スポンサーリンク

 

37番札所「岩本寺」から始まった足摺岬への果てしない道のりを歩ききり、たどりついた断崖絶壁には白亜の灯台が立っています。
ここで年1回開催の「足摺椿まつり」に偶然遭遇し、遍路道中で最も充実した観光時間を過ごしました。

37番札所「岩本寺」からの80kmの長距離歩行を制覇

37番札所「岩本寺」から始まった約80kmの足摺岬の38番札所「金剛福寺」への長距離歩行は、ゴルフ場遍路宿「土佐ユートピアカントリークラブ」以布利「ジンベエ広場」での宿泊を経て2泊3日でようやくゴールを迎えることができました。
四国霊場札所間で最長区間のこの道のりは、太平洋の美しい景色を眺め、最後の清流「四万十川」を渡り、地元産品をたくさん食べた、四国の自然を満喫できるものになりました。
室戸岬への歩行で無理をしてあとあと疲労を蓄積してしまった経験から、ペース配分をうまく意識できたことも、苦しい道のりを楽しむことができた要因だと思います。
歩き遍路として、少しずつ成長できていることを実感できた時間でもありました。

ということで、足摺岬に到着して、まずお迎えしてくれたのが「ジョン万次郎」です。
※「ジョン万次郎」については、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

「ジョン万次郎」生誕の地「中浜」を走り抜ける路線バスの旅【足摺半島西岸ルート】

船の遭難事故がきっかけで、意図せず足摺から世界に羽ばたいていった「中浜万次郎(ジョン万次郎)」

船の遭難事故がきっかけで、意図せず足摺から世界に羽ばたいていった「中浜万次郎(ジョン万次郎)」

この銅像が立っている一角が広場になっていて、そこで偶然にも年1回のイベントに遭遇しました。

 

毎年2月に行われる「足摺椿まつり」に潜入

足摺半島にはヤブツバキが約15万本自生しているそうで(岬の先端だけでそのうち約6万本)、見頃をむかえる毎年2月に「足摺椿まつり」が開催されて、いろいろな催しがあります。
私が足摺岬を訪れた2015年2月8日(日)は、開催期間中のメインイベントが行われる日で、多くの人が広場に集まっていました。

歩き遍路をしていると、このようなラッキーな偶然もあれば、飲食店の定休日にたまたまあたってしまうアンラッキーな偶然もあったり、「一期一会」を実感しまくりです。

ということで、午前中にたどり着いた私は時間帯もばっちりだったようで、無料でふるまわれる食べ物・飲み物に夢中になってしまいました。

200杯限定の「つみれ汁」を当然のごとくゲット。体が温まります。

200杯限定の「つみれ汁」を当然のごとくゲット。体が温まります。

小・中学生が一生懸命つくってくれたのは…

小・中学生が一生懸命つくってくれたのは…

「お抹茶」です。土佐銘菓「土左日記」までついています。歩き遍路中にお抹茶をいただけるとは思ってもみませんでした。

「お抹茶」です。土佐銘菓「土左日記」までついています。歩き遍路中にお抹茶をいただけるとは思ってもみませんでした。

食べたり・飲んだりに夢中で、肝心の「ヤブツバキ」の記憶も写真もまったくありません。
はたしてちゃんと咲いていたのかも不明です。
こんな失敗もありますが、年1回の機会に遭遇できたことは良い思い出になりました。

 

四国最南端の「白亜の灯台」と「足摺岬の七不思議」

「足摺椿まつり」に遭遇できた嬉しさもあり、足摺岬では思う存分観光を満喫することにしました。
歩き遍路をしていると、どうしても先を急いでしまい、札所や遍路道と関係ない場所に滞在することが少なくなりがちで、ここまでの道のりでは観光時間はあまりなかったのですが、結願後振り返ってみても、一番充実した観光時間を過ごしたのがここ「足摺岬」でした。

「足摺岬」といえば、まずは「四国最南端」の地であること。

展望台にはしっかりと「四国最南端」のしるしがあります。

展望台にはしっかりと「四国最南端」のしるしがあります。

 

そして、切り立った断崖絶壁。

展望台から歩いてきた方向を見ると、波に浸食された地形が生き物のようです。

展望台から歩いてきた方向を見ると、波に浸食された地形が生き物のようです。

激しい波が打ち寄せる磯にわたって釣りをする猛者もいました。

激しい波が打ち寄せる磯にわたって釣りをする猛者もいました。

 

「足摺岬」のシンボルは、昭和35年(1960年)から海を見守るロケット型の白亜の灯台です。

灯台から少し離れた展望台から見ると、崖から落ちそうなぎりぎりのところに立っています。

灯台から少し離れた展望台から見ると、崖から落ちそうなぎりぎりのところに立っています。

真下から見上げると、凛として真っ白な姿がとても美しいです。

真下から見上げると、凛として真っ白な姿がとても美しいです。

灯台から展望台を見ると、こんな感じ。あの展望台もけっこう恐ろしいところにあります。

灯台から展望台を見ると、こんな感じ。あの展望台もけっこう恐ろしいところにあります。

大きな太平洋の水平線方向を見ると、断崖絶壁とはまた違った、吸い込まれるような感覚になりました。

大きな太平洋の水平線方向を見ると、断崖絶壁とはまた違った、吸い込まれるような感覚になりました。

あまりの景色の美しさに写真をたくさん撮ったのですが、ご紹介しだすときりがないので、このぐらいにしておいて、「足摺岬」の見どころで最後にご紹介しておきたいのが「足摺岬の七不思議」です。
お大師さまに関連した不思議スポットもあり、「七不思議」といいながら「七」は数が多いことの語呂合わせで、実際は21もの不思議があるといわれているそうです。
これもご紹介しだすときりがないので、写真でいくつかご紹介と、詳しい情報が掲載されていたサイトリンクにお任せしてしおうと思います。

足摺岬の七不思議(足摺国際ホテルHP): http://www.ashizuri.co.jp/sightseeing/nanahusigi.html

「金剛福寺」の本堂下までつながっているといわれる「地獄の穴」です。写真の一番下の石に穴があいているのがそうです。

「金剛福寺」の本堂下までつながっているといわれる「地獄の穴」です。写真の一番下の石に穴があいているのがそうです。

お大師さまが亀を呼んで、亀に乗って岩に渡り、祈祷したといわれる「亀呼場」です。お大師さまが、浦島太郎みたいなことをしていたとは…

お大師さまが亀を呼んで、亀に乗って岩に渡り、祈祷したといわれる「亀呼場」です。お大師さまが、浦島太郎みたいなことをしていたとは…

 

年に1回の「足摺椿まつり」との偶然の出会いで、少し遍路から離れ、「足摺岬」の大自然を満喫する時間をつくることができました。
果てしなく遠かった80kmの道のりが、いっそう充実したものに感じられ、疲れも吹き飛ぶ貴重な「足摺岬観光」になりました。
※ちなみにこの日私は以下リンク記事のリゾートホテルにお遍路さん限定プランで宿泊し、ゆっくり疲れを癒しましたので、あわせてご参考ください。

お遍路さん限定の格安プランで足摺岬の絶景リゾートホテルに泊まる【足摺テルメ】

※記念に「足摺岬灯台」の地図を掲載しておきます。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。