【80番札所国分寺】広大な寺域の痕跡が残るお寺でミニ八十八ヶ所巡礼

スポンサーリンク

国分寺は80番目のお寺。とても印象的なミニ巡礼が用意されている広々とした境内には歴史を感じさせてくれる礎石。そして少しホッとした気分がする反面、終わりが見えてきて寂しい気持ちにも。

 

80番札所国分寺でミニお遍路

ミニベロ遍路 讃岐国分寺参道

広大な敷地面積を持つ80番札所国分寺

80番札所国分寺に到着。まず最初に目に飛び込んでくるのは背の高い松の木が、参道の横に規則正しく並んでいる美しい景観。お寺の境内は他のお寺と比較してもとても広く、松の木の高さが、立体空間を広く感じさせてくれる感覚になり、立派なお寺という印象に繋がる。

ここでは四国八十八ヶ所ミニ巡礼ができるようになっている。体力的な理由等で、お遍路を実際に歩けない人達は、各お寺の小さな御本尊が八十八ヶ寺分並んでいるミニ巡礼で手を合わせ、結願することができるようになっている。

ミニベロ遍路 讃岐国分寺ミニ巡礼

ミニ巡礼

ミニベロ遍路 讃岐国分寺境内

力強く伸びた松と境内の景観

本堂に向かって歩いていくと、大きく表面が平になった巨石が境内に埋まっていることに気がつく。これらは創建当時の金堂と七重塔の土台となっていた形跡で、今もそのまま残されているという。立派な松の木と巨石の組み合わせがお寺の歴史の深さを感じさせてくれる。またここには四国最古と言われる古鐘があり、長時間滞在したくなる見所が多い。駆け抜けるような自転車遍路の合間で、国分寺に立ち止まってその雰囲気を感じるはお勧めだ。

ミニベロ遍路 讃岐国分寺礎石

国分寺の歴史を感じる礎石

 

オリジナルトートバックとTシャツ

大師堂は納経所と同じ建物内にあり、少し見つかりにくい場所にある。納経所の建物はとてもユニークで、少し派手な内装とオリジナルグッズが目を引く。特に国分寺でしかない"88 Life is HENRO"と書かれた白と黒の2カラーのトートバッグがシンプルながらスタイリッシュ。私はその後、もしくは最後のお寺にあるだろうと思い、買う機会を逃してしまったのが今でも後悔。トートバックだけではなく、同様のプリントが入った白と黒ベースのシンプルでメッセージ性がストレートなオリジナルTシャツも販売していて色々な参拝者に向けた取り組みがある。多少荷物が増えても残りはあと少しの道のり。ここでお遍路の思い出となるグッズを買い足すのは、ひとつの良い思い出になるはずだ。

 

【80番札所】 白牛山 千手院 国分寺(はくぎゅうざん せんじゅいん こくぶんじ)
宗派:真言宗御室派
本尊:十一面千手観世音菩薩
真言:おん ばさら たらま きりく
開基:行基菩薩
住所:香川県高松市国分寺町国分2065
電話:087-874-0033

この記事を書いた人

VozErika