スポンサーリンク

 

参拝前の準備が完了したら、いよいよお経を唱えます。まずは御本尊さまが祀られている本堂に向かいます。

—– 記事に登場する主な地名・単語

読経(どっきょう)
納経(のうきょう)
読誦(どくじゅ)
本堂(ほんどう)
金堂(こんどう)
大師堂(だいしどう)

 

本堂で納経

四国八十八ヶ所霊場の札所には、その寺院の御本尊がまつられている「本堂」(「金堂」と表現する寺院もあります)と、弘法大師がまつられている「大師堂」が必ず存在します。

遍路参拝作法その4「灯明・線香の作法」遍路参拝作法その5「納札・賽銭の作法」でご紹介した参拝前の準備は、本堂と大師堂のそれぞれのお堂で行います。

まずは本堂で参拝前準備を済ませ、御本尊に向かってお経を唱えます。

 

読経の意味

お経を唱えることを “読経” と言い、 “どっきょう” と読みます。

寺院でお経を読むこと、すなわちお経を奉納する。これを納経(のうきょう) と呼びます。
本来納経とは経典を記した書(しょ) を納めることであり、現代では事前に書いた写経を納めることが、それに当たる。

しかしながら、四国遍路をはじめ各地の巡礼では、お経を読誦(どくじゅ)することで、納経したことと認められている。

 

読経の順序

数珠を三回擦って

合掌

< 1 > 開経偈(かいぎょうげ)
無上甚深微妙法(むじょうじんじんみみょうほう)
百千万劫難遭遇(ひゃくせんまんごうなんそうぐう)
我今見聞得受持(がこんけんもんとくじゅじ)
願解如来真実義(がんげにょらいしんじつぎ)

< 1 > 懺悔文(ざんげもん)
我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貪瞋癡(かいゆうむしとんじんち)
従身語意之所生(じゅうしんごいししょしょう)
一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)

< 3 > 三帰(さんき)
弟子某甲(でしむこう)
盡未来際(じんみらいさい)
帰依仏(きえぶつ)
帰依法(きえほう)
帰依僧(きえそう)

< 3 > 三竟(さんきょう)
弟子某甲 (でしむこう)
盡未来際 (じんみらいさい)
帰依仏竟 (きえぶっきょう)
帰依法竟 (きえほうきょう)
帰依僧竟 (きえそうきょう)

< 3 > 十善戒(じゅうぜんかい)
不殺生(ふせっしょう)
不偸盗(ふちゅうとう)
不邪淫(ふじゃいん)
不妄語(ふもうご)
不綺語(ふきご)
不悪口(ふあっく)
不両舌(ふりょうぜつ)
不慳貪(ふけんどん)
不瞋恚(ふしんに)
不邪見(ふじゃけん) 

< 3 > 発菩提心真言(ほつぼだいしんしんごん)
おん ぼうじ しった ぼだはだやみ

< 3 > 三摩耶戒真言(さんまやかいしんごん)
おん さんまや さとばん

< 1 > 般若心経(はんにゃしんぎょう)
仏説摩訶般若波羅蜜多心経(ぶっせつまかはんにゃはらみたしんぎょう)
観自在菩薩(かんじざいぼさ)
行深般若波羅蜜多時(ぎょうじんはんにゃはらみたじ)
照見五蘊皆空(しょうけんごおんかいくう)
度一切苦厄(どいっさいくやく)
舎利子(しゃりし )
色不異空(しきふいくう)
空不異色(くうふいしき)
色即是空(しきそくぜくう)
空即是色(くうそくぜしき) 
受想行識(じゅそうぎょうしき)
亦復如是(やくぶにょぜ)
舎利子(しゃりし)
是諸法空相(ぜしょほうくうそう)
不生不滅不垢不浄(ふしょうふめつふくふじょう)
不増不減(ふぞうふげん)
是故空中(ぜこくうちゅう)
無色無受想行識(むしきむじゅそうぎょうしき)
無眼耳鼻舌身意(むげんにびぜっしんに)
無色声香味触法(むしきしょうこうみそくほう)
無眼界乃至無意識界(むげんかいないしむいしきかい)
無無明亦無無明尽(むむみょうやくむむみょうじん)
乃至無老死(ないしむろうし)
亦無老死尽(やくむろうしじん)
無苦集滅道(むくしゅうめつどう)
無智亦無得(むちやくむとく)
以無所得故菩提薩捶(いむしょとくこぼだいさった)
依般若波羅蜜多故(えはんにゃはらみったこ)
心無罫凝(しんむけいげ)
無罫凝故(むけいげこ)
無有恐怖(むうくふ)
遠離一切顛倒夢想(おんりいっさいてんどうむそう)
究境涅槃(くぎょうねはん)
三世諸仏(さんぜしょぶつ)
依般若波羅蜜多故(えはんにゃはらみたこ)
得阿辱多羅三貌三菩提(とくあのくたらさんみゃくさんぼだい)
故知般若波羅蜜多(こちはんにゃはらみた)
是大神呪(ぜだいじんしゅ)
是大明呪(ぜだいみょうしゅ)
是無上呪(ぜむじょうしゅ)
是無等々呪(ぜむとうどうしゅ)
能除一切苦(のうじょいっさいく) 
真実不虚(しんじつふこ)
故説般若波羅蜜多呪(こせつはんにゃはらみたしゅ)
即説呪曰(そくせつしゅうわつ)
羯諦羯諦(ぎゃていぎゃてい)
波羅羯諦(はらぎゃてい)
波羅僧羯諦(はらそぎゃてい)
菩提薩婆訶(ぼじそわか)
般若心経(はんにゃしんぎょう)

< 3 > 本尊真言(ほんぞんしんごん) ※各寺の御本尊の真言を唱える
[不動明王]のうまくさんまんだ ばざらだん せんだまかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん
[釈迦如来]のうまくさんまんだ ぼだなん ばく
[文殊菩薩]おん あらはしゃのう
[普賢菩薩]おん さんまや さとばん
[地蔵菩薩]おん かかかび さんまえい そわか
[弥勒菩薩]おん まいたれいや そわか
[薬師如来]おん ころころ せんだりまとうぎ そわか
[観世音菩薩]おん あろりきゃ そわか
[勢至菩薩]おん さんざんさく そわか
[阿弥陀如来]おん あみりや ていぜい からうん
[阿閦如来]おん あきしゅびや うん
[大日如来]おん あびらうんけん ばざらたどばん
[虚空蔵菩薩]のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか
[千手観世音菩薩]おん ばさら たらま きりく
[聖観世音菩薩]おん あろりきゃ そわか
[馬頭観世音菩薩]おん あみりと どはんば うん はった そわか
[十一面観世音菩薩]おん まか きゃろにきゃ そわか
[大通智勝佛]おん まか びじゃな じゃなのう びいぶう そわか
[毘沙門天]おん べいしら まんだや そわか
[金毘羅大権現]おん くびらや そわか
[西照大権現]なむ にしてる だいごんげん

< 3 > 光明真言(こうみょうしんごん)
おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら
まに はんどま じんばら はらはりたや うん

< 3 > 大師宝号(だいしほうごう)
南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)

< 1 > 回向文(えこうもん)
願(ねが)わくは この功徳(くどく)を以(も)って 普(あまね)く一切(いっさい)に及(およ)ぼし
我等(われら)と衆生(しゅじょう)と皆共(みなとも)に 仏道(ぶつどう)を成(じょう)ぜん

祈願(お願い事)

数珠を三回擦って、

合掌

これら一連の動作を、本堂・大師堂の二箇所で行います。
※大師堂では本尊真言は唱えません。

 

補足

< > 内の数字は、それぞれのお経を読む回数です。
回数について、決まりはありません。
場合によっては 省略できるところもあります。

参考までに、自分が巡拝する際は
□ 一日で一番最初の読経
□ 一日で一番最後の読経
のみ、上記全てのお経を読み、途中訪れる寺院での参拝は

< 1 > 開経偈(かいぎょうげ)

< 1 > 懺悔文(ざんげもん)

< 3 > 三帰(さんき)

< 3 > 三竟(さんきょう)

< 3 > 十善戒(じゅうぜんかい)

< 3 > 発菩提心真言(ほつぼだいしんしんごん)

< 3 > 三摩耶戒真言(さんまやかいしんごん)

< 1 > 般若心経(はんにゃしんぎょう)

< 3 > 本尊真言(ほんぞんしんごん)

< 3 > 光明真言(こうみょうしんごん)

< 3 > 大師宝号(だいしほうごう)

< 1 > 回向文(えこうもん)

三帰から三摩耶戒真言の間を省略します。

 

願い事があってお参りに出る、という方は多いと思います。
そのタイミングですが、一通りお経の読誦を終えたところで 念じられるのが良いと思います。
お経の中にはこれまでの至らない点を懺悔する文言や、前向きな姿勢を示す一節があるからです。

 

四国遍路の参拝における数珠の使用について、百八玉・二十玉など、宗派を問わず 全ての数珠をお使い頂くことができます。

 

※ 参拝の手順や解釈について、一般的な見解に基づき紹介しています。他にも様々な方法や解釈があることをご留意ください。

 

遍路参拝作法その6「読経の作法」に関しては、以下の動画もご参考ください。

 

※遍路参拝作法の次の手順に関しては、以下リンクの記事に続きます。

遍路参拝作法その7「大師堂(室内)の作法」

※すべての遍路参拝作法のまとめと動画出演者の情報は、以下リンクの記事に掲載しています。

遍路参拝作法まとめ

 

あなたにおすすめ

 

pilgrim-shikoku-logo_set 四国遍路情報サイト「四国遍路」
TOPページに戻る


The following two tabs change content below.

野瀬 照山

八十八ヶ所案内人・先達であり、旅人をお迎えするゲストハウスそらうみを運営。 四国八十八ヶ所結願30回、うち歩き遍路12回。 四国六番安楽寺出家得度。四国八十八ヶ所霊場会公認先達。 高松市一宮町で「さぬき高松ゲストハウスそらうみ(http://www.sanuki-soraumi.jp/)」を運営。