スポンサーリンク

 

神仏を詣でる際は「手水舎(ちょうずしゃ・ちょうずや)と呼ばれる場所で御手を清めてから行います。

—– 記事に登場する主な地名・単語

手水舎(ちょうずしゃ・ちょうずや)
禊払い(みそぎばらい)

五十鈴川(いすずがわ)
御手洗場(みたらしば)
柄杓(ひしゃく)
塗香(ずこう)

 

手水の起源

札所寺院に到着したら、まずは「手水舎」で手と口を清めましょう。

手水は “ちょうず” と読みます。
起源は神道に由来するもので、元来、参詣者が神仏を詣でる際は、その聖地の近くを流れる川や湧水等の水場に身を浸し、禊払いを行っていた。それが近世の環境変化等により川が汚染され、清らかな水を確保することが困難になってきたため、多くの寺社に手水舎が設置されるようになった。

一部の聖地では川等自然の水場で清める元来の形が残されており、有名なところで伊勢神宮(内宮)は、境内横を流れる五十鈴川に御手洗場が設置され、参拝者はそこで手口を清める。
近年世界遺産に指定された福岡県宗像市沖にある沖ノ島(宗像大社沖ノ宮)では、上陸する前に海中に入り全身禊払いを行いますが、それも本来のお清めの形です。

現代の手水は 上水道、井戸水、山水… 使用されている清水は様々です。

 

手水の意味

手水の清水には手口を清める意味があります。

それは遍路旅等で付着した実質的な手口の汚れを払う意味があり、目に見えない日常生活のホコリを払う意味もあります。

遍路参拝の際は、数珠など聖具を扱うので、「汚れ」「穢れ」はしっかり落としてから参拝を行いましょう。

 

お清めの手順

柄杓を右手で持って

水を汲む

左手を清める

柄杓を左手に持ち替える

右手を清める

再び柄杓を右手に持ち替える

左手の平に柄杓から水を汲んで

口の中をすすぐ

柄杓を縦にして

最後に残った水で持ち手を流す

柄杓をきれいに並べて置く

 

補足

口の中をすすぐ際、柄杓に直接口をあてて水を口に含む姿がよく見られますが、衛生的にあまり良い事ではありません。柄杓・手水は他の方も使用されますので、口を清める際は必ず水を掌に移してから行うようにしましょう。

また、水が溜まっている鉢の中にお金が投入されていることがあります。この場所に関してはお金が入っていることはNGです(寺社が賽銭場として提供している場合を除く)。手口を清める場所へ賽銭を投入するのは止めましょう。

山岳地の霊場等、手水によるお清めができない場合、塗香(ずこう)と呼ばれる香料を手指に塗り込んで、清めとすることが可能です。

 

※ 参拝の手順や解釈について、一般的な見解に基づき紹介しています。他にも様々な方法や解釈があることをご留意ください。

 

手水の仕方【遍路参拝作法その3】に関しては、以下の動画もご参考ください。

※遍路参拝作法の次の手順に関しては、以下リンクの記事に続きます。

灯明・線香の作法【遍路参拝作法その4】

※すべての遍路参拝作法のまとめと動画出演者の情報は、以下リンクの記事に掲載しています。

遍路参拝作法まとめ

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。