スポンサーリンク

 

自転車で巡礼するお遍路さんが乗られている自転車は、ママチャリからクロスバイクやMTB(マウンテンバイク)、ロードバイクなどたくさんの種類がありますが、今回は過酷な条件を走るお遍路に向いている自転車をご紹介致します。

自転車選びはフレームから

自転車選びでまず重要なのがフレームです。
素材にはクロモリ、アルミ、カーボン、チタンなどがあります。
それぞれ長所短所がありますが、お遍路にはクロモリが向いていると思います。

クロモリは鉄の一種でアルミやカーボンに比べて重量は重いですが、路面からの振動を吸収してくれますので長距離を走っても疲れにくい長所があります。

そして自転車に重たい荷物を載せても大丈夫なのがクロモリなんです。

ここらの長所はお遍路には欠かせない条件だと思いますので、クロモリフレームの自転車を選ぶことをおススメ致します。

 

重たい荷物のことも考えましょう

次に、お遍路では重たい荷物を載せることが多いと思いますので、キャリア(荷台)を付けられる車体かどうかがポイントです。
レーシングフレームですとキャリアを付けるためのダボ穴がないため付けにくく、アダプタで付けれる部品はありますが、耐久性があまりありませんので、ダボ穴がついているフレームを選ぶことをおススメします。

ダボ穴

これが「ダボ穴」です。

 

真のお遍路に向いた自転車

長距離、悪条件の道を走ることが多いお遍路では、ママチャリやクロスバイクでは大変です。
悪条件の道を走るとなるとロードバイクはしんどい。
残るはMTBになりますが、MTBも長距離にはあまり向いてはいません。

しかしすべての条件をクリアする自転車の種類があります。

それは、、、

シクロクロスバイク」です。

シクロクロスとは、フレームはロードバイク、タイヤがクロスバイクよりも太いブロックタイヤを履いた自転車です。
長距離に向いているドロップハンドルとフレームに、悪条件の道に強いブロックタイヤが入る、これこそお遍路に向いている自転車といえます。

そしてフレームの材料がクロモリで、ダボ穴がついているモデルがあります。

フジフェザーCX+

フジフェザーCX+

お遍路を走る上での条件がすべてそろった自転車です。

 

デイスクブレーキ2

しかもブレーキは「ディスクブレーキ」です。

ディスクブレーキは制動力が高く、重たい荷物を載せても安心して止まることが出来ます。
雨が降っても制動力が落ちないのも魅力です。

フレームもしっかりしていますので、まさに旅向けな一台です。

 

過酷な環境の中を長距離走るお遍路を安全・快適にまわるには、自転車選びはとても重要です。
今回ご紹介した条件やおススメの一台をぜひ参考にしてみてください。

※お遍路に向いている自転車のタイヤも以下リンクの記事でご紹介していますので、あわせてぜひご覧ください。

お遍路サイクリストに心強いタイヤ【SCHWALBE MARATHON(シュワルベ マラソン)】

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

馬渕慎平

香川県高松市太田の自転車店「バイシクルショップクラウズ(http://www.clouds.bike/)」店主。 自動車整備士、造船設計の仕事を経て、福岡・京都に自転車修行に行き、地元香川で家業である自転車店を継ぐ。 京都時代に嫁さんをゲットし、二人三脚でコツコツ営業中。 お遍路を自転車を使ってより楽しむ方法を提案していきます。