スポンサーリンク

 

徳島駅近くの繁華街にある「HOSTEL PAQ tokushima」は、多くの外国人が泊まる国際色豊かなゲストハウスで、宿泊する外国人のおよそ半数が四国遍路目的。ここから新しいお遍路さんが誕生することもあるそうです。

 

徳島市の中心部にできた新しいゲストハウス「HOSTEL PAQ tokushima」

お遍路さんが泊まる宿の歴史やオーナーの思いについてインタビューする遍路宿紹介シリーズ。今回は、徳島駅から徒歩約7分の場所にある「HOSTEL PAQ tokushima」にお邪魔しました。こちらの宿は、アメリカ留学経験を持つオーナーの持田氏が、国や年齢、様々な背景を持つゲストが気兼ねなく泊まれるようにと設計した国際色豊かな宿で、2019年5月のOpen以降、54カ国の方々が訪れています(2020年8月現在)。

そんなエピソードも含めて、今回お話しを聞いたのはサブマネージャーを務めている門澤直紀さん。元々は教員をされていたという門澤さんに、HOSTEL PAQで仕事を始めた経緯やゲストを迎える上で大切にしていることなどをお聞きしました。

HOSTEL PAQ 門澤さん

HOSTEL PAQ tokushimaサブマネージャー 門澤直紀さん(愛称:もんちゃん)

 

「自由でフラットな空間」に惹かれて中学校教員からゲストハウス・サブマネージャーへ

広島県の出身で徳島の大学に進学後、そのまま徳島で中学校教員となったという門澤さんですが、なぜゲストハウスで働くことになったのでしょうか。

「学校には夏休みがあるので、その期間によく旅行に出かけていました。旅先ではゲストハウスを使うことが多かったのですが『年齢や国籍、社会的背景に関係なくフラットに交流できる空間』を魅力的に感じ、次第に自分自身でもゲストハウスを運営したいと思うようになりました。教員の世界では社会的地位への配慮が常に求められるので、よけいにその自由さに惹かれたのだと思います。」

ゲストハウス運営という夢ができた門澤さんは、出身地である広島で物件探しを開始。徳島に妻子を残して2拠点居住をすることまで考えたそうですが、家族との時間を大切にしたい気持ちもあり、葛藤を抱えていました。

「そんな時に、HOSTEL PAQの求人を見つけました。求められているTOEICの条件も合致していたし、将来自分でゲストハウスを作るためのいいステップにもなると思って。」

そして2020年3月にHOSTEL PAQのサブマネージャーに就任。「宿泊する人にはゲストハウスの楽しさを味わってほしいし、ここで元気になってもらいたい。」と語る門澤さん。「結局、”人を元気付けたい・楽しさを感じてほしい”という気持ちは教員を目指した時の理由と同じなんですよね。形が変わっただけなんだなぁと思います。」と笑顔で話してくれました。

HOSTEL PAQ けん玉

コミュニケーションツールとして門澤さんが置いた「けん玉」。日本的な玩具であることと、コツがわかれば上達しやすいこともあって、国内外問わず人気なのだとか。

 

外国籍のゲストの約半数が「四国遍路」目的

HOSTEL PAQのゲストで、開業当時は予想していなかったのが「お遍路さん」の多さ。日本人のお遍路さんも多いそうですが、外国籍のゲストのうち、なんと約半数が四国遍路目的の人たちだとか。

「外国人のお遍路さんで一番多いのは、香港・台湾の方達で、次にドイツ、フランス、デンマークと続きます。ドイツとフランスには四国遍路を紹介する本があって、それを読んで来る人が多いようです。また、スペインのサンチアゴ巡礼で四国遍路の存在を知って来たという人もいます。自転車で回る人も多いですね。タフな人が多いので、野宿の後ここに泊まって『豪華だ!』と喜ばれたりします(笑)」

HOSTEL PAQ 本棚

ゲームや本、おもちゃが並ぶHOSTEL PAQの棚にも、外国語で書かれた四国遍路の本が並びます。

「外国人のお遍路さんで印象的だったのは、フランスのレユニオン島から来た年配の女性で、自転車で八十八ヶ所を結願した人です。すごく明るく元気な方だったのですが、お遍路をした理由を聞いたところ突然涙を流されて、『夫との関係がうまくいかず、藁をもすがる思いで四国に来た』というのです。四国遍路を”旅行”としてエンジョイする外国人もいますが、深い思いを抱えて来られる人もいて、そういうゲストにはこちらも心を動かされます。」

様々な思いや目的で四国を訪れる外国人お遍路さん。共有スペースでは、国籍を超えた情報交換も盛んに行われているとのこと。そうしたお遍路さんとの情報交換から初めて「四国遍路」の存在を知った人も少なくないそうで、「次はお遍路に来ます!」と宣言するゲストも出てくるなど、HOSTEL PAQから新しい「お遍路さん」が生まれているようでした。

HOSTEL PAQ ゲストノート

多国籍な言語で綴られるゲストノート。写真はファミリー向けの部屋に泊まった子どものお絵かき。

徳島 新町川

HOSTEL PAQがあるのは徳島の中心部。近くに流れる新町川には遊歩道が整備され、マルシェなど多くのイベントが開催されています。

 

【「HOSTEL PAQ tokushima」 基礎情報】

名 称 HOSTEL PAQ tokushima(ホステルパック 徳島)
宿の形態 ゲストハウス
住所 徳島県徳島市中通町2丁目5番

HOSTEL PAQ tokushima」の詳細情報とご予約はこちらから↓
四国宿泊予約サイト「お遍路さん家」【HOSTEL PAQ tokushima

 

 

明るくて好奇心旺盛な門澤さんが迎えてくれるゲストハウス「HOSTEL PAQ tokushima」。周辺は飲食店も充実しており、自転車のレンタルもあるので徳島観光にもぴったりです。日中に個室を利用できるテレワークプランや、ランニングの人へのシャワールーム貸し出しなど新しい取り組みをしているのも要チェックですね。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

廣瀬美音子

札幌で生まれ育ち、東京にて都市計画コンサルタントに従事。結婚を機に香川に移住し、地方自治体勤務などを経て、2019年から株式会社四国遍路(https://shikokuhenro.co.jp/)に入社。お遍路文化を通じた新しい四国の楽しみ方を模索しています。日本酒とワインが好き。