スポンサーリンク

 

2011年にユネスコ世界ジオパークに認定された室戸岬。
海沿いの道を走り、太平洋から昇る朝日を拝み、ジオパークを歩く。空海修行の地として有名な御厨人窟を含む室戸の魅力が凝縮されたエリアで早朝サイクリングを楽しみます。

 

早朝に室戸岬の海岸線を走る

高知県室戸市の室戸岬は若き空海が修行し開眼したとされる場所で、四国八十八ヶ所の札所としても室戸三山と呼ばれる三つのお寺が存在しています。また、ユネスコ世界ジオパークにも認定されるなど、四国八十八ヶ所の中でも観光要素の強いエリアです。

そんな室戸岬を自転車で早朝にひとっ走りして、楽しんできました。

室戸岬の西側からスタート。山に日が遮られています。

室戸岬の西側から走り始めたので、山に朝日が遮られている中をずっと走る形になります。まだ暑さの残る時期だったので、日陰の涼しさを楽しみながら海沿いの道を快適に走ります。

早朝の室戸岬道路

海沿いの道の様子。朝から散歩している人も多いです。

室戸岬の突端では幕末に坂本龍馬とともに活躍した「中岡慎太郎像」が太平洋を睨んでいます。中岡慎太郎像をすぎると東側の海岸線に入ります。

中岡慎太郎像と朝日

朝日に中岡慎太郎像のシルエットが浮かびます。

 

御厨人窟から朝日を見る

ほどなくすると空海修行の聖地である御厨人窟(みくろど)前に到着します。早朝なので納経所は開いておらず、中に入ることはできませんでした。

※御厨人窟は落石などで長らく立ち入り禁止になっていましたが、2019年4月からヘルメットを着用した上で入洞できるようになりました。ヘルメットは隣接する納経所で無料貸し出ししています。

朝日に照らされる御厨人窟。

振り返ると太平洋に登る朝日!

ピカピカの朝日です。

御厨人窟から見る太陽は特別ありがたいもののように感じますね。

 

御厨人窟前のジオパークを散策

御厨人窟の前の海岸線には散策路があって、ジオパークが体験できる場所になっています。

室戸ユネスコ世界ジオパークHP https://www.muroto-geo.jp

ジオパークには散策路が整備されていて、安全に楽しむことができます。。

 

要所要所に解説板があるのもジオパークならでは。

ちなみに、室戸は100年〜数千年単位の地震で大地が隆起し続けており、その地質的性質によってユネスコジオパークに認定されました。御厨人窟も土地が隆起することによって地上に出てきた海食洞(海水が侵食してできた洞窟)として、ジオパークの見どころの一つになっています。

御厨人窟前の解説板には、空海が修行した1200年前には現在より土地が5mほど低い位置にあり、今よりも海面が近かったと書かれています。

 

海岸線沿いの景色、御厨人窟、室戸ジオパーク、中岡慎太郎像・・・見どころの多い室戸岬は自転車で走ると丁度良い距離感でくまなく巡ることができます。今回は早朝で朝日を見ましたが、西の海岸線からは夕日を楽しむことができるので、季節や時間、好みに合わせた楽しみ方ができると思います。

 

【「御厨人窟」 地図】

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

廣瀬美音子

札幌で生まれ育ち、結婚を機に香川に移住。地方自治体勤務などを経て、2019年から株式会社四国遍路(https://shikokuhenro.co.jp/)に入社。自転車でお寺とその周辺をめぐる「ポタリング遍路」など、お遍路文化を通じた新しい四国の楽しみ方を模索しています。日本酒とワインが好き。