さあ、サイクリスト「馬渕慎平」の記事第1弾は84番札所「屋島寺」がある屋島周辺サイクリングをご紹介致します!
「屋島」の海岸沿いに道は、自転車にちょうどいいアップダウンがあり、サイクリストに人気のある道です。

 海を見ながら緑豊かな道を颯爽と走る

84番札所「屋島寺」は、香川県高松市の沿岸部に突き出た台形の山「屋島」の頂上付近にあります。
現在は陸続きの半島状になっていますが、昔は名前の通り独立した「島」でした。
この「屋島」の海岸沿いをぐるっと一周できる周回路があり、自転車遍路さんにはぜひこのコースを走っていただきたく、ご紹介致します。

屋島地図

屋島全体の地図をみていただくと、海岸沿いに周回路があることがわかります。
西側から時計回りに進むと瀬戸内海の景色をより楽しみながら走れるのでおススメです。
瀬戸大橋通りから「屋島第一健康ランド」に向かう道をひたすら北に走ると屋島を周回できる道に行くことができます。
最初の方に、ママチャリではきついと思われる坂が待ち受けていますので、気を付けてください。

IMGP2849屋島周辺道木洩れ日坂の途中で瀬戸内海が見えるスポットがありますので一度立ち止まって景色を楽しむのもいいですね~
坂を越えると緑豊かなエリアを走り抜ける道になっています。
早朝に走ると朝日の木洩れ日が綺麗で気持ちいいです。

屋島長崎の鼻への道しばらく走って行くと二つに分かれる道に差し掛かります。
左に進むと屋島先端の「長崎の鼻」に行くことが出来ます。
ただしこの先は砂利道で荒れた道になっていますので、ロードバイクのタイヤでは走りにくく、押して行くかMTB(マウンテンバイク)で行きましょう(笑)
詳しくは次回記事の「長崎の鼻編」を参考にしてください。

 

「屋島」の東側コースは「庵治」の絶景

二手に分かれる右を進むと屋島を周回する道で小さなアップダウンを繰り返しながら進んで行きます。
道は比較的綺麗ですが、時々穴が開いてたり割れたりしていますので気を付けて進んで行って下さい。
パンクしたり最悪落車しかねないので、景色に気を取られてよそ見しないように(笑)
しばらく進むと左手に道標が…

屋島寺石碑屋島北登山口こちらから「屋島寺」に登れる登山道があるみたいです。
見た目結構きつそうな坂でしたので、今回はパスしました(笑)

今回の取材でも何人かのサイクリストとすれ違ったり、ランニングする方が多くいました。
車も結構通りますので速度を出しすぎると結構危険だと感じました。
この道はゆっくり進んで景色を楽しみながら走ったほうがいいですね。

屋島西側庵治の景色半島の東側に入ると、次は「庵治(あじ)」地域の景色を見ることが出来ます。
結構な絶景なので是非立ち止まって見ることをおススメします。
なかなかの迫力です。
時計回りで行くと東側が下りになります。
快適に風に乗って絶景を楽しみながら走ることができますよ!
ずっと進むと県道36号にぶつかり、これで屋島周回コースは終着です。

今回の屋島周回コースは、多少のアップダウンはありますが普通の自転車でも十分走れる道ですので、早朝サイクリングで走ることをおススメします。
今回は周回コースの紹介でしたが、次回は「屋島」の先端「長崎の鼻」をご紹介します~
お楽しみに!!
※「長崎の鼻」の様子は、以下リンクの記事もぜひご覧ください。

84番札所「屋島寺」の周辺をサイクリング!!【「長崎の鼻」前編】

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

馬渕慎平

香川県高松市太田の自転車店「バイシクルショップクラウズ(http://www.clouds.bike/)」店主。 自動車整備士、造船設計の仕事を経て、福岡・京都に自転車修行に行き、地元香川で家業である自転車店を継ぐ。 京都時代に嫁さんをゲットし、二人三脚でコツコツ営業中。 お遍路を自転車を使ってより楽しむ方法を提案していきます。