スポンサーリンク

 

交易路として栄えた撫養街道の姿を残すのは、林崎から前浜にかけてのエリア。豪商らが建てた町屋建築や氏神様の「事代主神社」から、当時の繁栄を感じることができます。

 

撫養街道の歴史を語る建物たち

撫養(むや)港のある岡崎を離れて撫養街道を西に進むと、当時の繁栄を彷彿とさせる重装な歴史的建造物たちに出会います。

撫養町林崎にあった建物。看板に「肥料商」とあります。北前船で北海道から運ばれた魚肥(鰊粕など)も撫養の主要な交易品でした。

こうした建物の多くは改築・改造されているようですが、当時の姿を残すものもいくつかあり、海運業で栄えていた頃の街道の姿が想像されます。

ここも立派な蔵と広い敷地を持つ建物でした。白壁がきれいに維持されています。

関所跡の碑もありました。

 

撫養川を渡ってアーケード商店街へ

林崎の街並みを過ぎ、撫養川を渡ると商店街に入ります。

橋から撫養川上流を臨む。

林崎と斎田の間に流れる撫養川にかかる橋は「文明橋」と呼ばれており、昭和13年に建設されたものです(橋としては3代目)。かつてはこの橋周辺までが撫養港の範囲で、文明開化の受け入れ口として繁栄したことから文明橋と名付けられたそうです(参照:鳴門市ホームページ掲載資料『撫養街道を行く』)。

 

撫養町斎田のアーケード商店街。

商店街の裏路地には飲み屋や喫茶店などがあって、裏路地好きとしては興味をそそられるエリアです。シャッターが下りている店もありますが、お客さんがひっきりなしに訪れるパン屋などもあって、なかなか元気のある町の印象を受けました。  

商店街では肉屋さんの揚げたてコロッケや焼き鳥なども購入できるので、自転車を止めてここでお腹を満たすのもいいかもですね。

 

商人の崇敬を集めてきた事代主神社

そこからしばらく進むと道幅が狭くなり、車のすれ違いもスムースではなくなります。交通量も多めなので車に気をつけながら注意深く進んでいきました。

すると右側に、神社が見えてきました。

突然現れる事代主神社。

狭い道路に突然現れる重厚な鳥居と社殿の「事代主(ことしろぬし)神社」です。迫力を感じて思わず足を止めました。

背後にある山の緑と青銅色の鳥居、黒い入母屋造に唐破風の建物がなんともいえない重みのある雰囲気を漂わせています。
鳥居には「事代主神社」の文字。事代主といえば七福神の一人、恵比寿さんと同一視されている神様で、商売繁盛と航海安全にご利益があるとされる神様です。

撫養街道の交易の歴史に関係が深い神社に思えたので、自転車を停めてお参りしてきました。

事代主神社の扁額。字体が味わい深い。

あとで調べたところ、この事代主神社は正保年間(1644年〜47年)頃に創建された神社で、氏子は周辺の商店街エリアとのこと。江戸時代からずっと地元の商売繁盛の願いを受け入れてきた神社なのだと思います。

境内では年に一度、1月10日に「御湯神楽(ゆだてかぐら)」という神事が行われるようです。

参考:徳島県観光情報サイト阿波ナビ【鳴門市】事代主神社 十日えびす祭・御湯神楽

https://www.awanavi.jp/soshiki/2/5614.html

事代主神社拝殿天井には寄進者たちの家紋と商店名がずらり。

 

今回走った撫養街道の中で交易路としての雰囲気が一番残っているのがこの林崎〜南浜エリアでした。商店街もあるので、自転車で散策するのに楽しいエリアです。

 

*****

お遍路さん上陸の地である撫養港から一番札所まで、撫養街道を自転車でたどる「撫養街道-自転車散歩」の全行程は下記の記事にまとめてあります。ぜひご覧下さい。

撫養街道-自転車散歩まとめ

 

【撫養町林崎から事代主神社にかけて辿った経路】

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

廣瀬美音子

札幌で生まれ育ち、結婚を機に香川に移住。地方自治体勤務などを経て、2019年から株式会社四国遍路(https://shikokuhenro.co.jp/)に入社。自転車でお寺とその周辺をめぐる「ポタリング遍路」など、お遍路文化を通じた新しい四国の楽しみ方を模索しています。日本酒とワインが好き。