「温泉」が湧いていないわけではなく、「道の駅」から10分ほど歩いて海方向の高台に登っていくと、入浴施設や宿泊施設があるちゃんとした「温泉地」ですので、寄り道する余裕がある方は立ち寄ってみるのも良いと思います。
※私は高台に登る疲労も考慮してパスさせていただきました。
※ちなみに、有料で温泉を持ち帰ることができる「温泉スタンド」はあります。

「湯ノ浦温泉」は昭和51年に開発された比較的新しい温泉なのですが、ラドンやフッ素などを含む良質な温泉として知られ、療養効果が認められ四国で初めて国民保養温泉地に指定されたそうです。

「道の駅」には泉源をイメージしたモニュメントがあり、時々フェイクの湯けむりが出ていて、温泉の歴史や特徴は勉強できたのですが…これよりも足湯でも作ってくれたら…と思うのは歩き遍路のわがままですね…

「道の駅」には泉源をイメージしたモニュメントがあり、時々フェイクの湯けむりが出ていて、温泉の歴史や特徴は勉強できたのですが…これよりも足湯でも作ってくれたら…と思うのは歩き遍路のわがままですね…

 

 

急流「来島海峡」の「朝獲れアジ」の「海峡めし」

温泉入浴ができず少々がっかりしましたが、「風呂」がダメなら「めし」と気を取り直して、施設内にあるレストランに突入です。

ここで出会ったのが、いかにも美味そうなネーミングで、がっつり系な気配がある「朝獲れアジの海峡めし」です。
いきなり写真でその姿をご確認ください。

思ったよりお上品に盛られた丼ですが、生のアジが分厚く切られて盛られ、鮮やかな卵黄が食欲をそそります。

思ったよりお上品に盛られた丼ですが、生のアジが分厚く切られて盛られ、鮮やかな卵黄が食欲をそそります。

この「海峡めし」に生で使われている「アジ」は、瀬戸内海の今治市の北側の「大島」という島との間の「来島(くるしま)海峡」で朝獲れたばかりの新鮮な「平アジ(マアジ)」だそうです。
「来島海峡」には小さい島がいくつかあり、海道が狭く湾曲していて、潮の流れが急なことで知られ、「鳴門海峡」「関門海峡」と並び「日本三大急潮」に数えられています。
この荒波にもまれた「アジ」なので、身が締まってプリプリで、その弾力もあって噛みしめるごとに身の味をストレートに味わうことができました。

味付けは、粗目におろしたわさびを溶いた醤油をかけていただきます。

わさびが粗目なので、アジのプリプリとわさびのシャリっとした食感がとてもよく合います。薄口ベースの醤油はだしが入っているのか、まろやかで、アジのフレッシュな味を損ないません。

わさびが粗目なので、アジのプリプリとわさびのシャリっとした食感がとてもよく合います。薄口ベースの醤油はだしが入っているのか、まろやかで、アジのフレッシュな味を損ないません。

そして、メインイベントの「卵黄崩し」です。

アジが乗っかった豪華な「たまごかけごはん」状態になり、ここからは一気にかきこむのが正しい食べ方だと思い、しっかり実践しました。

アジが乗っかった豪華な「たまごかけごはん」状態になり、ここからは一気にかきこむのが正しい食べ方だと思い、しっかり実践しました。

こういう生魚に卵黄を合わせる食べ方は、間違いないですね。
元々は漁師さんが、獲れたばかりの魚をまかないとして船上で食べるための料理だったようで、魚をおいしくいただく間違いない食べ方です。
宇和島市の郷土料理「宇和島鯛めし」も同じような食べ方ですね。

地元感溢れるメニューが豊富で「釜めし」も人気があるようです。

地元感溢れるメニューが豊富で「釜めし」も人気があるようです。

 

「道の駅 今治湯ノ浦温泉」では、入浴できないことにがっかりしつつも、「来島海峡」の新鮮朝獲れアジを最高の食べ方でいただくことができ、大満足でした。
次の60番札所「横峰寺」まではまだまだ距離がありますし、難所のお寺としても有名ですので、しっかり栄養補給をしながら、ぼちぼち歩んでいきます。

 

施設名:  道の駅 今治湯ノ浦温泉
営業時間: 9:00~18:00
※7・8月のみ8:30~18:30
定休日: 年中無休
住所:  愛媛県今治市長沢甲252番地2
電話: 0898-47-0990
施設HP: http://st-yunoura.com/

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。