スポンサーリンク

 

カツオの一本釣り漁で栄え、国の重要文化的景観にも指定された「土佐久礼」の町。観光市場である「大正町市場」の近くに位置する平屋建ての宿が「ゲストハウス恵kei」です。暮らすように滞在できることが魅力の宿です。

 

土佐久礼のど真ん中で、町暮らしを楽しむ「ゲストハウス恵kei」

お遍路さんが泊まる宿の歴史やオーナーの思いについてインタビューする遍路宿紹介シリーズ。今回は高知県高岡郡中土佐町久礼(くれ)にある「ゲストハウス恵kei」さんを訪ねました。

「ゲストハウス恵kei」があるのは、カツオ漁で栄えた土佐久礼の町のどまんなかで、観光市場である「大正町市場」へは徒歩5分圏内と、久礼の観光には最適の宿です。スーパーが近いので自炊もできるほか、地元の人でにぎわう居酒屋も徒歩圏内。まるで生活者のように滞在できるのが魅力です。

お話をうかがったのは、オーナーの北川真紀さん。宿の話からご近所さん紹介まで内容が多岐に渡りました。

ゲストハウス恵 オーナーとご近所さん

ゲストハウスのオーナー北川さん(左)と、取材の中でご紹介いただいたご近所に住むアマチュア写真家の佐竹さん。

 

叔母が使っていた家を久礼初のゲストハウスに

たくさんの路地が網目のように広がる土佐久礼の町で、民家のさらに奥に建つ「ゲストハウス恵kei」。まずはじめに、ここにゲストハウスを作った経緯についてお聞きしました。

「手前の家が私の実家で、奥にあるこの宿は元々叔母の家でした。空き家になり10年ほど経っていて、人に貸すにも隣が近く、借りる人も気を使うだろうと宿のアイデアに至りました。土佐久礼には旅館はあってもゲストハウスがないので、ゲストハウスがいいかなと。」

そして、2016年4月に久礼初のゲストハウスとしてオープンした「ゲストハウス恵kei」。これまでにどのような人が泊まられたのでしょうか。

「法事など人が集まるときに、家が手狭だからと親族で貸切りされることがあります。一軒家なので『久々に一つ屋根の下で過ごす経験ができてよかった』と言われたりもします。他には、大学生が夏にグループで遊びに来たり、仕事や研修で長期滞在される人もいたりと様々です。」

ゲストハウス恵kei 外観

ゲストハウス恵keiの外観。目の前は北川さんの実家で、北川さんのお母様も宿の管理を手伝っています。

「この辺りは昔からお遍路さんが歩いていた場所なので、お遍路さんの宿泊も多く、宿泊者全体のうち半分くらいがお遍路さんです。男性だと定年後の65歳〜70代前半の人、女性だと65歳くらいまでの人が多い印象です。小さい頃に見たお遍路さんは、近寄りがたいイメージで怖かったのですが、今はみなさん身綺麗な装いで、普通の旅行客と変わらないですね。一度泊まった方は、翌年も来てくれたり、遊びに来てくれたりしますよ。」

 

海外旅行で感じた「適度な放置」の心地よさをゲストハウスに生かす

北川さん自身、年に一度は海外旅行に行く旅行好きで、コロナ禍の前はアジアによくいっていたそうです。そこで感じた海外の宿の「適度な放置」の心地よさが、ゲストハウス運営にも生かされているとのこと。

「海外の宿はアバウトで、宿泊者は基本的に放置。必要なことはその都度対応してもらうスタイルが多かったです。自分はそのほうが気楽なので、うちでも宿代をいただいた後は自由にしてもらっています。近くに住んでいるから何かあっても対応もできますし。」

確かに「ゲストハウス恵kei」では、あちこちに備品や設備説明のメモが置かれていて、ホストがいなくても困らないような工夫がされていました。周囲にスーパーや食事処が充実しているのも、宿泊者が自由に過ごしやすい要因かもしれません。

ゲストハウス恵kei 宿案内

部屋に置いておある手書きの設備案内。パンダのイラストがかわいい。

 

ユニークなご近所さんなど、宿の周りにも魅力がいっぱい

取材の中では北川さんがご近所さんに引き合わせてくださって、そこでも面白い話を聞くことができました。気さくでユニークなご近所さんたちに出会えるのも、この宿の魅力の一つだと思います。紹介してくださった北川さんのフットワークの軽さにも感謝です。

最後に、取材で出会った人や風景の一部を写真でご紹介いたします。

ゲストハウス恵kei ご近所さん

(左上)近所に住むアマチュア写真家佐竹さん(右上)大正町市場の魚屋さん(左下)元船乗りの詩人が住むユニークな家(右下)久礼八幡の鳥居から昇る朝日(佐竹さん撮影)

 

【「ゲストハウス恵kei」 基礎情報】

名 称 ゲストハウス恵kei
宿の形態 ゲストハウス
住所 高知県高岡郡中土佐町久礼6501-7

「ゲストハウス恵kei」の詳細情報とご予約はこちらから↓
四国宿泊予約サイト「お遍路さん家」【ゲストハウス恵kei

 

「近くにはスーパー(マルナカ)もあり、美味しい居酒屋もある。観光客で賑わう大正町市場も歩いて5分。久礼を楽しむには最適の場所。」との北川さんの言葉通り、「ゲストハウス恵kei」は久礼を満喫できる宿です。近所のユニークな人にも会えたりと、地元目線の久礼が体感できました。

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

廣瀬美音子

札幌で生まれ育ち、東京にて都市計画コンサルタントに従事。結婚を機に香川に移住し、地方自治体勤務などを経て、2019年から株式会社四国遍路(https://shikokuhenro.co.jp/)に入社。お遍路文化を通じた新しい四国の楽しみ方を模索しています。日本酒とワインが好き。