スポンサーリンク

 

自然豊かな「四万十」で育った「四国美鮮豚」は、ビタミンB・コラーゲン・たんぱく質が豊富で、甘味がありながらしつこくなくあっさりいただける良質な豚肉。
豪華なロースかつを甘味がひきたつ「塩」をつけていただきました。

宿毛市では久々の市街地ビジネスホテル泊

この日は大月町の「ホテルベルリーフ大月」を出発し、昼過ぎには宿毛市街に到着し、39番札所「延光寺」に参拝し、土佐の國「修行の道場」を打ち終えました。
足摺岬から西海岸を進む「月山神社・大月海岸ルート」を選択すると、宿毛市街に入ってから「延光寺」までは5kmほど(往復10km)の打ち戻りになってしまうので、お寺参拝も含めたっぷり半日を費やしてしまい、愛媛県入りは翌日にして、宿毛市街でゆっくり疲れを癒すことにします。
ここしばらくは足摺の大自然の中を歩いてきたので、お店が並び、車や人がそれなりに行き交う「市街地」は久々で、新鮮に感じてしまいます。
しかも、宿泊先は「ホテルベルリーフ大月」と同系列のビジネスホテル「ホテルアバン宿毛」を予約していたので、それほど大きなまちではない宿毛市街でも、けっこう都会な印象を受けてしまうのです。
※「ホテルアバン宿毛」は手軽に利用できるビジネスホテルでした。詳細情報は以下からご確認ください。

夕食は「ホテルアバン宿毛」と同敷地内にあってとても便利な「とんかつ かつ村」で、四万十産「四国美鮮豚(しこくびせんとん)」のロースかつをがっつりいただいたパワー補給をしましたので、ご紹介したいと思います。

 

自然豊かな「四万十」で育った「四国美鮮豚」は美容健康にオススメの豚

土佐の國「修行の道場」を歩き終えたご褒美と、伊予の國に入る景気付けにがっつり食べてパワーをつけたいと思い、選んだのが「とんかつ」です。
宿泊した「ホテルアバン宿毛」と同系列同敷地内で便利だったことと、宿泊客は飲食代10%OFFになることもあり、夕方ゆっくりお風呂に入ってから、食事に向かいました。

このお店「とんかつ かつ村」は、ロードサイドのファミリーレストランのような雰囲気で入りやすく、家族連れで賑わっていましたが、広々した店内にカウンター席もあるので、一人客でも落ち着いて食事ができます。

「とんかつ」なので、ここでは地元食は期待していなかったのですが、メニューを見るとちゃんとあります「四国美鮮豚」なる豚の名前。
この豚は自然が豊かな「四万十」の地域で育てられ、一般の豚肉に比べると、ビタミンB・コラーゲン・たんぱく質が豊富で、それでいてコレステロール値は低く、美容健康におすすめの豚肉とのこと。
他にもメニューは豊富で、他のメニューに比べて少々お高くはあったのですが、食で地元を体感したく、パワーもつけたい私は、迷うことなく「四国美鮮豚」の「ロースかつ御膳」を選択しました。

さっそく運ばれてきた「ロースかつ」はこんな感じ。厚みがあって、見るからにさくさくしていそうな衣が食欲をかきたてます。

さっそく運ばれてきた「ロースかつ」はこんな感じ。厚みがあって、見るからにさくさくしていそうな衣が食欲をかきたてます。

「四国美鮮豚」の味の特徴は「甘味」とのことで、それをひきたてるため「塩」をつけて食べるのがおすすめとのことだったので、まずはその通りいただくと、塩のしょっぱさはほとんど感じず、豚の甘味と旨みがじゅわっと口の中に広がりました。
「ロースかつ」なので、肉の端の方の脂身部分が特に甘くて、それでいてしつこくなくあっさりいただけて美味でした。

「四国美鮮豚」専用の「塩」は、独自のブレンドをしているそうです。

「四国美鮮豚」専用の「塩」は、独自のブレンドをしているそうです。

胡麻がすり鉢といっしょについていて、胡麻ソースでもいただけるので、いろいろな味を楽しめます。

胡麻がすり鉢といっしょについていて、胡麻ソースでもいただけるので、いろいろな味を楽しめます。

 

小鉢がたくさんついた「御膳」に、ご飯・味噌汁・サラダがおかわり自由

「ロースかつ」だけでもかなりの満足感なのですが、私が注文した「ロースかつ御膳」にはたくさんの小鉢と茶碗蒸しが付いていて、ご飯がどんどんすすんでしまいます。

栄養が偏りがちの歩き遍路には、いろいろな食材を食べられる小鉢や茶碗蒸しの脇役はうれしいものです。デザートの胡麻団子までついています。

栄養が偏りがちの歩き遍路には、いろいろな食材を食べられる小鉢や茶碗蒸しの脇役はうれしいものです。デザートの胡麻団子までついています。

そんなときにうれしいのが、セルフサービス形式で、ご飯・味噌汁・サラダがおかわり自由なこと。
腹ペコ歩き遍路の私は、遠慮なくがっつりおかわりをいただいてしまいました。

入店前は、ファミレスのような外観で正直大きな期待はしていませんでしたが、料理はかなりの満足感で、コストパフォーマンスも高く、冒頭にもご紹介したように「ホテルアバン宿毛」宿泊客は飲食代10%OFFになるので、さらに満足度が上がりました。
実は私はこの10%OFFを失念していて、特に申し出なかったのですが、明らかによそもの感が出ていたのか、お会計の際に店長さんが「宿泊客の方ですか?」と声をかけてくださり、割引をしてくださいました。
気の利いた接客はうれしいものです。

 

ということで、高知県最後の夜は、がっつり栄養補給をして、休養もしっかりとって、愛媛県入りの準備をばっちり整えることができました。

 

店名:  とんかつ かつ村
営業時間: 11:00~22:00
定休日: 不定休
住所: 高知県宿毛市宿毛1108
電話: 0880-63-1743

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。