既に通過してきた香南市赤岡で見かけた「中日そば」の看板がなんとなく気になっていたのですが、33番札所「雪蹊寺」の手前の商店街でまさかの再会。
そこは「中日(ちゅうにち)」の元祖のお店でした。

香南市赤岡の「中日そば」と33番札所「雪蹊寺」手前で再開

28番札所「大日寺」の手前の香南市赤岡(こうなんしあかおか)を歩いているときに「中日そば」という看板があり、はじめて見る「そば」だなと思って気になったのですが、その時は日が落ち始めて、しかも足の痛みに苦しんでいたので、スルーしてしまいました。
そのあと、この看板のことは記憶から消えていたのですが、32番札所「禅師峰寺」から渡し船を使ってたどり着いた33番札所「雪蹊寺」の手前の長浜の商店街で「中華麺 ちゅうにち/元祖」の表示があるお店を発見し、あの時の記憶が鮮明によみがえりました。

店頭でお総菜を売っている少々怪しい雰囲気を醸し出す「竹村食堂」の赤いほろにどかんと「ちゅうにち」

店頭でお総菜を売っている少々怪しい雰囲気を醸し出す「竹村食堂」の赤いほろにどかんと「ちゅうにち」

この時点では「ちゅうにち」というのがどういうものなのか知らなかったのですが、「竹村食堂」の店頭に新聞記事がパウチされたものが掲示されていたので、それを読んでみると、うどんだしに中華麺を入れたという世にも奇妙な食べ物だそうじゃないですか。
しかも、この「竹村食堂」のご主人が赤岡で食堂を営んでいたときに考案し、それが赤岡周辺の他店にも広がっていったいわゆる「元祖」がこのお店なんだとか。
中華麺の「中」と日本のうどんの「日」で「中日」と名付けたという秀逸さ。

このB級感(C級?)と怪しげな店構えは、わたし的にはどうやってもスルーできません。
ということで、勇気を出して入店です。

記事のおじいちゃんの写真がさらに興味をひかれますが、同時に不安もつのります。

記事のおじいちゃんの写真がさらに興味をひかれますが、同時に不安もつのります。

 

「ちゅうにち」の元祖は現役バリバリ

お店に入ると、いわゆる昔ながらの食堂という雰囲気で、女性の店員さんとカウンターで食事をする年配の男性の後ろ姿が。
店内にはメニューの写真が所狭しと貼り付けられており、「ちゅうにち」以外にもいろいろな定食やセットメニューがあり、少々戸惑いましたが「ちゅうにち」の一択なので、「ちゅうにちとミニオムライス」のセットを注文。

これだけセットメニューを推されると、それに素直に従うしかありません。定食や丼もののメニューもありました。

これだけセットメニューを推されると、それに素直に従うしかありません。定食や丼もののメニューもありました。

女性の店員さんに注文を告げると、カウンターで食事をしていた年配の男性がおもむろに動き出して、厨房に入っていくではありませんか。
そうなんです、このおじいちゃんが「ちゅうにち」に生みの親である竹村さんだったのです。

竹村さんが座っていたテレビ目の前、ストーブ完備、マッサージ器付の特等席。食事の途中にすいません。

竹村さんが座っていたテレビ目の前、ストーブ完備、マッサージ器付の特等席。食事の途中にすいません。

調理中の厨房の中をのぞいてみると、オムライス調理に大きな中華鍋を振るう竹村さんの姿がありました。
この姿を見られただけで、オムライスを頼んで正解だったと思いました。

 

洗練されたレトロ感の「ちゅうにち」

もうここまでのストーリーだけでお腹いっぱいになりそうですが、肝心の「ちゅうにち」を実食です。

見るからにあっさりしていそうなスープにチャーシュー、ねぎ、とろろ昆布のトッピング。薄焼き卵に真っ赤なケチャップとさらに真っ赤な福神漬けの絵に描いたようなオムライスがセットです。

見るからにあっさりしていそうなスープにチャーシュー、ねぎ、とろろ昆布のトッピング。薄焼き卵に真っ赤なケチャップとさらに真っ赤な福神漬けの絵に描いたようなオムライスがセットです。

「ちゅうにち」は、うどんだしとの前知識でしたが、魚介系のすっきりした香りがする、とりようによっては今風のあっさりラーメンスープともいえるような味わいで、細めの縮れ麺とよく合っていて、「中華そば」として完成度が高いものだと思いました。
オムライスは、見た目も味も昔を知らない世代でも昔はこういう食べ物がハイカラだったんだと思えるようなもの。
やっぱり元祖の年季は一味違います。
ある意味計算されているのではないかと思うような洗練されたレトロ感があり、大満足でした。

卵焼きと切り干し大根の小鉢も付いている嬉しさ。入店時に出してくれたお茶に、さらに食事と一緒にお茶も。サービス精神も長年お店を続けられる秘訣なんだと思います。

卵焼きと切り干し大根の小鉢も付いている嬉しさ。入店時に出してくれたお茶に、さらに食事と一緒にお茶も。サービス精神も長年お店を続けられる秘訣なんだと思います。

 

竹村さんにお遍路結願の応援のお言葉もいただき、「ちゅうにち」の謎も解明し、お腹も心も満たして、いざ「雪蹊寺」に向かいます。

 

店名:  竹村食堂
営業時間: 10:00~17:30
定休日: 日曜
住所: 高知県高知市長浜612-4
電話: 088-841-2275

 

スポンサーリンク

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」 TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

ごんのすけ

お遍路さん初心者です。  2015年1月20日(火)に1番札所を出発し、2015年3月1日(日)に41日間で88番札所で通し歩き結願を果たすことができました。 2015年4月12・13日の2日間で、開創1200年で盛り上がる高野山にお礼参りにも行ってきました。 自身の通し歩き遍路体験を元にお役立ち情報を発信しています。