スポンサーリンク

 

「町石道」を歩いて登ってきたあとに、高野山での糖分補給は欠かせません。
高野山内を散策中のおやつとして、下界で待つ方々へのお土産としても最適なのが、高野山名物「生麩」のまんじゅうです。

 高野山の「精進料理」にかかせない「生麩」

高野山といえばお寺で供される「精進料理」を味わうことも外せない一大イベントです。
「精進料理」の説明は必要ないとは思いますが念のためで、仏教の世界では殺生が禁じられているので、肉や魚を使わず、野菜や穀類のみを使った料理のことを言います。
高野山は空海により密教の道場として開かれましたので、高野山での食事といえば昔から当然のごとく「精進料理」となるのです。
※私は宿泊した「成福院 宿坊」で「精進料理」をいただきましたので、ぜひ以下記事もご参考ください。

心遣いがうれしい宿坊で精進料理に舌鼓を打つ【高野山「成福院(じょうふくいん)」】

高野山の「精進料理」の食材として、「高野豆腐」「ごま豆腐」「湯葉」あたりが有名ですが「生麩(なまふ)」も昔から欠かせないものとされてきました。
「豆腐」の原料が「大豆」なのに対して、「麩」の原料は「小麦」です。
小麦に含まれるグルテンが主原料になり、それを茹でると「生麩」、他の加工をすると「乾燥麩」「揚げ麩」「焼き麩」のように状態の違う「麩」ができあがります。

この記事でご紹介するのは、高野山で江戸時代後期から「生麩」を製造してきたお店の絶品「生麩まんじゅう」です。

 

おやつ・お土産に最適な「麩善」の「笹巻あんぷ」

私は「町石道」を早朝から歩いて高野山に入山したので、高野山内に到着したころには疲労と空腹がピークで、とにかく何か食べたい衝動にかられていました。
「大門」からまちなかに入ってくると「壇上伽藍」手前にコンビニがあったり、数件食堂や喫茶店があったりしますが、やはり高野山ならではのものを食べたいということで、ここはぐっと我慢。
そこからしばらく歩き、「金剛峰寺」も通り過ぎて、そろそろ限界が近づいてきた「苅萱堂」の前に、「高野山生麩 笹巻あんぷ できたてあります」の文字が目に入り、「ここしかない!」と迷うことなく入店。

「生麩」=「精進料理」とつながり、それが今すぐ手軽に食べられるとなれば、素通りはできません。

「生麩」=「精進料理」とつながり、それが今すぐ手軽に食べられるとなれば、素通りはできません。

お店の名前は「麩善(ふぜん)」で、名物の生麩まんじゅう「笹巻あんぷ」を1個単位で、しかもできたてを購入できます。
私は一人でしたが、あまりの空腹に2個購入。

笹の葉に包まれたまんじゅうは、みずみずしくて、新鮮そのもの。まんじゅうに「新鮮」」という言葉を使うことはあまりありません。

笹の葉に包まれたまんじゅうは、みずみずしくて、新鮮そのもの。まんじゅうに「新鮮」」という言葉を使うことはあまりありません。

まず見た目から「新鮮」そのもので、特筆すべきはその食感。
まんじゅうの表面がトゥルトゥルプルンプルンで、口に入れるともっちりなめらかで気持ちいい感じです。
肝心の味はというと、包んでいる笹の葉と、生麩に練りこまれたよもぎの香りが芳醇で、かすかな苦みと、きめの細かいこしあんの甘味のマッチングが美味です。

店先のベンチで、一瞬にして2個を完食。
つるっと食べられてしまうので、何個でもいけそうでしたが、せっかく「町石道」でカロリーを消費できたので、健康のために糖分補給はほどほどに追加購入をぐっと我慢。

店先であまりにおいしそうに食べていたのか、私に続いてお客さんが殺到し、店の中から「あと少しで売り切れ」なんて声も聞こえてきました。

店先であまりにおいしそうに食べていたのか、私に続いてお客さんが殺到し、店の中から「あと少しで売り切れ」なんて声も聞こえてきました。

この「笹巻あんぷ」は冷蔵で3日間保存、冷凍すれば3ヶ月保存が可能とのことですので、下界で待つ方々へのお土産としても最適だと思います。
「麩善」は、私が訪問した「苅萱堂」前が支店で、「女人堂」方面に本店の2店舗ありますので、高野山に行かれた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

店名:  麩善(ふぜん) 支店 ※苅萱堂前
営業時間: 9:00~16:30
定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)
住所: 和歌山県伊都郡高野町高野山732
電話: 0736-56-4712
店HP:  http://www.fu-zen.com/

 

店名:  麩善(ふぜん) 本店
営業時間: 9:00~17:00
定休日: 月曜日(祝日の場合は翌日)
住所: 和歌山県伊都郡高野町高野山712
電話: 0736-56-2537

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。