スポンサーリンク

 

松山市から今治市に向かう遍路道は、瀬戸内海が目の前で、海の景色と爽やかな風を楽しむことができます。
海沿いでリゾート気分を味わえる老舗洋食店で供される名物カレーは、海に浮かぶ島のようないでたちでした。

瀬戸内海を臨む老舗洋食店

松山市街地の札所密集地域を打ち終え、53番札所「円明寺」を出発すると、県道347号を今治市を目指して北進していきます。
松山市にある53番札所「円明寺」から今治市にある54番札所「延命寺」までは距離約35kmの長距離になるので、道中の「北条エリア」や「菊間エリア」で休憩や宿泊をしながら歩く人が多いようです。
ちなみに「円明寺」と「延命寺」の名前がなんとなく似ていますが、元々は両方とも「円明寺」と同名だったそうで、間違いが多かったため、明治時代に54番が俗称であった「延命寺」に名前をあらためた歴史をもつとのこと。
ちなみに現在の寺名は「円明寺(えんみょうじ)」と「延命寺(えんめいじ)」で読み方も違うのでお間違いのなきようにお願いします。

円明寺を出発して、通っていく県道347号は瀬戸内海がすぐ目の前の海沿い道路で、ちょっと風が強かったり、波が高かったりすると、波しぶきがかかるかと思うほどの海の近さです。
たくさんの島が浮かぶ瀬戸内海の景色と、爽やかな海風を楽しむことができます。

この道沿いの松山市小川地域のこれまた道路よりも海に近い場所に老舗洋食店「CLUB HOUSE(クラブハウス)」があります。
今治市まではまだまだ距離がありますので、のんびり食事でもしながら向かいましょう。

たくさんの船やヨットが停泊しているマリーナの隣にある「CLUB HOUSE」の入口です。県道347号からお店の建物まで少し距離があり、入口がちょっとわかりづらくて怪しいかもしれませんが、気にせずお店に向かってください。

たくさんの船やヨットが停泊しているマリーナの隣にある「CLUB HOUSE」の入口です。県道347号からお店の建物まで少し距離があり、入口がちょっとわかりづらくて怪しいかもしれませんが、気にせずお店に向かってください。

僕が訪れたお昼時は、広い駐車場がほぼ満車状態で、人気なのがわかります。

僕が訪れたお昼時は、広い駐車場がほぼ満車状態で、人気なのがわかります。

駐車場を抜けて海側に進むとお店の建物がこんな感じ。レンガ造りのレトロなおしゃれ感があります。

駐車場を抜けて海側に進むとお店の建物がこんな感じ。レンガ造りのレトロなおしゃれ感があります。

 

英国調の店内で味わう名物カレー

店内に入ると、外観よりもさらに異国情緒がただよっていて、とても雰囲気があります。
お迎えしてくれた女性の店員さんはとても元気がよくてしゃきしゃきしていて、オープンになっている厨房の方を覗いてみるといかにも「洋食屋のおやじさん」という雰囲気の方が二人忙しそうにされていて、お店の人の雰囲気は「まちの食堂」って感じで、良い意味で敷居は低くて安心しました。
お遍路さんは日本のお寺や風景にどっぷり浸かっている分、時々このような洋風の建物や食べ物を間にはさんでいくと、気分的は変化が楽しめたりもすると思います。

創業20年以上という良い意味の年季があって渋さを感じる英国調の店内は、広々していて、雰囲気を楽しみながらゆったり食事を楽しめます。

創業20年以上という良い意味の年季があって渋さを感じる英国調の店内は、広々していて、雰囲気を楽しみながらゆったり食事を楽しめます。

メニューもレトロ感が逆に新らしさを感じさせます。描かれている絵がこれまた雰囲気があってかわいかったです。

メニューもレトロ感が逆に新らしさを感じさせます。描かれている絵がこれまた雰囲気があってかわいかったです。

ここで僕が注文したのはお店の名物といわれる人気メニュー「ゴールデンカレー」です。

「専門カレー」と書かれている中に「ゴールデンカレー」という名前だけではどのようなものカレーなのかわからないメニューがありました。カレーのイラストが一般的なカレーの絵のイメージとは違うのが気になりました。

「専門カレー」と書かれている中に「ゴールデンカレー」という名前だけではどのようなものカレーなのかわからないメニューがありました。カレーのイラストが一般的なカレーの絵のイメージとは違うのが気になりました。

メニューの補足事項で書かれている「カツのせができる」というのを見逃すわけにはいかず、僕は「チキンカツのせ、大盛」のコメントを付け加えて注文です。

そして提供された「ゴールデンカレー チキンカツのせ 大盛」がこんな感じ。

黄色い物体の上にチキンカツと生たまねぎのスライスが乗っかり、そのまわりにカレーがたまっているという不思議ないでたち。

黄色い物体の上にチキンカツと生たまねぎのスライスが乗っかり、そのまわりにカレーがたまっているという不思議ないでたち。

これを横から見るとこんな感じなんです。こんもりと盛られた黄色い物体が島に見えて、カレーの海に浮かんでいるように思ってしまいました。

これを横から見るとこんな感じなんです。こんもりと盛られた黄色い物体が島に見えて、カレーの海に浮かんでいるように思ってしまいました。

この「ゴールデンカレー」の見た目の特徴は、なんといってもこの黄色い物体。
これは実はご飯の上に薄焼き玉子が乗っかって、この状態になっているのです。

島をスプーンで崩すとこんな感じ。隠れていたご飯を発見です。

島をスプーンで崩すとこんな感じ。隠れていたご飯を発見です。

この薄焼き玉子、見た目を楽しませてくれるだけではけっしてなく、ご飯とカレーと一緒に口に運ぶと、独特のもっちりとした食感がおもしろく、味もカレーのスパイス感をマイルドにしてくれます。
カレールーが固形の具が入っていないソースタイプなので、より玉子が際立っているように感じました。
ルーは具がなくても、いろいろな具材がじっくりと煮込まれているであろうコクと甘味が十分に出ています。
甘味や旨味を強く感じるルーなので、「カレーは辛くなきゃいかん!」という方はメニューの補足事項に書かれていた「辛口」をお願いした方がよいと思います。

時々カリッとしたチキンカツをアクセントにしながら、生玉ねぎとセットでついてくる懐かしさを感じるコールスロードレッシングがかかったサラダで口の中をさっぱりさせて、大盛ゴールデンカレーを瞬時に完食。
どんどんスプーンが進むカレーですし、玉子の島も大きい方が見た目がよいので、大盛注文がおすすめです。

コールスロードレッシングがなんとなく懐かしく感じるサラダもセットでついています。

コールスロードレッシングがなんとなく懐かしく感じるサラダもセットでついています。

コーヒー・紅茶・マンゴージュースから飲み物もセットチョイス可能で食後にいただきました。大満足のセットでかなりお得感もあります。

コーヒー・紅茶・マンゴージュースから飲み物もセットチョイス可能で食後にいただきました。大満足のセットでかなりお得感もあります。

 

創業20年以上の老舗店「CLUB HOUSE」の「ゴールデンカレー」は、名物になるのがよくわかる逸品でした。
見た目から楽しませてくれて、味はもちろんトッピングやセット内容など計算されつくされている感じもして、地元の人にもファンが多いことにもうなづける内容です。

瀬戸内海をながめる海沿いの長距離移動の途中で、ぜひ一息ついてゆったりとお遍路を楽しんでください。

 

店名:  CLUB HOUSE(クラブハウス)
営業時間: 11:00~24:00 ※ラストオーダー23:30
定休日: 年中無休
住所: 愛媛県松山市小川18-29
電話: 089-994-0007

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

佐藤 崇裕

四国遍路情報サイト「四国遍路」を運営する株式会社四国遍路(https://shikokuhenro.co.jp/)の代表取締役。四国遍路の文化をより良い形で引き継いでいくために、四国遍路に新しい付加価値を生み出すべく日々奮闘中。