【ミニベロ遍路走行データその28】75番札所善通寺~78番札所郷照寺まで

75番札所善通寺から78番札所郷照寺までは全体的にフラットで、初心者でも楽に走り抜けることのできるルートだ。その走行距離も比較的短く、色々なところへ立ち寄りながら道中をのんびりと楽しみたい。

 

走行データその28 75番札所善通寺~78番札所郷照寺

区間距離:22.52km

実質所要時間:113min

平均走行スピード:11.9km/h

獲得標高:78m

 

道の駅恋人の聖地 うたづ臨海公園

道の駅恋人の聖地 うたづ臨海公園

うたづ臨海公園の芝生広場

75番札所善通寺から78番札所郷照寺までの道路は、ひたすら車道のみを走行するような必要がなく、ルートの多くの部分はそれに沿った裏道を走ることができる。山道や田舎道とは異なる丸亀市街地で目に飛び込んでくるものをのんびりと眺めながら、なるべくゆっくりと、せっかくの丸亀の町を存分に楽しみたい。

スポンサーリンク

丸亀市内の風景を楽しみながら宇多津町の郷照寺で参拝を終え、そこから自転車で約10分ほどさらに進んだあたりに「道の駅 恋人の聖地 うたづ臨海公園」という公園がある。ここに大きな芝の広場があり、子供達も嬉しそうにはしゃぐ遊び場となっている。天気が良ければこんな場所でのんびりと時間を取ってみても良いかもしれない。公園の奥の方へ進むと瀬戸内海が広がり、本州まで海を渡る瀬戸大橋も目に飛び込んでくる。海をみながらくつろげるカフェも併設されていて、その他には水族館までもがある行楽地となっている。海の風と空気を楽しみながら、海を眺め、少し散歩してみるには絶好の立ち寄りスポットだ。

 

小さなお祭りに遭遇

宇夫階神社お祭り

宇夫階神社境内で行われていたお祭り

78番札所郷照寺は、とても細い路地道を抜け、こじんまりとした古い商店街を通り抜けたのちに現れる。拝観を済ませようと向かっていると、近所の宇夫階神社でたまたま小さなお祭りが行われているのに遭遇した。地元の若い子達や家族連れが集まって、週末を楽しんでいた。境内には屋台が立ち並び、ほんわかとした雰囲気に包まれていた。家族連れ達に紛れサイクリスト達のグループなんかもいて、自転車仲間意識のようなアイコンタクトを交わした瞬間も不思議と印象に残ったり、地元の人々が楽しむ姿にこちらまで気分が良くなった。宇夫階神社の階段を登っていくと現れるパワーストーンでちょっとしたエナジーチャージを行い、境内を出た隣にある”手打ちうどんうぶしな”という名の通ったうどん屋さんでランチを取るのも良いだろう。

 

この記事を書いた人

原田・ヴォス えりか
兵庫県出身で、5歳の時に英国に移住し、2017年より京都を拠点に活動している。訪日外国人対象のツーリストガイド、大手インバウンド旅行会社の運営マネージャーなど、いろいろな観光サービスに従事し、すべての観光客が、本物の日本文化に触れ、特に美しい自然を体験してくれることを望む。