スポンサーリンク

 

神山町から県道21号線前半あたりまで、緩やかな登りが続き、県道21号線前半が終わるあたりから緩やかに下り、やがてフラットな地形の鮎喰川沿いを走って、13番札所大日寺にたどり着いた。

 

走行データその5 神山町~13番札所大日寺

区間距離:15.69km

実質所要時間:60min

平均走行スピード:15.0km/h

獲得標高:131m

 

朝一番に前方と後方ライトの使用準備

神山町を出発し、徳島市内方面へハンドルを向ける。こぎ始めからは、緩やかではあるものの登り坂が長く続く。朝一のライドとしては少々息が切れる。
国道438号線を東へ進み、途中で県道21号線である神山鮎喰線に当たったところで左折。そこからは少しカーブの続く山も含めアップダウンが始まる。県道21号線をしばし進むとまた緩やかな下り坂が続いたのちに、養瀬トンネルを通過することになる。下り坂を走行している途中に突然現れるトンネルということもあり、また道幅も少々狭いために路肩に停車することをあまりオススメできない道の状況だ。養瀬トンネルの中は暗く、かつ531mというそこそこ長い距離を有するため前後のライトは朝の出発時にしっかりと準備をし、トンネルに差しかかったら忘れずに点灯しておきたい。

ミニベロ遍路では夜間走行をなるべく行わないよう計画を立てているため、ライトを常に点灯する必要はないように思いがちだが、トンネルは突然現れるため常にセットはしておきたい。
ちなみに前方ライトの明るさは、通常の市街地走行では400ルーメン(明るさを示す単位)もあれば夜間も十分といわれているため、今回はCATEYEのVOLT400というライトを準備した。USBでバッテリーチャージできて十分な明るさを発揮する優れものだ。もしも夜間走行もそこそこ行う予定だったり明るさに不安があるようであれば、800ルーメン程度のものを用意するとさらに安心感が増す。VOLTシリーズのようにUSBによる充電式のモデルも多いので使いやすいものを必ず1つは用意しておくことをオススメする。

CATEYE VOLT400製品紹介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キャットアイ HL-EL461RC VOLT400 自転車 ライト 充電式 高輝度LEDヘッドライト
価格:6499円(税込、送料無料) (2020/12/26時点)

楽天で購入

 

VOLT 400

今回使用したVOLT 400

 

カーブが続く山間部の下り坂には特に注意

県道21号線をしばし走行していき登り坂が終わった頃から始まる下りには十分に注意が必要だ。下り坂では、軽快な気持ちよさも手伝いついついスピードが出過ぎてしまう傾向があるとは思うが、事故のリスクヘッジのためにそこは意識的にスピードを抑えたい。

走行当日、天候には恵まれており全体的に路面はドライだった。しかしこんな晴れた日にも、例えばカーブを曲がっている最中に突然山側から舗装路に水が滲み出ているところに多々遭遇する。片側一車線でかつそこそこ狭い県道の山道では、もし運転に余裕のない速いスピードのまま坂を下っていると、危険を感じた瞬間にブレーキをかけたところで、うまく減速できない可能性も高い。山間部とはいえそこそこ交通量が多いルートのため、万が一転倒するようなことがあれば、特に対向車のことを考えると命の危険が伴う。雨天時はもちろんだが、晴れた日に突然現れる水に濡れた路面は危険だ。特に下り坂においてはこの点に十分に注意し、できる限りスピードを抑えてのんびりと安全に走行することをオススメする。せっかくの自転車旅、ちょっと急いでしまったばかりに後悔のしようがない事故だけは避けたい。

ミニベロ遍路 焼山寺〜大日寺

水はけの悪い道路脇には危険が潜む

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

田村啓

株式会社TABIKYO JAPAN 代表取締役。長期海外在住経験を活かした海外目線により、伝統文化の継承活動、地方創生・地域活性化を目的としたインバウンド誘致に取り組む。