スポンサーリンク

 

四国八十八ヶ所第83番・一宮寺の山門前には、番外霊場・法然寺(仏生山)の情報が示されています。

—– こちらの記事に登場する主な地名・単語
標石(しるべいし)
番外霊場(ばんがいれいじょう)
法然寺(ほうねんじ)
佛生山・仏生山(ぶっしょうざん)
松平家(まつだいらけ)
菩提寺(ぼだいじ)
赦免(しゃめん)

—– 記事に登場する主な人物
法然・圓光大師(ほうねん・えんこうだいし / 1133~1212)… 浄土宗の開祖。大師号の圓光は1697年・第113代東山天皇により贈られたもので、500年忌以降50年置きに加諡(かし)され、大師の中では唯一 現在8つの大師号を持つ。
親鸞・見眞大師(しんらん・けんしんだいし / 1173~1263)… 浄土真宗の開祖。大師号の見眞は、1876年明治天皇より追贈されたもの。
松平頼重(まつだいらよりしげ / 1622~1695)… 高松松平家・初代藩主。徳川家康の孫であり、徳川光圀の兄。

 

仏生山という地域

第83番一宮寺がある高松市一宮町の近隣に仏生山(高松市仏生山町)という地区があります。かつては高松藩主・松平家の菩提寺・法然寺を中心とする門前街として発達した街であり、現在は高松市郊外のベッドタウンとして発展が進むエリア。

かつての巡礼者・お遍路さんは、一宮寺の門前にある標石の情報を見て、番外霊場でもある法然寺へ訪れたことでしょう。

 

標石に刻まれている内容

釈尊涅槃像(しゃくそんねはんぞう)
圓光大師御旧跡(えんこうだいしごきゅうせき)
見眞大師御直作像(けんしんだいしごじきさくぞう)

佛生山(ぶっしょうざん)

是より十八丁(これより18ちょう)

ここ(一宮寺)から距離18丁のところに、仏生山という場所がありますよ。
そこにはお釈迦様の涅槃像がありますが、
それは見眞大師が作った像であり、(師匠である)圓光大師ゆかりの場所です。
※ 1丁…約109m

 

讃岐國に伝わる法然の遺跡(ゆいせき)

後鳥羽上皇の怒りを買い、土佐國(実際には讃岐國)へ配流となった法然、越後國へ配流された親鸞の師弟。
両僧はそれぞれの土地で仏教の布教に務めたが、法然が讃岐國の拠点とした場所が生福寺(しょうふくじ、現まんのう町羽間)。結果的に讃岐の滞在は10ヶ月ほどで赦免され、摂津國勝尾寺(現 西國第23番札所)へ移ったが、その短い期間の中で 75歳という高齢にも関わらず、当地にいくつもの足跡を残した。

時は下り江戸時代。
常陸國(現 茨城県)からやってきた松平頼重公は、荒廃していた法然法師ゆかりの寺を “法然寺” と改名し、現在地に移転。伽藍を整備した。

法然寺の移転と造営、そこへ高松城下から続く門前街の整備は、讃岐國を挙げての一大プロジェクト(現在の県事業にあたる)。人々が定着するために製麺業を興し、事業者には原料を藩が定める特別価格で払い下げ、できあがった麺を藩が買い取って藩外へ販売することで、貴重な収入源となった。それまで國内(県内)だけで製造・消費されていたうどんが、國外(県外)へもたらされるようになった この事業は、「讃岐國にうどんあり」 を世に広めた… のかもしれません。

また法然寺に隣接した丘陵に “般若台” と呼ばれる墓所を整備し、法然寺を高松松平家の菩提寺とした。
法然寺に伝わる国内有数規模の涅槃像は、これら一連の法然寺造営整備の一つとして作られたとされる。

 

見眞大師御直作は…?

見眞大師(親鸞)…  1173~1263
松平頼重… 1622~1695

「御直作」とありますが、両者が活躍した時代が大きく離れているので、このことは辻褄が合いません。

親鸞は師である法然と時期を同じくして越後國へ流されたが、赦免された後は京に戻らず(大雪で戻れなかった説も)、北陸や東国を中心に布教を行ったとされ、西日本での活動記録はあまり見られない。また、法然と再会を果たした記録は残されていない。

讃岐國ゆかりの法然を偲んで、弟子である親鸞が作った涅槃像。
このストーリーは、法然寺を興した松平氏が創造したものか。もしくはこちらの標石を建てた人物の意向によるものか。はたまた、親鸞作の涅槃像起源になるものがあり、それを基に作られたか。

一宮寺から法然寺へは約3.3km。
実測値はこちらの標石が示す距離ほどは近くはありませんが、見事な伽藍に、目を見張る涅槃像、門前のうどん店。
遍路旅中での立ち寄りいかがでしょうか。

 

「遍路道標(仏生山へ)のおはなし」に関しては、以下の動画もぜひご覧ください。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。