スポンサーリンク

 

81番札所白峯寺から82番札所根香寺までさらにアップクライムが続くが、その後には高台から望む瀬戸内の島々や高松市街を眺めながら五色台を一気に駆け下りる。

 

走行データその30 81番札白峯寺〜83番札所一宮寺

区間距離:26.08km

実質所要時間:132min

平均走行スピード:11.3km/h

獲得標高:299m

 

五色台から瀬戸内海の眺め

五色台からの眺め

根香寺から見える高松の風景

81番札所白峯寺での参拝を終えたのち、82番札所根香寺へと向かう。81番札所までの道のりも坂道のクライムだが、続く82番札所までの道もまた獲得標高250mを超える登りが続く。登り坂ばかりで気持ちがまた萎えてくるかもしれないが、四国遍路も終盤にさしかかっているためそこはもうやりきるしかない。気持ちを奮い立たせて頑張ろう。82番札所までの登り坂、こちらも所要時間は約1時間程度となることを計算に入れておいたほうが良いだろう。

82番札所の後は瀬戸内海に浮かぶ直島や豊島を時折目にしながら5kmほどの坂道を高松市内方面へ向けて一気に下だる。下り坂は登り坂と比べて当然気持ち良いが、だからこそ事故の悪魔が潜むのは下り坂の方が多いということを改めて思い出し、十分に注意して無事に下り終えよう。道中、だんだんと高松の街が近づいてくるのが見える。これから足を踏み入れる街を高台から望むその景色はまた絶品だ。街中での走行へ徐々に気持ちをきりかえながらゆっくりと進入しよう。

高松の街にに入ると、本津川沿いを自転車で走って南へ向かうことをオススメする。場合によってはナビは峰山公園という大きな山を抜けるトンネルを通るように指示してくるが、長いトンネルであるため無視して一度南へ下り、峰山を回避したのちに県道12号を左折して目的地の83番札所一宮寺へ向かうことをオススメする。本津川沿いを走行するようにすると市街地の中で少しでも自然を楽しむことができることもその選択のメリットのひとつだ。一宮寺の側には”天然温泉きらら”というスーパー銭湯施設があるため、夏場などを含めこの日のクライムで疲れた体を十分に癒してあげてほしい。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る