【ミニベロ遍路走行データその10】東洋町生見〜民宿うらしま(室戸市)まで

スポンサーリンク

全体的にフラットで勾配の緩やかさと景色がよい高知県東洋町生見から25番札所津照寺までの室戸半島海岸線区間。車通りが少なく、おおむね歩道・自転車道エリアも確保されている快適な自転車走行。

 

走行データその10 生見〜民宿うらしま(元甲)

区間距離:46.8km

実質所要時間:223min

平均走行スピード:12.0km/h

獲得標高:300m

 

コース全体の印象

室戸半島区間は全体的に自転車での旅が快適。基本フラットで勾配の緩やかさが飽きさせない程度にあることと、常に海の絶景を楽しめる景観。そして車通りも町中走行に比べ格段に少なく、おおむね歩道・自転車道エリアも確保されている。トラックの怖さを感じず、海の絶景と迫りくる山のコントラストを十分に堪能しながら風を感じての旅。立ち寄り区間も中盤に程よくあり、目的地に設定しやすい"室戸岬"がある為、とにかく自転車が気持ちいいエリア。

自転車遍路 室戸半島の海岸線

自転車との相性抜群の室戸半島の海岸線

 

4区間に分けた印象・情報    (生見~25番札所津照寺)

(1) 生見〜 室戸スカイライン

左手にサーファーと海を眺めながら、舗装された道路で緩やかなアップダウンのリズムも飽きさせない程度で心地いい。特に海岸線の景色が素晴らしく、風を感じながら走行する自転車旅の醍醐味区間といえる。交通量が少なく所々歩道への逃げ道もあり、後方からの車追い越しも危険を感じない頻度。

(2) 室戸スカイライン〜24番札所最御崎寺

1.2kmの登り/約20分。途中手押しで登る必要あり。室戸スカイライン1.2kmの下りは目の前に絶景が広がるので、景色に気を取られスピードが上がりすぎないように注意。2車線道で路面も新しいアスファルト道のため登りやすい。

(3) 24番札所最御崎寺〜25番札所津照寺

半島の西側は幅の広い歩道・自転車道が多く、平坦なアスファルトの道のため快適に走行できる。後方からの車・トラックの追い越しを考えずに走行できるのが精神的にも優しい。お遍路さん以外の人とは道中ほぼ人と出会うことはない。

(4) 25番札所津照寺〜民宿うらしま(室戸市)

平坦なアスファルトの道。車通りも少なく危険も少ない。生活圏に入りお店も徐々に増えてくるエリア。多少入り組んだ裏道を走行するが、車通りも少なく地元の学生なども利用している道は、運転者も注意深く走行している。

区間全体的に、自転車遍路としての難易度は、"初心者向け"であり、自転車で楽しめるエリアとしても魅力的。

 

自転車遍路 室戸スカイライン

室戸スカイラインの登り1.2kmの最御崎寺への道のりも景色が良いため苦にならない

 

自転車ならではで楽しめるエリア・立ち寄りスポット・魅力ポイント

・鹿岡の夫婦岩  :    室戸市佐喜浜町 

・むろと廃校水族館  : 9:00~17:00 (夏季 9:00~18:00) 年中無休 *悪天候の際は休館の事あり

 *入場料 : 高校生以上600円 / 小・中学生300円 / 小学生未満 無料   *無料駐車場有30台可

・室戸世界ジオパークセンター  : 入場無料  カフェ併設

 

自転車遍路 夫婦岩

海から突き出る2本の奇岩・鹿岡の夫婦岩(みょうといわ)

この記事を書いた人

羽田明史
訪日外国人観光客向けにユニークな日本文化体験を提供する株式会社TABIKYO JAPAN(https://www.tabikyo-japan.com/)のサービスマネージャー。北海道出身で、世界50ヶ国以上を旅し、カナダ・イエローナイフのオーロラ鑑賞や、富士山の登山などプロのアウトドアガイドとして13,000人以上を案内した実績がある。